PostgreSQLの利用

phpPgAdmin

MySQLデータベースの管理ツールとして、phpMyAdmin がプリインストールされています。
phpPgAdmin とはブラウザー上で PostgreSQLデータベースのテーブル操作、インポート・エクスポートができるWEBアプリケーションです。

  • ご利用中の PostgreSQL のバージョンにより、プリインストールされている phpPgAdmin のバージョンは異なります。

    PostgreSQL バージョン phpPgAdmin バージョン
    8.1.x 4.2.3
    8.4.x 5.1
    9.1.x

  • 共用サーバー・共用サーバー3Gで「外部接続が不可能」を選択した場合、プリインストールされておりません。コントロールパネルの 簡単インストール より phpPgAdmin をインストールしてご利用ください。

    phpPgAdmin のインストールは、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > 簡単インストール > ユーティリティ > phpPgAdmin

    インストール手順の詳細に関しては、「phpPgAdmin インストール」をご確認ください。


  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > データベース > PostgreSQL > phpPgAdmin

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「データベース」から「PostgreSQL」の「phpPgAdmin」をクリックします。
    phpPgAdmin

  2.  

    [phpMyAdmin]が表示されます。
    [phpPgAdmin]
    phpPgAdminを起動」をクリックし、phpPgAdmin にアクセスします。

    • phpPgAdminの推奨ブラウザはFireFoxとされており、Firefox以外のブラウザでご利用の場合、一部機能が動作しないことがあります(InternetExplorer8では、エクスポート機能をご利用いただけません)。

    初期状態では、「phpPgAdminよりのログイン」は「禁止」に設定されています。

    [phpPgAdmin]

    1. phpPgAdmin を利用するには、「許可」のラジオボタンにチェックを入れ、「更新」をクリックします。


    セキュリティ対策

    もし、データベースパスワード等が外部に漏えいしてしまった場合、外部から phpPgAdmin を利用して不正アクセスをされる可能性が生じます。
    セキュリティを重視する場合は、「phpPgAdminよりのログイン」を「禁止」にしておくことができます。

    1. 「phpPgAdminよりのログイン」の「禁止」のラジオボタンにチェックを入れ、「更新」をクリックします。

     

  3. phpPgAdmin が表示されます。
    phpPgAdmin
    言語は「日本語」を選択し、左メニューの「PostgreSQL(サーバー名)」をクリックします。

  4.  

  5. ログイン画面が表示されます。
    phpPgAdmin
    次の項目を入力します。

    ユーザー名 DBユーザー名を入力します。
    例)kir000000
    パスワード* DBパスワードを入力します。

    ログイン」をクリックします。

  6.  

  7. データベースの一覧が表示されます。
    phpPgAdmin
    左メニューからデータベースを選択することで、データベースごとに操作ができます。