Active! mail の利用

Active! mail の設定

Active! mail の利用を開始するには、コントロールパネルから設定をします。

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > メール > Webメール > 設定

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン
    メインアカウントのアカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「メール」から「Webメール」の「設定」をクリックします。
    Webメール > 設定
  4.  

  5. [Webメール 設定]が表示されます。
    設定
    Active! mail の各機能を利用するか、利用しないか選択します。
    各機能の内容は以下の通りです。
    • 設定」タブは、メインアカウントでログインした場合のみ表示されます。
      表示されない場合はメインアカウントでログインしなおして下さい。
    • 設定変更を行うと、すべての追加メールアカウントに対して設定内容が有効になります。

     

    ■ Active! mail の利用
    Active! mail を利用するか、利用しないか選択します。

     

    ■ 転送・自動返信機能

    新しく届いたメールを指定した条件で他のメールアカウントや携帯電話のメールに自動転送できる機能です。
    Active! mail にログインしていないときでも自動的にメールが転送されます。
    「指定のメールアドレスに転送」「携帯電話に転送」「携帯電話に着信通知」「文面を指定して返信」の4通りのアクションを指定することが可能です。

    • Active! mail の「転送・自動返信機能」と、コントロールパネルの「転送設定」「自動返信設定」は、それぞれ独立しているため、どちらかしか利用できません。メールアカウントごとの設定状況によって、Active! mail とコントロールパネルのどちらか一方の設定のみが有効となります。

    Active! mail の転送・自動返信機能が「利用する」
    Active! mail 側の
    転送・自動返信
    設定状況
    設定していない場合 コントロールパネル側の設定が有効で、コントロールパネル側で設定変更もできます。
    設定した場合 Active! mail 側の設定が有効になり、コントロールパネル側の設定は削除され変更できなくなります。

    Active! mail の転送・自動返信機能が「利用しない」
    Active! mail 側の
    転送・自動返信
    設定状況
    設定している
    (設定が残っている)場合
    Active! mail 側の設定が有効で、コントロールパネル側で設定変更はできません。
    設定していない
    (すべての設定を削除した)場合
    コントロールパネル側で設定変更ができるようになり、Active! mail 側では設定できなくなります(次回ログイン時から)。

     

    ■ 送信前強制プレビュー機能

    メール作成画面に「送信」ボタンは表示されず、代わりに「送信前プレビュー」ボタンのみ表示されます。

    送信前にプレビューを表示させ、メールの宛先、本文の内容などを送信前に再度確認させることで、誤送信を防止します。

     

    ■ 宛先確認機能

    送信前プレビュー画面で、すべての宛先にメールアドレスを確認するチェックボックスが表示され、チェックを入れないと「送信」ボタンをクリックできません。

    宛先メールアドレスを送信前に再度確認させることで、誤送信を防止します。
    • 宛先確認機能を利用するには、送信前強制プレビュー機能も「利用する」に設定する必要があります。

     

    設定が完了したら、「変更」をクリックします。

  6.  

  7. 確認画面が表示されます。
    OK」をクリックします。

  8.  

  9. 変更が完了すると、「Webメールの設定変更が完了しました。 」と表示されます。
    Webメールの設定変更が完了しました。