メーリングリスト管理

メーリングリスト設定

  1. [メーリングリスト管理]を開きます。
    メーリングリスト管:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

  2.  

  3. 左メニューから[MLの設定変更]をクリックします。
    MLの設定変更
    選択メニューから、編集するメーリングリストを選択し、選択をクリックします。

  4.  

  5. 選択したメーリングリストの設定画面が表示されます。
    MLの設定変更
    サブメニューから[基本設定]をクリックします。

  6.  

  7. [基本設定]が表示されます。


    メーリングリストの設定内容が表示されます。
    必要に応じて設定内容を変更します。

    既定のMLアドレス

    メーリングリストの投稿用メールアドレスが表示されます。

    • 「既定のMLアドレス」は、
      (ML名)@ml.kagoya.netとなります。
    独自ドメインのMLアドレス

    メーリングリストの投稿用メールアドレスを、「既定のMLアドレス」ではなく、独自ドメインのメールアドレスにする場合、
    「独自ドメインのMLアドレス」を入力します。

    投稿許可 メーリングリストに登録されていないメールアドレスからの投稿を許可するかどうかメニューから選択できます。
    投稿許可メニュー
    サブジェクトタグ 付加するタグの形式 メーリングリストで配信されるメールの件名の先頭に付加するタグ(文字列)の形式をメニューから選択できます。
    付加するタグの形式メニュー
    MLの識別子 メーリングリストで配信されるメールの件名の先頭に付加されるタグの識別子(どのメーリングリストから配信されたメールか識別するための文字列)を設定します。
    シーケンス番号の桁数 メーリングリストで配信されたメールの通し番号の桁数を設定します。
    付加するタグの形式メニュー

    例)次の内容で設定した場合、メーリングリストに「テスト1」という件名でメールを送信すると、配信されるメールの件名は下記のように表示されます。

    • 付加するタグの形式:[MLの識別子:シーケンス番号]
    • MLの識別子:サポート 情報共有
    • シーケンス番号の桁数:10桁
    MLの識別子
    特殊文字を含むメールアドレスを認識

    一部の携帯電話キャリアなどで認められている特殊なメールアドレス(@より前の部分で、「.(ドット)」を先頭と末尾で利用したり、「.(ドット)」が連続するメールアドレス)をメーリングリストに登録する場合は、チェックを入れます。

        特殊なメールアドレスの例 : abc..info@******.ne.jp
    • チェックを入れない場合は、特殊なメールアドレスを登録しても、そのメールアドレスからメーリングリストへの投稿ができません。
    差出人をMLアドレスに置き換える

    一部の携帯電話では、返信しようとすると、「Reply-to :(メーリングリストのアドレス)」ではなく、「From :(差出人メールアドレス)」に返信をするものがあります。
    それらの携帯電話でもメーリングリストのアドレスに返信できるよう、「From :(差出人メールアドレス)」を「From :(メーリングリストのアドレス)」に強制的に置き換える場合は、チェックを入れます。

    • 差出人のメールアドレスがメーリングリストのアドレスに、差出人の表示名が差出人メールアドレスに置き換えられます。
    MLからの通知メール設定 ML管理者アドレス メーリングリストから管理者宛に送信される通知メールの受け取りアドレスを設定してください。
    設定したメールアドレスには、投稿を許可していないメールアドレスからメーリングリストへ投稿があった場合などに、メーリングリストから通知メールが届きます。
    通知メールに付与するML識別子 メーリングリストからの通知メールの件名の末尾に付加される識別子(どのメーリングリストからの通知メールか識別するための文字列)を設定します。
    メールヘッダーの強制書き換え 差出人(From) 初期状態では、メーリングリストに投稿したメール送信者のメールアドレスが、差出人(From)として設定されます。
    差出人(From)を「表示名<アドレス>」の形式で書き換えることができます。
    • 表示名は省略できます。
    宛先(To) 初期状態では、メーリングリストのアドレスが、宛先(To)として設定されます。
    宛先(To)を「表示名<アドレス>」の形式で書き換えることができます。
    • 表示名は省略できます。
    返信先(Reply-To) 初期状態では、メーリングリストのアドレスが、返信先(Reply-To)として設定されます。
    登録メールアドレス以外からの投稿を許可している場合、登録メールアドレス以外の差出人からのメールに返信しても、メーリングリストにしか返信されません。
    返信先(Reply-To)を書き換えることで、返信先(Reply-To)に、登録メールアドレス以外の差出人を含めることができます。
    また、返信先(Reply-To)に特定のメールアドレスを追加したり、返信先(Reply-To)からメーリングリストのアドレスをはずすこともできます。

    設定が完了したら、変更をクリックします。

  8.  

  9. 確認画面が表示されます。
    変更して良いですか?
    OK」をクリックします。

  10.  

  11. 設定が完了すると、「基本設定を変更しました」と表示されます。
    基本設定を変更しました

 

独自ドメインのMLアドレスの追加

独自メールドメインのメールアドレスを作成します。

 

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > メール > ドメイン設定 > メールアドレス追加

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの[メール]から[ドメイン設定]の[メールアドレス追加]をクリックします。
    メールアドレス追加
  2.  

  3. [メールアドレス設定ウィザード]が表示されます。
    編集するメールアドレスの選択
    次の項目を入力し「独自ドメインのMLアドレス」を指定します。

    @より前 任意の文字列
    @より後 「独自ドメインのMLアドレス」に利用する独自ドメインを選択します。

    次へ進む」をクリックします。

    • メニューに利用する独自ドメインが表示されない場合は、事前に独自ドメインの追加が必要です。
      独自ドメイン追加」にお進みください。

  4.  

  5. [配信先選択]が表示されます。
    「その他のメールアドレスへ転送」を選択
    メニューから「その他のメールアドレスへ転送」を選択します。

    配信先選択 「その他のメールアドレスへ転送」を選択します。

    次へ進む」をクリックします。

  6.  

  7. [配信先指定]が表示されます。
    転送先のメールアドレスを指定します。
    次の項目を入力します。

    配信先 「既定のMLアドレス」を入力します。

    次へ進む」をクリックします。

  8.  

  9. [確認]が表示されます。
    設定する内容が表示されます。
    間違いがなければ「次へ進む」をクリックします。

  10.  

  11. [設定結果確認]が表示されます。
    設定結果が表示されます。
    ⇒ メーリングリスト設定 に戻る。