macOS メール 10.x の振分設定

macOS Sierra (v10.12) 付属のメールソフト メール 10.x の自動振分の設定方法をご案内いたします。
その他のメールソフトの自動振分の設定につきましては、迷惑メール対策オプション をご確認ください。

macOS メール 10.x の振分設定

件名に [spam] という文字列が含まれるメールが届くと、自動的に「迷惑メール」フォルダに振り分けられるように、設定します。

  1. メール を起動します。
    環境設定を選択
    メニューバーから[メール] → [環境設定] を選択します。
  2.  

  3. [環境設定] が表示されるので [迷惑メール] を選択します。
    迷惑メールフィルタを有効にする
    迷惑メールフィルタを有効にする」にチェックを入れ、「"迷惑メール"メールボックスに移動」のラジオボタンにチェックを入れます。
  4.  

  5. ルール」を選択します。
    ルールを追加
    ルールを追加」をクリックします。
  6.  

  7. ルールの追加ウィンドウが表示されます。
    ルールの追加
    次の項目を設定します。

    説明

    設定する振分ルールの名前を入力します。

    例)迷惑メール
    以下の条件に一致した場合 いずれかの」を選択します。
    条件 件名」を選択します。
    「件名に [spam] という文字列が含まれる場合」を条件として設定するため、[spam] と入力します。
    を含む」を選択します。
    以下の操作を実行 メッセージを移動」を選択します。
    移動先: 「[迷惑メール] 」を選択します。

    OK」をクリックします。
  8.  

  9. [環境設定] の [ルール] に戻ります。
    設定したルールの確認
    設定したルールが表示されていることを確認し、ウィンドウ左上の赤い閉じるボタンをクリックします。

以上で設定完了です。