Web共有フォルダー(WebDAV)の利用

利用開始/停止

Web共有フォルダーの設定をONにします。

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > Webサイト > Web共有フォルダー > メイン設定

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「Webサイト」から「Web共有フォルダー」の「メイン設定」をクリックします。
    メイン設定

  4.  

  5. [メイン設定]が表示されます。
    メイン設定
    設定されていない場合は、「Web共有フォルダーの利用は OFF に設定されています。」と表示されます。 設定を変更するには、以下の項目を入力します。

    Web共有フォルダーの利用

    ON か OFF のいずれかを選択します。

    • 設定されていない場合は、「OFF」と表示されます。
      • Web共有フォルダーの利用を開始にするには、
        ラジオボタンON」を選択します。
    • 設定されている場合は、「ON」と表示されます。
      • Web共有フォルダーの利用を停止にするには、
        ラジオボタンOFF」を選択します。
    アクセスを許可するドメイン

    Web共有フォルダーへのアクセスを許可するドメインを選択します。

    • 現在設定しているKAGOYA セレクトドメインまたは独自ドメインから選択できます。
    • 複数のドメインを選択できます。
    • アクセスを許可するドメインが異なっていてもアクセスされるサーバー上のディレクトリは同じです。
    • SSL証明書を設置しているドメインを選択した場合は、SSL接続を利用できます。
      • SSL接続を利用する場合のみ、Windows 7 から接続できます。

    設定」をクリックします。
  6.  

  7. 設定の変更が完了すると、「Web共有フォルダーのメイン設定の変更が完了しました。」と表示されます。
    Web共有フォルダーのメイン設定の変更が完了しました。

    • Web共有フォルダーの利用を「ON」にすると、お客様のWebサーバー領域に『/home/アカウント名/web_folder』というディレクトリが自動的に作成されます。
    • Web共有フォルダーの利用を「OFF」にしても、コンテンツやアクセス権の設定情報は削除されません。『/home/アカウント名/web_folder』以下のファイルやディレクトリは、Web共有フォルダー接続で削除してください。

Web共有フォルダーの設定を「ON」にしただけでは、誰もアクセスすることができません。
アクセスを許可するユーザーを登録する必要があります。