Outlook 2013 の設定(POP3)

目次

  1. 新規設定
  2. 設定確認

設定確認

  1. Outlook 2013 を起動します。
    [ファイル]をクリックします
    メニューバーから[ファイル]をクリックします。
  2.  

  3. ファイルメニュー が表示されます。
    「変更」をクリック
    [情報] を選択し、「アカウント設定」をクリックして「アカウント設定(A)...」をクリックします。
  4.  

  5. [電子メールアカウント]が表示されます。
    インターネット電子メール設定
    電子メール」タブで確認するメールアカウントを選択し、「変更」をクリックします。
  6.  

  7. [POPとIMAPのアカウント設定]が表示されます。
    インターネット電子メール設定
    次の項目を確認します。

    名前 送信するメールの差出人として表示する名前
    電子メールアドレス

    ご利用されるメールアドレス

    例)abc@kagoya.net (セレクトドメインの場合)
         info@example.com (独自ドメインの場合)
    アカウントの種類 POP3
    受信メールサーバー (POP3)

    お客様のPOP3サーバー名
    ⇒ メールサーバー情報を確認する

    例)m**.kagoya.net など
    送信メールサーバー (SMTP)

    お客様のSMTPサーバー名
    ⇒ メールサーバー情報を確認する

    例)smtp.kagoya.net など
    アカウント名

    メールアカウント名
    ⇒ メールアカウント名を確認する

    例)abc (ご契約のアカウント名が abc の場合)
         kir000000 (ご契約時に当社が発行したアカウント名の場合「kir[6桁の数字]」)
         kir000000.info (追加メールアカウントの場合「アカウント名.任意の文字列」)
         info@example.com など (メールアカウント別名を設定した場合)
    パスワード メールアカウントのパスワード
    パスワードを保存する 任意
    メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください チェックは入れません

    確認が完了したら「詳細設定」をクリックします。
  8.  

  9. [インターネット電子メール設定] が開いたら、「送信サーバー」タブを開きます。
    送信サーバー(SMTP)は認証が必要
    次の項目を確認します。

    送信サーバー(SMTP)は認証が必要 チェックを入れます
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する チェックを入れます
  10.  

  11. 詳細設定」タブを開きます。
    送信サーバー:587
    次の項目を確認します。

    受信サーバ(POP3) 110
    このサーバは暗号化された接続(SSL)が必要 チェックは入れません
    送信サーバ(SMTP) 587
    • デフォルトでは25になっているので変更が必要です。
    使用する暗号化接続の種類 「なし」を選択します
    サーバーのタイムアウト 任意
    • 通信速度が遅い環境や、大きなメールを受信する際にエラーとなる場合には、長めに設定します。
    サーバーにメッセージのコピーを置く 任意
    • 同じメールアドレスを複数台の端末で受信いただく場合はコピーを置く必要があります。
    • コピーを置く設定にする場合は、サーバー容量が不足しないように一定期間経過したものは[サーバーから削除]するよう設定することをお勧めいたします。

    確認が完了したら「OK」をクリックします。
  12.  

  13. [POP と IMAP のアカウント設定]に戻ります。
    次へ
    次へ」をクリックします。
  14.  

  15. アカウント設定のテストが実行されます。
    テスト アカウント設定
    テストが完了したら、「閉じる」をクリックします。
    • エラーとなる場合は、設定を見直してください。
  16.  

  17. 以上で完了です。
    セットアップの完了
    完了」をクリックします。
  18.  

 

Outlook 2013 - 関連するマニュアル

■ POP3S / SMTPS を利用する
メールサーバーへの接続に POP3 over SSL / SMTP over SSL を利用できます。
メールソフトとメールサーバー間の通信内容(パスワードやメール内容)が暗号化され、より安全に送受信できます。

■ 迷惑メールを振り分ける
迷惑メール対策をご利用いただくと、迷惑メールの疑いのあるメールを自動的に検知し、件名に[spam]と追加して、お客様にお届けします。 お客様は件名にある[spam]の文字列を利用して、メールソフトの自動振分設定をすることで、迷惑メールを受信箱ではなく迷惑メールフォルダへ振り分けることができます。

目次

  1. 新規設定
  2. 設定確認