メールサーバー

SMTP接続許可設定

KAGOYA Internet Routing のメールサーバーでメールを送信するには、Auth-smtp(SMTP認証)設定が必要です。
専用メールサーバーをご利用中の場合は、メール送信を許可する送信元IPアドレスをあらかじめ登録しておくことで、そのIPアドレスからはAuth-smtp(SMTP認証)なしで送信できるよう設定できます。
⇒ Auth-smtp(SMTP認証)設定について

 

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > メール > メールサーバー > 設定 > SMTP接続許可設定

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「メール」から「メールサーバー」の「設定」の「SMTP接続許可設定」をクリックします。
    SMTP接続許可設定
  2.  

  3. [SMTP接続許可設定]が表示されます。
    SMTP接続許可設定
    メール送信を許可する送信元IPアドレスを入力し、「追加」をクリックします。

    • 例示した 123.456.789.123 は、実在しないIPアドレスです。IPアドレスは、「.(ドット)」で区切られた 0 ~ 255 の数字4組で表記されます。