サービスプラン変更ガイド

データ移行なしでプラン変更

以下の注意事項を確認のうえ、お申込みください。

注意事項-データ移行なしでプラン変更をする場合-

データ移行なしでプラン変更」を申し込みすると即時に、現在ご利用中のウェブサーバーとデータベースサーバーから、変更するプランの空のウェブサーバーに変更になります。
プラン変更時に、プラン変更前のサーバーに保存されていたお客様のホームページの内容及びデータベースは、すべて削除されますので、事前にお客様にてバックアップを行い、プラン変更完了後に新サーバーにアップロードしなおす必要があります。

 

サービスプラン変更手順

  1. [プラン変更方法の選択]画面で「データ移行なしでプラン変更」にチェックを入れます。

    「データ移行なしでプラン変更」にチェックを入れます

     

  2. プラン変更の内容と、注意事項を確認します。

    プラン変更の内容と、注意事項を確認します

    次の項目を確認します。

    現在のプラン 現在ご利用のプラン名が表示されます。
    現在のバージョン 現在ご利用のPHPバージョンとMySQLバージョンが表示されます。
    変更するプラン 変更するプラン名が表示されます。
    変更後のバージョン 変更後のPHPバージョンとMySQLバージョンが表示されます。

     

    注意事項

    初期費用 初期費用が必要な場合に表示されます。
    • 共用サーバーS22, S32・共用サーバーS21, S31・共用サーバーS20, S30・共用サーバー3G STANDARD, PROFESSIONAL 以外のサービスプランから 共用サーバーS22 または S32 へのサービスプラン変更の場合は、初期費用 3,300円 が必要です。初期費用は、変更当月の課金となります。
    一括支払い料金差額 一括支払い期間の途中でプランアップする場合は、変更するプランと現在のプランの一括支払料金の差額が表示されます。
    • 「1ヶ月あたりの基本料金の差額」×「プラン変更した翌月からの残り月数」がプラン変更した当月分のご利用料金に課金となります。
    無料メールボックス容量 サービスプラン変更により、メールボックスの利用料金に変更があるかどうか表示されます。
    • 割当済メールボックス容量の総合計が、各サービスプランごとに設定している「標準メール容量(追加料金なしでご利用いただけるメールボックス容量)」を超過すると、追加料金が必要となります。
    DB容量追加オプション 共用サーバーへサービスプラン変更する場合、DB容量の利用料金に変更があるかどうか表示されます。
    • MySQL の最大容量が、各サービスプランごとに設定している「標準容量(追加料金なしでご利用いただけるDB容量)」を超過すると、追加料金が必要となります。
    プラン変更に関する注意事項 表示される注意事項をご確認ください。
    確認 注意事項を確認のうえ、同意する場合は、チェックを入れます。
    • 「サービスプラン変更」ボタンを押すと、自動的にサーバーが切り替わり、ホームページとデータベースの内容が 全て削除されます。ボタンを押す前に必ずバックアップをお取りください。

    サービスプラン変更にともなう変更自体にかかる時間は一瞬ですが、IPアドレスが変更となるため、DNS情報が反映するまでに最短で1時間から数時間ほどお客様サーバーへのアクセスやFTP接続ができない時間帯が発生します。

     

  3. [サービスプランが変更されました]と表示されます。

    [サービスプランが変更されました]と表示されます"

    プラン変更が完了すると、新サーバーは空の状態なので、事前にバックアップしたウェブサーバーとデータベースのデータを移行します。

    バックアップサービスの利用

    バックアップサービスでバックアップをした場合は、コントロールパネルからの操作で、簡単にリストア(復旧)ができます。
    リストア方法は、オンラインマニュアルをご参考ください。

    • データベースをリストアする場合は、同じ名前のデータベースが存在する必要があります。事前にサービスプラン変更前と同じデータベース名、同じデータベースパスワードで、データベースを再作成してください。

    FTPソフトでの接続

    ウェブサーバーが変更となりますが、FTP接続するホストアドレス「例)アカウント名.kir.jp など」に変更はありません。

    しかしながら、ウェブサーバー(IPアドレス)の変更にともない、DNS情報の反映まで最短で1時間から数時間ほどは既存のホストアドレスでサーバーにアクセスすることができません。この間は「サーバー名」をホストアドレスとして指定することで、DNS情報の反映を待たずにFTPでの接続が可能です。 「サーバー名」は「サービスプラン変更」完了後に当社コントロールパネルの以下の画面で確認できます。

    ◇コントロールパネル > Webサイト > サーバー情報

    「サーバー名」が「s422-0.kagoya.net」の場合、
    FTPソフトの設定に必要な情報は下記の通りです。

    FTPホストアドレス サーバー名(例:s422-0.kagoya.net)
    アカウント名 アカウント名
    パスワード アカウントのパスワード
    初期フォルダ /public_html など任意のディレクトリ
    通常は空欄とします
    • DNS情報が反映しましたら、FTPソフトのホストアドレスの設定を「サーバー名」から既存のホストアドレスにお戻しください。

     

    マネージド専用サーバーの在庫が不足している場合、「ただいまサーバーの準備中です。」と表示されます。

    ただいまサーバーの準備中です。

     

    サーバーの準備が完了すると、サポートセンターより下記のメールがお客様のメールアドレスに届きます。

    件名:【KAGOYA】お申込み内容のご確認
    送信者:support@kagoya.com
    宛先:アカウント名@kagoya.net
    本文:*** 様
       カゴヤ・ジャパン サポートセンターです。
       この度はプラン変更のお申込みいただき誠にありがとうございます。
       
       お申込みいただいたプランのサーバーを用意いたしました。
       コントロールパネルより、サービスプラン変更を続行してください。

     

    メールを確認後、コントロールパネルにて「サービスプラン変更」をクリックしてプラン変更を実施してください。

    移行期間画面へアクセス可能な期間は1週間です。表示されている日時までに「移行期間の開始」をクリックしてください。

    サーバー切替をしていただくことが可能です。

     

  4. すべてのデータの移行が完了したら、DNS情報の反映を待って、ホームページの表示をご確認ください。