Windows 10 からの WebDAV 接続

このマニュアルでは、Web共有フォルダー『/home/kir000000/web_folder』にアクセス可能ユーザー『user001』で接続する方法を例に説明します。

Windows 10 からの WebDAV 接続

Windows 10 でWeb共有フォルダー(WebDAV)に接続するには、SSL接続(SSL証明書が必要です)を利用する必要があります。
  • アクセスを許可するドメインにSSL証明書を設置してください。
  • 次のサービスプランをご利用中のお客様は、無料で Let's Encrypt のSSL証明書を利用できます。
    ⇒ 無料SSL(Let's Encrypt)の利用

    • マネージド専用サーバー 3シリーズ(043, 043s, 083, 083s, 123, 123s, 163, 163s)
    • マネージド専用サーバー 2シリーズ(012, 022, 042, 042s, 062, 062s, 122, 122s)
    • マネージド専用サーバー 1シリーズ(011, 021, 041, 041s, 061, 061s, 121, 121s)
    • 専用サーバー3G 2シリーズ(102, 202, 302, 402, 602, 602-SSD, 702, 702-SSD)

  1. デスクトップを表示します。
    デスクトップを表示
    タスク バーに表示されている「エクスプローラー」をクリックします。
  2.  

  3. [PC] をクリックします。
    リボンを展開する
    リボンを展開をクリックし、[リボン]を展開します。
  4.  

  5. [リボン] が表示されます。
    ネットワークの場所の追加
    ネットワークの場所の追加」をクリックします。
  6.  

  7. [ネットワークの場所の追加ウィザード] が表示されます。
    ネットワークの場所の追加ウィザードを開始する
    次へ」をクリックします。
  8.  

  9. ネットワークの場所を作成する場所を指定します。
    ネットワークの場所を作成する場所を指定する
    カスタムのネットワークの場所を選択」を選択し、「次へ」をクリックします。
  10.  

  11. ネットワークのアドレスを指定します。
    ネットワークのアドレスを指定する
    次の項目を入力します。

    インターネットまたはネットワークのアドレス Web共有フォルダーのネットワークアドレス
    https://アクセスを許可するドメイン/web_folder
    • Windows 10 でWeb共有フォルダー(WebDAV)に接続するには、SSL接続(SSL証明書が必要です)を利用する必要があります。
    • アクセスを許可するドメインのSSL証明書を設置していない場合、Web共有フォルダーに接続できません。
    • このマニュアルでは、『https://www.example.com/web_folder』に接続します。

    入力が完了したら「次へ」をクリックします。

  12.  

  13. 認証ダイアログが表示されます。
    ユーザー名とパスワードを入力
    次の項目を入力します。

    ユーザー名 アクセス可能ユーザーとして登録されているユーザー名
    パスワード ユーザーのパスワード
    資格情報を記憶する チェックを入れます

    入力が完了したら「OK」をクリックします。
  14.  

  15. ネットワークの場所の名前を指定します。
    ネットワークの場所の名前を指定する
    次の項目を入力します。

    名前 任意の名前

    入力が完了したら「次へ」をクリックします。
  16.  

  17. ネットワークの場所が作成されると、ネットワークの場所の追加ウィザードは完了です。
    ネットワークの場所の追加ウィザードの完了
    完了」をクリックします。
  18.  

  19. 接続が完了すると、Web共有フォルダー が表示されます。
    Web共有フォルダー
    通常の Explorer の操作と同じように、ドラッグ&ドロップでファイル転送ができます。

 

次回からは、[PC]から簡単に接続できます。
Web共有フォルダー

Windows OS では、OS 側の WebDAV の実装が不十分なため、操作が不安定になる場合があります。その場合は、WebDAVクライアントソフトの利用をおすすめしています。
代表的なWebDAVクライアントソフトは次の通りです。