phpPgAdmin の利用

インポート

データベースのリストアをするには、phpPgAdmin を利用します。
phpPgAdmin では、データベースごと、テーブルごとにインポートが可能ですが、このマニュアルでは、エクスポートの手順でエクスポートしたSQLファイルでインポートする方法をご案内します。

 

  1. インポート先データベースの準備

    ■ 「データのみ」をエクスポートしたSQLファイルをインポートする場合

    インポート先データベースには事前にテーブル構造が存在している必要があります。また、既にテーブルにデータがある場合は、事前にすべてのテーブルの内容を空にしてください。

     

    ■ 「構造とデータ」をエクスポートしたSQLファイルをインポートする場合

    インポート先データベースは空である必要があります。既にテーブルがある場合は、事前にすべてのテーブルを削除してください。


  2.  

  3. phpPgAdmin にログインすると、画面左側にデータベースの一覧が表示されます。
    データベースを選択
    インポートするデータベース名をクリックします。

  4.  

  5. 選択したデータベースの[SQL]タブをクリックします。
    SQLタブを開く

  6.  

  7. SQL」タブを開きます。
    SQLタブを開きます。
    「SQLスクリプトをアップロード」の参照をクリックします。

  8.  

  9. [ファイルのアップロード]が表示されます。
    SQL形式のバックアップファイルを選択
    ローカルにバックアップしたファイル(SQL形式でエクスポートしたファイル)を選択し、「開く」をクリックします。

  10.  

  11. アップロードするファイルの場所が自動的に入力されます。
    インポートを実行する。
    実行するをクリックします。

  12.  

  13. SQLスクリプトの実行が完了すると結果が表示されます。
    クエリ結果

  14. phpPgAdmin のご利用方法、各種設定等に関してはサポート対象外となります。

    ご不明な点はphpPgAdminオフィシャルサイトなどをご参照ください。

    ■参考URL phpPgAdmin
       http://phppgadmin.sourceforge.net/