phpPgAdmin の利用

エクスポート

データベースのバックアップをとるには、phpPgAdmin のエクスポート機能を利用します。
phpPgAdmin では、データベースごと、テーブルごとにエクスポートが可能ですが、このマニュアルでは、データベースごとにエクスポートする方法をご案内します。

  • InternetExplorer では、エクスポート機能をご利用いただけません。phpPgAdmin の推奨ブラウザはFireFoxとされています。

 

  1. phpPgAdmin にログインすると、画面左側にデータベースの一覧が表示されます。
    データベースを選択
    バックアップするデータベース名をクリックします。

  2.  

  3. 選択したデータベースの「エクスポート」タブをクリックします。
    エクスポートタブを開く

  4.  

  5. エクスポート」タブが開きます。
    構造とデータをエクスポート
    次の項目に選択します。

    フォーマット 格納されたデータのみをエクスポートする場合は、
    データ」にチェックを入れ、
    SQL」を選択します。
    テーブル構造と格納されたデータをエクスポートする場合は、
    構造とデータ」にチェックを入れ、
    SQL」を選択します。
    オプション ダウンロード」または「gzip で圧縮してダウンロード」を選択します。
    • データベースのバックアップが目的の場合は「構造とデータ」を選択してください。
    • 当社サービスの他のアカウントとの間でデータを移行する場合などは、「データのみ」をエクスポートしてください。この場合、移行先のデータベースには事前にテーブルを作成しておき、データのみインポートします。

    エクスポートをクリックします。

  6.  

  7. [dump.sqlを開く]が表示されます。
    保存
    OK」をクリックします。

  8.  

  9. [保存ファイル名を入力してください]が表示されます。
    保存
    保存場所を選択し、必要に応じてファイル名を変更し、「保存」をクリックします。

  10.  

  11. 指定した場所に拡張子が .sql のファイルが保存されます。
    保存
    このファイルには、SQL形式でデータベースの内容が保存されています。