MySQLの利用

MySQLデータベースのリストア

バックアップファイルからMySQLデータベースに格納されたデータをリストアすることができます。
データベースを再作成する場合は、事前に既存のデータベースを削除してから新規に追加しなおしてください。

  • データベース名、文字照合順序、パスワード は以前と同じものを設定してください。
  • 複数のアカウントをご契約の場合、データベース名にはアカウント名が含まれるため、異なるアカウントのサーバーでは同じ名前のデータベースを再作成することはできません。
    異なるアカウントのサーバーにデータベースを移行する場合は、データベース名が変わりますので、データベースを利用するプログラム (Webアプリケーション)側のデータベース接続設定も変更する必要があります。
  • データベースを再作成せず既存のデータベースにリストアする場合は、バックアップしたテーブルのみがリストアされます。この場合、バックアップ後に作成されたテーブルなどはそのまま残ります。

 

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > データベース > MySQL > MySQLマネージャ

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「データベース」から「MySQL」の「MySQLマネージャ」をクリックします。
    MySQLマネージャ

  2.  

  3. 上部メニューの下に表示されたサブメニューから「MySQLマネージャ」をクリックします。
    [MySQLマネージャ]
    [MySQLマネージャ]が表示されます。
    選択メニューから、リストアするデータベース名を選択し、「選択」をクリックします。

  4.  

  5. [データベースの基本情報]が表示されます。
    [データベースの基本情報]
    リストア」をクリックします。
  6.  

  7. [データベースのリストア]が表示されます。
    [データベースのリストア]
    次の項目を確認します。

    データベース名 リストアするデータベース名を確認します。

    リストアに利用するバックアップファイルを指定するには、「参照」をクリックします。
  8.  

  9. [ファイルの選択] が表示されます。
    [ディレクトリの選択]
    リストアに使用するバックアップファイルにチェックを入れ、「選択」をクリックします。

  10.  

  11. ディレクトリ選択の画面が閉じ、選択したディレクトリが表示されます。
    ディレクトリを選択
    リストア実行」をクリックします。

  12.  

  13. 「リストアに関する注意事項」が表示されます。
    リストアに関する注意事項
    注意事項を確認のうえ、リストアに関する注意を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れ、 「リストア」をクリックします。
  14.  

  15. リストアの変更が完了すると、「データベースをリストアしました」と表示されます。
    データベースをリストアしました
MySQLデータベースのより高度な管理をご希望の場合は、phpMyAdmin などのデータベース管理プログラムをサーバーにインストールしてご利用ください。
⇒ phpMyAdmin インストール