リソース監視

負荷状況

リソース監視で負荷状況を確認する方法を説明します。

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > Webサイト > リソース監視 > 負荷

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「Webサイト」から「リソース監視」の「負荷」をクリックします。
    負荷

  2. [リソース監視]の[負荷]が開きます。
    負荷状況
    日/週/月/年 の期間ごとに Load average がグラフ表示されます。

    Load average とは、CPUにロードされている(実行待ちの状態にある)プロセス数の平均値です。この値が大きければ負荷が大きく、小さければ負荷が小さいと判断できます。

    おおまかな目安として、
    Load average の数値が、CPU(内のプロセッサコア)の数 を超えなければ、快適に利用できていると判断できます。
    Load average の数値が、CPU(内のプロセッサコア)の数 +1 を超えれば、負荷が高めと判断できます。

    • ご利用中のサーバーの CPU が DualCore(プロセッサコアが2個) の場合は、Load average の数値が 2.0 前後を推移していれば快適に利用できていると判断できます。