WAF の設定

WAF の設定

WAF の設定手順をご案内いたします。

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > Webサイト > WAF > WAF設定


  2. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。


    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「Webサイト」から「WAF」の「WAF設定」をクリックします。
    WAF設定をクリックします

    • 共用サーバー(S11,S21,S31)・共用サーバー(S10,S20,S30 )・共用サーバー3G をご利用中の場合、「WAF設定」以外のメニューは表示されません。


  3. [WAF設定]が表示されます。

    WAF設定
    WAF の設定項目が表示されます。

    ■ 共通設定
    サーバーに設定しているすべてのドメインに対して設定した内容が有効になります。
    ■ 個別設定
    ドメインごとに設定した内容が有効になります。

 

共通設定

  1. WAF の設定を変更します。
    共通設定
    次の項目を変更します。

    WAF設定 有効にする場合は「ON」を選択します。
    無効にする場合は「OFF」を選択します。

    設定」をクリックします。

  2.  

  3. 設定変更が完了すると、「WAFの設定を変更しました。 」と表示されます。
    WAFの設定を変更しました

 

個別設定

ドメインごとに WAF を設定できます。

  1. WAF の設定を変更します。
    共通設定
    次の項目を変更します。

    ドメイン 個別に設定するドメインを選択します。
    WAFの利用 有効にする場合は「ON」を選択します。
    無効にする場合は「OFF」を選択します。

    設定」をクリックします。

  2.  

  3. 設定変更が完了すると、「WAFの設定を変更しました。 」と表示されます。
    WAFの設定を変更しました
    個別設定されたドメインとWAFの設定内容は、ページ下部の一覧表示で確認できます。
    設定内容を変更するには、個別設定を解除してから、再度設定し直します。

 

■ 個別設定の解除
  1. WAF の個別設定一覧を確認します。
    個別設定一覧
    解除する個別設定の「解除」のチェックボックスにチェックを入れ、「解除」をクリックします。

  2.  

  3. 確認ダイアログが表示されます。
    OK」をクリックします。

  4.  

  5. 解除が完了すると、「個別設定を解除しました。 」と表示されます。
    個別設定を解除しました
    個別設定を解除したドメインでは、共通設定の WAF 設定が有効になります。