Thunderbird の振分設定

Thunderbirdの自動振分の設定方法をご案内いたします。
ここでは、Thunderbird 31.2 で設定を行う場合の方法をご案内していますが、他のバージョンでも同様の手順でメールの送受信を行えます。
その他のメールソフトの自動振分の設定につきましては、迷惑メール対策オプション をご確認ください。

Thunderbird の振分設定

件名に [spam] という文字列が含まれるメールが届くと、自動的に「迷惑メール」フォルダに振り分けられるように設定します。

  1. Thunderbird を起動します。
    [ツール] → [アカウント設定]
    迷惑メールを振り分けるフォルダとして、「迷惑メール」フォルダを作成します。
    メニューバーから[ツール] → [アカウント設定] を選択します。
  2.  

  3. 左メニューから、[迷惑メール] をクリックします。
    [迷惑メール]
    次の項目を入力・確認します。

    このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする チェックを入れます
    迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する チェックを入れます

    OK」をクリックします。
  4.  

  5. スマートフォルダから、振り分けルールを設定するアカウントを選択します。
    メッセージフィルタの設定を変更する
    メニューバーから[ツール] → [メッセージフィルタ] を選択します。
  6.  

  7. [メッセージフィルタ] が表示されます。
    メッセージフィルタ
    新規」をクリックします。
  8.  

  9. メッセージフィルタの設定ウィンドウが表示されます。
    ルールの追加
    次の項目を設定します。

    フィルタ名

    設定するメッセージフィルタの名前を入力します。

    例)迷惑メール
    フィルタを適用するタイミング 任意
    条件 すべての条件に一致」を選択します。
    件名」を選択します。
    に次を含む」を選択します。
    「件名に [spam] という文字列が含まれる場合」を条件として設定するため、[spam] と入力します。
    以下の動作を実行 メッセージを移動する」を選択します。
    移動先: 「迷惑メール」を選択します。

    ルールの追加
    OK」をクリックします。
  10.  

  11. 設定したメッセージフィルタが表示されます。
    設定したメッセージフィルタの確認
    設定したメッセージフィルタが表示されていることを確認し、ウィンドウ右上の赤い閉じるボタンをクリックします。

以上で設定完了です。