エラーページデザイン変更

目次

  1. はじめに
    エラーページデザインの選択
  2. 自作エラーページへの変更

自作エラーページへの変更

指定したURLが見つからないなどのエラー時に表示されるエラーページを自作のエラーページに変更することができます。
このマニュアルでは、以下のエラー時に自作のエラーページを表示させる方法をご案内します。

HTTPステータスコード エラー内容
401 アクセス制限などの認証に失敗した
403 指定したページへのアクセス権限がない
404 指定したページが見つからない
500 CGIでなんらかのエラーが発生した
  • HTTPステータスコードが503の場合は、接続数過多で一時的にサーバーの処理が滞っている状態のため、自作エラーページを同じサーバー内に設置しても表示できません。他のサーバーにリダイレクトさせるか、メンテナンスなどで意図的に503ステータスコードを返す場合のみ自作エラーページに変更することが可能です。

 

  1. エラー時に表示させるエラーページ(HTMLファイル)を作成します。
    このマニュアルでは、下記のファイル名でエラーごとに別々のページを作成します。

    • 401.html
    • 403.html
    • 404.html
    • 500.html
    • エラーページで画像を使用する場合には、「 http://から始まる画像ファイルのURL」で指定してください。

  2.  

  3. FTPソフトでサーバーに接続します。
    • サーバーへの接続方法に関してはFTPソフトの設定をご覧下さい。
    • このマニュアルでは FFFTPを使った場合を例にご案内します。
    • フォルダの作成方法などは、FTPソフトによって異なるので、ソフトウェアのヘルプサイトをご確認下さい。

    「error」フォルダを新しく作ります
    FFFTPの画面右側(サーバー側)で「public_html」以下の任意の場所を開き、
    FFFTPの画面左側(お客様PC側)で作成したエラーページを右クリックし、「アップロード」をクリックします。
    • このマニュアルでは「public_html」直下に「error」という名前のフォルダを作成し、アップロードします。

  4.  

  5. テキストエディタを開き、.htaccess ファイルを作成します。

    .htaccess に関しては、「.htaccess の利用」をご確認ください。

    .htaccessファイルを記述
    設定を記述し、任意の名前(「htaccess.txt」など)で保存します。

    記述例 1
    ErrorDocument 401 /error/401.html
    ErrorDocument 403 /error/403.html
    ErrorDocument 404 /error/404.html
    ErrorDocument 500 /error/500.html
    記述例 2
    ErrorDocument 401 /error/401.html
    ErrorDocument 403 http://www.example.com/error/403.html
    ErrorDocument 404 http://www.example.com/error/404.html
    ErrorDocument 500 http://www.example.com/error/500.html
    • 記述内容につきまして動作保証やサポートは行っておりませんので、お客様の責任のもとご使用ください。
    • パスはアップロード先にあわせてご変更ください。
    • ErrorDocument 401 は、「http://から始まるURL 」 では、設定できません。
    • .htaccess の記述例 をご参考ください。
  6.  

  7. 作成したファイルを、FTPソフトを使って使って、設定したいディレクトリにアップロードします。
    アップロード
    public_html 以下全てに適用したい場合には、public_html 直下にアップロードします。

  8.  

  9. アップロードしたファイル名を、「.htaccess」に変更します。
    名前変更
    アップロードしたファイルを右クリックし、「名前変更」をクリックします。

  10.  

  11. [名前変更(ホスト)]ウィンドウが開きます。
    名前変更
    「.htaccess」と入力し、「OK」をクリックします。

  12.  

  13. ファイル名が .htaccess に変更されたことを確認します。
    名前変更

以上の手順で、.htaccess を作成・設置すると、設定が有効となります。
実在しないファイルを指定したURLにアクセスするなどして、自作の404エラーページが表示されることをご確認ください。

目次

  1. はじめに
    エラーページデザインの選択
  2. 自作エラーページへの変更