ドメイン移転ガイド

gTLDドメイン(.com .net) - レジストラ変更

gTLDドメイン(.com .net)については、ICANN公認の「レジストラ」であるカゴヤ・ジャパン株式会社にて管理をいたします。
お客様が他社で取得された gTLDドメイン(.com .net)の当社への移管をご希望の場合は、下記の手順でレジストラ変更手続きを行います。

レジストラ変更の流れ

レジストリ ICANN から認定を受け、ドメイン名 および ネームサーバー情報 のデータベース管理や整備をする管理組織のことです。
ドメイン(.com .net)ごとにレジストリが存在します。
  • ICANN :インターネットにおけるドメイン名、IPアドレスなどの調整をする非営利法人
レジストラ ICANN から認定受け、ドメイン名登録をする組織のことです。


 

■レジストラ変更手順
  1. 現在のドメインの登録会社 (移管元レジストラ) に連絡し、レジストラーロックの解除と AuthCode(認証コード)の発行をご依頼ください。
    • 移管元レジストラが Melbourne IT の場合は、レジストリキー(RegstryKey)がメールで届きますので、以下の手順で AuthCode を発行します。

    移管元レジストラが Melbourne IT の場合

    1. Melbourne IT にアクセスします。

      ■URL: https://www.melbourneit.com.au/maintenance/menu.php

    2. Melbourne IT のドメイン管理画面にログインします。

      DomainName ドメイン名を入力します。
      Registry Key Melbourne IT からメールで届いた Registry Keyを入力します。

      「Enter Management」をクリックします。

    3. [Domain Details] 内の「Retrieve Domain Name (authinfo) Password」メニューをクリックすると、「Domain Name (authinfo) Password」が表示されます。
      表示されたパスワードが AuthCode となります。


  2.  

  3. 当社コントロールパネルにログインし、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > ドメイン > ドメイン移管申請

  4.  

  5. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 4. へお進みください。

    当社コントロールパネル:ログイン
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。


    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「ドメイン」から「ドメイン移管申請」をクリックします。
    ドメイン移管申請

  6.  

  7. ドメイン移管申請 ]が表示されます。
    ドメイン移管申請
    次の項目を入力します。

    ドメイン名 移管するドメイン名を入力します。
    • example.com を移管する場合は、下線の example の部分を入力します。
    • 半角英数字[aからzAからZ0から9-(ハイフン)] が利用できます。
    • 大文字と小文字の区別はありません。
    gTLD .com .net のいずれかを選択します。
    • 移管申請にはレジストラーロックが解除されている必要があります。
    • 移管申請には AuthCode(認証コード)が必要です。
    • ドメインの有効期限の残日数は15日以上残っていることが必要です。

    次へ進む」をクリックします。

    レジストラーロックが解除されていない場合、上部にエラーが表示されます。
    レジストラーがロックされています。
    エラーが表示された場合は、現在のドメインの登録会社 (移管元レジストラ) にレジストラーロックの解除をご依頼ください。

  8.  

  9. Whois情報(ドメイン名の登録情報)が表示されます。
    Whois情報を確認
    Whois情報を確認します。

    whois情報 Whois情報の登録内容が正確か確認します。
    • Whois情報の登録内容に誤りがある場合は変更する必要があります。現在の管理会社に登録情報の変更を申請してください。
    • Whois情報代行サービスを利用している場合は、現在の管理会社にWhois情報代行サービスの解除を申請してください。

    Whois情報の下の[Auth-Code]入力欄に認証コード(Auth-Code, EPP Key)を入力します。

    認証コード(Auth-Code, EPP Key) 現在のドメインの登録会社 (移管元レジストラ) から発行された AuthCode(認証コード)を入力します。
    認証コード(Auth-Code, EPP Key)を入力

    [Auth-Code]入力欄の下にドメインオプションの設定画面が表示されます。
    ドメインオプションを設定

    メールプラン共用タイプ、desknet's NEO 専用プラン をご利用中の場合

    ドメインオプションの設定画面は表示されません。


    移管するドメインを利用するには、オプション設定が必要です。
    移管申請と同時にオプション設定の申込みができます(移管完了後に設定することもできます)。

    ドメインオプション

    以下の選択肢から、利用するオプション設定を選択します。

    ラジオボタンメールに使用
    ラジオボタンホームページに使用
    ラジオボタンホームページとメールの両方に使用
    ラジオボタン今は設定しない
    • 「メールに使用」を選択した場合、「独自ドメイン(メール)」設定が追加されます。
    • 「ホームページに使用」を選択した場合、「独自ドメイン(Web)」設定が追加されます。
    • 共用サーバー3G ENTRY をご利用中の場合「メールに使用」は選択できません。
    ディレクトリ 「ホームページに使用」を選択した場合、ドメインを割り当てるディレクトリを選択します。
    ⇒ ディレクトリの選択
    • 複数のホームページを別のドメインで公開する場合は、ドメインを割り当てるディレクトリを追加する必要があります。
    ホスト名 「ホームページに使用」を選択した場合、使用するホスト名を入力します。
    • http://www.example.com を設定する場合は、下線の www の部分を入力します。
    • http://example.com を設定する場合は、下線の www の部分を削除し、ホスト名は空欄にします。

    入力が完了したら、「次へ進む」をクリックします。
    ⇒ 手順 6.

     

    ■ ディレクトリの選択

    1.  ドメインを割り当てるディレクトリを選択します。
    ドメインオプション
    参照」をクリックします。

     

    2.  [ディレクトリの選択]が開きます。
    ディレクトリの選択
        ドメインを割り当てるディレクトリを選択します。

    ディレクトリの選択方法

    • ディレクトリ(フォルダ)の中を表示するには、ディレクトリ(フォルダ) をクリックします。

    • 新規にディレクトリを作成するには、上記画像の青枠部分にディレクトリ名を入力し、「新規作成」をクリックすると、作成したディレクトリ名が下の一覧に表示されます。

    • 表示されているディレクトリ(フォルダ)を選択するには、ラジオボタンにチェックを入れ、「選択」をクリックします。

    • 開いているディレクトリ(フォルダ)を選択するには、( このディレクトリを選択 )をクリックします。


        ディレクトリにチェックを入れたら、「選択」をクリックします。

  10.  

  11. 確認が表示されます。
    確認
    • 移管申請にはレジストラーロックが解除されている必要があります。
    • Whois情報代行サービスを利用している場合は解除しておく必要があります。

    確認欄にチェックを入れ、申し込み内容に誤りがなければ、「お申し込み」をクリックします。

  12.  

  13. お申し込みが完了すると「ありがとうございます。ドメイン移管申請を承りました。」と表示されます。
    ドメインの申請を送信いたしました。

  14.  

  15. レジストラ変更手続きが完了しましたら、当社より下記件名のメールにてご連絡をいたします。

    件名:【KAGOYAドメイン】レジストラ変更手続き完了のご連絡( ○○.com )
    送信者:support@kagoya.com
    宛先:アカウント名@kagoya.net
    メール本文に「ネームサーバー変更申請フォーム」があります。

  16.  

  17. お客様にてサーバーへのデータのアップロード及びドメインオプションの設定などが完了いたしましたら、上記メールに含まれている「ネームサーバー変更申請フォーム」をご返信ください。

    当社にてネームサーバー情報を、以前の情報から当社ネームサーバー情報に書き換えを行います。 新しい情報が国内のDNSサーバーにいきわたるまでに1日~3日ほどのお時間が見込まれます。 お客様がインターネットへ接続する際に経由されるDNSサーバーに新しい情報が反映され次第、お客様ドメインあてのアクセスにて当社サーバーが参照されるようになります。