リモートKVM貸出

Virtual KVM Client について

Virtual KVM Client に用意されている機能は、以下の通りです。
Virtual KVM Client ウィンドウ

■ ツールバー

ツールバーに用意されている機能は、以下の通りです。

ツールボタン

接続プロパティ
接続プロパティダイアログを開きます。手動で帯域幅などを調整できます。

ビデオ設定
ビデオ設定ダイアログを開きます。手動でビデオ設定を調整できます。

色調整
過剰な色ノイズを抑えるように調整できます。

ターゲットのスクリーンショット
対象サーバーのスクリーンショットを取り、保存できます。

マウスの同期
対象サーバーのマウスポインタをクライアントPCのマウスポインタに同期させます。
  • マウスモードが「アブソリュートモード(完全同期モード)」の場合、この機能を使用する必要はないため、このボタンは無効になっています。

画面の更新
強制的に画面を更新します。

ビデオ設定の自動検出
強制的にビデオ設定(解像度、リフレッシュレート)を更新します。

Ctrl+Alt+Del の送信
対象サーバーに Ctrl + Alt + Delキーの組み合わせを送信します。

シングル マウス カーソル
クライアントPCのマウスポインタを非表示にして、対象サーバーのマウスポインタのみ表示します。Ctrl + Alt + O でこのモードを終了できます。

全画面
対象サーバーのデスクトップ画面を全画面表示します。

ビデオの拡大/縮小
対象サーバーの画面サイズを拡大/縮小できます。

■ メニューバー

メニューバーに用意されている機能は、以下の通りです。

メニューバー
接続 プロパティ
(手動で帯域幅などを調整できます。)
情報
(接続情報を確認できます。)
終了
(Virtual KVM Client での操作を終了します。)
キーボード Ctrl+Alt+Del の送信
LeftAlt+Tab の送信
テキストをターゲットに送信
キーボード マクロのインポート
キーボード マクロのエクスポート
キーボード マクロ
ビデオ 画面の更新
ビデオ設定の自動検出
色調整
ビデオ設定
ターゲットのスクリーンショット
マウス マウスの同期
(マウスのモード設定がスタンダードモードかインテリジェントモードの場合のみ、使用できます。)
シングル マウス カーソル
(クライアントPCのマウスポインタを非表示にして、対象サーバーのマウスポインタのみ表示します。Ctrl + Alt + O でこのモードを終了できます。)
アブソリュート
(クライアントPCのマウスポインタに対象サーバーのマウスポインタを完全に同期させます。)
インテリジェント
(対象サーバーのマウス設定を検出し、それに応じてマウスカーソルを同期させます。)
スタンダード
(対象サーバーのマウスポインタは、クライアントPCのマウスポインタと相対的に同期します。対象サーバーのマウス設定は無効となるので、同期するにはクライアントPC側のマウス設定を調整する必要があります。)
ツール オプション
表示 ツールバー
ステータス バー
ビデオの拡大/縮小
全画面
仮想メディア ドライブの接続
CD-ROM/ISO の接続

日本語キーボード(JIS Keyboard)を設定する

日本語キーボードをご利用中の場合は、キーボードタイプの設定が必要です。

  1. Virtual KVM Client のメニューバーから、[ツール] > [オプション] を開きます。
    [ツール] > [オプション] を開きます。

  2. 「全般」タブを開きます。
    キーボードタイプを選択
    キーボードタイプをドロップダウンリストから「日本語」に変更します。
    その他の設定項目のホットキーも任意に選択のうえ、「適用」をクリックし、「OK」をクリックします。


リモートKVMの操作で不具合が発生する場合は、下記のページの解決方法をお試しください。
⇒ リモートKVMのトラブル