Active! mail の利用

Active! mail はインターネットに接続できる環境があれば、パソコンやスマートフォン、携帯電話などのモバイル端末からでもメールを送受信することが可能です。
また、メールはパソコン上には保存されず、サーバー上で一括管理されるため、場所や端末に関係なく利用できます。
⇒ Active! mail について

Active! Mail(WEBMAIL)

はじめに

  • コントロールパネルにメインアカウントでログインした場合のみ、Active! mail と Active! mail の以下の機能を、「利用する」か「利用しない」か設定できます。
    設定変更を行うと、すべてのメールアカウントに対して設定内容が有効になります。
    ⇒ Active! mail の設定

    転送・自動返信機能 新しく届いたメールを指定した条件で他のメールアカウントや携帯電話のメールに自動転送できる機能です。
    送信前強制プレビュー機能 送信前にプレビューを表示させ、メールの宛先、本文の内容などを送信前に再度確認させることで、誤送信を防止する機能です。
    宛先確認機能 宛先メールアドレスを送信前に再度確認させることで、誤送信を防止する機能です。

  • ご利用中のメールアカウント数が 50個までは無料で利用できます。50個を超える場合は、超過分について、50アカウントごとに月額432円の追加料金が課金されます。

  • Active! mail

    50アカウントまで 51アカウント以上
    無料 月額 432円/50アカウントごと
    • 利用開始した翌月から、毎月初めの時点のメールアカウント数に対し課金となります。
    • 2011年5月11日以前にご契約のアカウントにつきましては、メールアカウント数に上限なく、すべてのメールアカウントで Active! mail を無料で利用できます。

  • メールプラン 専用タイプ・専用メールサーバー をご利用中の場合は、事前にコントロールパネルからIMAP接続を有効に設定する必要があります。

    IMAP接続を有効に設定するには、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > メール > メールサーバー > 設定

    設定方法に関しては、「メールサーバー > 配信設定」をご確認ください。

  • メールソフトを併用する場合は、IMAP で受信してください。
    IMAP でのメールソフトの設定方法は「IMAP でのメールソフトの設定」をご参照ください。
    Active!Mailの標準フォルダーのフォルダー名は下記の名称です。メールソフトによっては、IMAPフォルダーの特別フォルダーとして割り当て設定をすることで、メールソフトからの送受信も同じフォルダーで管理することもできます。

    送信箱 Sent
    ごみ箱 Trash
    下書き保存 Drafts
    迷惑メール JunkMail
    • POP で受信する場合は、メールのコピーを残す設定が必要です。設定せずにメールソフトで受信しますと、受信済のメールがメールサーバーから削除され、Active! mail で確認できなくなります。
    • POP で受信する場合は、Active! mail の受信箱以外のフォルダーに振り分けられたメールを受信することはできません。
    • Active! mail でメールを削除すると、削除したメールをメールソフトで受信できなくなります。

  • IMAPサーバーのフォルダ名として利用いただけない文字は以下のとおりです。
    「.」「!」「"」「#」「$」「%」「'」「(」「)」「|」「{」「`」「}」「*」「?」「>」「<」「/」「¥」「;」「^」「~」「:」

  • 送信できる1通あたりのメールの容量制限は100MBまでです。
    受信できる1通あたりのメールの容量制限は、メールサーバーの設定に準じます。
    ⇒ 受信メールのサイズに制限はありますか?

  • Active! mail にログインした状態で何も操作しない時間が一定時間(60分)続くと、セキュリティのため強制的にログアウトされ、「セッションの有効期限が切れています。」というメッセージが表示されます。
    メール作成中に強制的にログアウトされた場合は、メール作成画面を閉じると編集中の内容は失われますので、画面を閉じる前にテキストエディタなどにコピーしてください。

  • Active! mail の詳細な使用方法や機能につきましては、ログイン後に表示される画面のヘルプや、ユーザーズマニュアルをご確認ください。

    ユーザーズマニュアル

    Active! mail 6.55 ユーザーズマニュアル(PDFファイル)

    PDFファイルを開くには AdobeReader が必要です。
    お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    • KAGOYA Internet Routing でご提供している Active! Mail では、サーバー環境やセキュリティ上の都合などにより一部機能のご利用を制限しておりますが、ユーザーズマニュアルにはこれらの機能についての情報も含まれます。

    ご利用いただけない機能 マニュアルの記載箇所
    管理者からのお知らせ 2.1 Active! mail の起動と終了 > メールホーム画面とメインメニュー(P.13)
    共有メールボックス 2.3 メールを受信する > 共有メールボックス(P.46)
    共有アドレス帳 4.1 アドレス帳の利用(P.74)
    共有スケジュール 5.1 スケジューラの閲覧(P.104)
    モバイルパスワード 6.3 モバイル設定(P.122)
    パスワード変更 6.5 パスワード変更(P.125)
    ZIP形式でのメールのインポート 7.1 フォルダ管理(P.132)
    ZIP形式でのフォルダのエクスポート 7.1 POP フォルダ管理(P.133)
    POPアカウント管理 7.3 POP アカウント管理(P.139)
    ご利用に制限のある機能 マニュアルの記載箇所
    自動振り分け 7.5 フィルタリング(振り分け) > 自動振り分けを有効にする(P.152)
    • ログインイン時は有効ですが、ログアウトしている間は自動振り分けされません。次回ログイン時に手動で振り分けを実行してください。

    ユーザーズマニュアル(スマートフォン版)

    Active! mail スマートフォン版の操作方法につきましては、ユーザーズマニュアル(スマートフォン版)をご確認ください。

    Active! mail 6.55 ユーザーズマニュアル(スマートフォン版)(PDFファイル)

    PDFファイルを開くには AdobeReader が必要です。
    お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    • KAGOYA Internet Routing でご提供している Active! Mail では、サーバー環境やセキュリティ上の都合などにより一部機能のご利用を制限しておりますが、ユーザーズマニュアルにはこれらの機能についての情報も含まれます。


  • Active! mail は受信したメールをサーバーに保存しています。サーバーに保存されているメールがメールアカウントごとに割り当てられたメールボックス容量を超えると受信できなくなりますので、定期的にバックアップのうえ削除を行ってください。

メールのバックアップ方法

メールのバックアップには、Active! mail の「フォルダのエクスポート」(Active! mailログイン > ツール > フォルダ管理)をご利用ください。
フォルダの内容を一括して、他のメールソフトで読み込めるファイル形式「UNIX Mailbox(mbox)」で書き出すことができます。
書き出したファイルは、mbox 形式に対応しているメールソフトや Active! mail で読み込むことができます。

詳しくは、ユーザーズマニュアルの下記のページをご参照ください。
7.1 フォルダ管理 > フォルダのエクスポート(P.133)

対応ブラウザ

Active! mail は、次の各ブラウザからご利用可能です。

  • Windows 7 SP1/8.1 + Internet Explorer 11
  • Windows 7 SP1/8 + Internet Explorer 10
  • Windows Vista SP2/7 SP1 + Internet Explorer 9
  • Windows XP SP3/Vista SP2/7 SP1 + Internet Explorer 8
  • Windows XP SP3/Vista SP2/7 SP1/8 + Firefox ESR31
  • Mac OS X 10.10 + Safari 8
  • Mac OS X 10.9 + Safari 7
  • 2015年3月現在
  • Windows 10 + Edgeブラウザ および Internet Explorer 11 には対応しておりません(2015年07月29日)。

詳細は Active! mail 開発元のサイトをご参照ください。

■参考URL どんなOS/ブラウザをクライアントとして使えますか(Active! mail 6.55.01)
   http://www.transware.co.jp/support/installation/2015/01/30_1630.html

■参考URL スマートフォン端末対応表(Active! mail 6.55.01)
   http://www.transware.co.jp/support/installation/2015/01/30_1600.html
  • iOS8.1 以降のバージョンは動作確認を行なっておりません。

■参考URL 検証済み携帯端末の制限事項一覧表(Active! mail 6.55.01)
   http://www.transware.co.jp/support/installation/2015/01/30_1700.html