ログサービス

目次

  1. はじめに
  2. エラーログ
  3. FTPログ

エラーログ

過去5日間のログから最新100件のエラーログを確認、保存できます。

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > ログサービス > エラーログ

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    左メニューの システム より「Webサイト」をクリックします。
    左メニューの システム より「Webサイト」をクリック
    上部メニューの「ログサービス」をクリックします。
    コントロールパネル > Webサイト > ログサービス

  4.  

  5. 上部メニューの下に表示されたサブメニューの「エラーログ」をクリックします。
    エラーログ
    [エラーログ]が表示されます。
    ⇒ エラーログの確認手順
    ⇒ エラーログの保存手順

  6.  

■ エラーログの確認
  1. エラーログの確認をします。
    エラーログ確認

    をクリックします。

  2.  

  3. エラーログが表示されます。
    エラーログが表示されます
    過去5日間のログから最新100件のエラーログが表示されます。最も新しいエラーログが一番下に表示されます。

    過去5日間のログから最新100件のみが表示されるため、古いログから順番に表示されなくなります。ログファイルは必要に応じて保存しておくことをお勧めします。
    ⇒ エラーログの保存手順

 

■ エラーログの保存
  1. 過去5日間のエラーログを保存できます。
    エラーログ保存
    保存したいエラーログにチェックを入れ、をクリックします。

  2.  

  3. [ディレクトリの選択]が表示されます。
    ディレクトリの選択
    エラーログを保存するディレクトリにチェックを入れます。
    ディレクトリにチェックを入れたら、をクリックします。

    • このマニュアルでは、public_html と同じ階層( /home/sample )にファイルを保存します。
  4.  

  5. ディレクトリ選択の画面が閉じ、選択したディレクトリが表示されます。
    設定を完了しました
    確認して間違いがなければをクリックします。

  6.  

  7. 保存が完了すると、「ログファイルを保存しました。」と表示されます。 ログファイルを保存しました。

  8.  

  9. FTPソフトでウェブサーバーに接続します。
    サーバーへの接続方法に関してはFTPソフトの設定をご覧下さい。
    このマニュアルでは FFFTPを使った場合を例にご案内します。 FTPソフトでウェブサーバーに接続します。
    public_html と同じ階層に web_errorlog というディレクトリがあります。

  10.  

  11. web_errorlog をダウンロードして、「メモ帳」や「TeraPad(参考URL: http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html)」などのテキストエディタで開きます。
    .klog
    エラーログの内容を確認できます。

目次

  1. はじめに
  2. エラーログ
  3. FTPログ