他社からのメールサーバー移転ガイド

他社メールサーバー(IPアドレスは、仮に 192.0.2.1 とします)で運用中のメールアドレス「info@example.com」を KAGOYA Internet Routing でご契約いただいたメールサーバーへ引越しする場合を例にご説明します。

STEP1 はじめに

共用サーバー(S11を除く)、マネージド専用サーバー、メールプランいずれかをご契約ください。
移行前の状態
当社サービスでは、メールソフトに設定するユーザー名にあたるメールアカウント名は「アカウント名.任意の文字列」となります。 移転元と同じメールアカウント名を継続利用されたい場合は、メールプラン専用タイプメールプラン エンタープライズをご契約いただくと、「メールアカウント別名」を設定することで、移転元と同じメールアカウント名を利用できます。

  1. KAGOYA Internet Routing のご利用のお申込みをいただきますと、アカウント登録完了後に「ご利用内容のご案内」がメールで届きます。
    また、メインアカウントには「アカウント名@kagoya.net」というメールアドレスが発行されます。

  2.  

  3. 当社受信メールサーバー名、送信メールサーバー名などの各種情報を確認します。
    当社コントロールパネルにログインし、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > メール > メールサーバー

    次のマニュアルを参照


ドメイン管理について

サーバーの移転と、ドメインの移管は別の手続きとなります。
現在のドメイン管理会社で、ドメインのネームサーバー情報を変更可能であれば、当社に移管しなくても、他社管理のまま利用できます。下記に該当する場合は当社への移管をご検討ください。

  • 現在のドメイン管理会社でドメインのネームサーバー情報を変更できない
  • サーバーとドメインの両方の管理をまとめたい

ドメインを当社に移管される場合は、下記のオンラインマニュアルをご確認ください。
⇒ ドメイン移転ガイド


ドメイン移管のタイミングについて

ドメイン移管手続きはサーバー移転前でも、移転完了後でも、どちらでも手続き可能ですが、移管完了までに1週間から10日ほどかかる場合があります。

  • 現在のドメイン管理会社でドメインのネームサーバー情報を変更できない場合は、サーバー移転前に移管手続きをお申込ください。
  • 移転元サーバーの契約期間を確認いただき、サーバー移転をお急ぎの場合は、サーバー移転完了後に移管手続きをお申込ください。