EC-CUBE3 インストール

KAGOYA Internet Routing は EC-CUBE のオフィシャルパートナーです。共用サーバーS11,S21,S31をご利用中の場合は、EC-CUBE3 を簡単にインストールしていただけます。コントロールパネルからのインストール手順とご利用開始までの手順を説明いたします。
⇒ EC-CUBE について

はじめに

EC-CUBE3 をインストールされる前に下記の事項をご確認ください。

  • 共用サーバーS11,S21,S31をご利用中のお客様のみ当社コントロールパネルから EC-CUBE3 を簡単にインストールできます。

  •  

  • EC-CUBE3 のインストールには MySQL データベースが必要です
    インストールの前に MySQL データベースを作成してください。

    MySQL データベースの作成は、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > データベース > MySQL > DB追加

    データベースの作成方法に関しては、「MySQLの利用」をご確認ください。
    • データベースを作成する際、文字照合順序は、utf8_general_ci を選択してください。
    • EC-CUBE3 の仕様により、MySQL データベースのパスワードに以下の文字が含まれていると正しく処理されません。
      : { } [ ] , & * # ? | - < > = ! % @ `
    • PostgreSQL データベースは利用できません。
  •  

  • EC-CUBE3 をインストールすると、インストールディレクトリ配下の html ディレクトリが公開ディレクトリとなります。
    EC-CUBE3 を独自ドメインで運用する場合は、事前にコントロールパネルから利用する独自ドメインを、/public_html/(EC-CUBE3 をインストールするディレクトリ)/html に、設定しておく必要があります。

    独自ドメインの設定方法

    1. コントロールパネルにログインし、次の画面を開きます。

      コントロールパネル > システム > Webサイト > ドメイン設定 > 独自ドメイン

    2. [独自ドメイン追加]項目で、設定する[ホスト名]と[ドメイン名]を入力し、[ディレクトリ]の[参照]をクリックします。
      ホスト名 www
      ドメイン名 example.com
    3. [ディレクトリの選択]ウインドウが表示されるので、ショップサイトの公開ディレクトリを選択します。
      ディレクトリ /public_html/(EC-CUBE3 をインストールしたディレクトリ)/html
    4. ディレクトリを選択できたら、[追加]ボタンをクリックします。

  •  

  • EC-CUBE2.x からEC-CUBE3.x にアップデートはできません。

  •  

  • EC-CUBE2.x の再インストールをご希望の場合は、旧バージョンのインストールマニュアルをご参照ください。
    ⇒ EC-CUBE(ver2.13.3) インストール
    ⇒ EC-CUBE(ver2.12.2) インストール
    ⇒ EC-CUBE(ver2.11.5) インストール
    ⇒ EC-CUBE(ver2.4.3) インストール

目次

  1. はじめに
  2. インストール
  3. 初期設定