マルチドメインの設定

複数のホームページを異なる独自ドメインを利用したアドレスで公開する方法をご案内します。
http://www.○○○.com/
http://www.△△△.com/
設定する場合を例にご説明いたします。

はじめに

  • マルチドメインを設定する場合、該当ドメインをすでに取得している必要があります。
    当社で独自ドメインを取得する場合は、当社コントロールパネルからお申込みください。

    コントロールパネル > システム > ドメイン > ドメインの新規取得

  •  

  • 他社管理下のドメインを利用する場合は、ドメインのネームサーバー情報を下記にご変更ください。

    当社ネームサーバー情報

    ネームサーバー1 ns0.kagoya.net
    IPアドレスが必要な場合は、210.134.60.132
    ネームサーバー2 ns1.kagoya.net
    IPアドレスが必要な場合は、203.142.206.132
    • 当社以外のネームサーバーを登録している場合は、登録しているネームサーバー側でDNS情報(CNAME または Aレコード)の設定が必要です。
      ⇒ ネームサーバーが当社以外

  • 当社コントロールパネルから独自ドメインの追加が完了してから15分ほどで当社ネームサーバーに反映されます。
    • 当社ネームサーバーは、15分間隔(毎時0分, 15分, 30分, 45分)で更新をしております。
    • 当社ネームサーバー反映後、実際にアクセスが可能になるまでの時間は、アクセスするユーザの利用環境によって異なり、数分から数時間ほどかかる場合があります。

  • コントロールパネルより独自ドメイン(Web)の設定を複数追加することで、マルチドメイン設定が可能です。
    マルチドメイン設定にするには、Webサイトアドレスごとに、公開ディレクトリ(フォルダ)を分ける必要があります。
    ⇒ 独自ドメイン(Web)の設定

    設定例

    Webサイトアドレス 公開ディレクトリ
    http://www.○○○.com/ /public_html/○○○
    http://www.△△△.net/ /public_html/△△△
    • ○○○」「△△△」は例示用です。ドメイン名、ディレクトリ名は半角英数字でご入力ください。
    • ディレクトリ名は任意の名前をご指定ください。
    • 今回の例の場合、独自ドメイン 2ディレクトリ分のオプション料金がかかります。

    独自ドメイン(Web)

    [新規提供中プラン]
    サービスプラン 共用サーバー マネージド専用サーバー
    S11, S21, S31 012, 022, 042, 042s, 062, 062s, 122, 122s
    標準 無制限
    追加

    [新規提供終了プラン]
    サービスプラン 共用サーバー マネージド専用サーバー 共用サーバー3G 専用サーバー3G 旧共用サーバー 旧専用サーバー
    S10, S20, S30 041, 041s, 061, 061s, 121, 121s 011, 021 ENTRY STANDARD PROFESSIONAL スタンダードプラン Bプラン
    標準 無制限 10ディレクトリ
    まで無料
    1ディレクトリ
    まで無料
    2ディレクトリ
    まで無料
    10ディレクトリ
    まで無料
    なし
    追加 月額 540円/1ディレクトリごと
    • 翌月から課金となります。
    • 異なるディレクトリに設定いただくごとに、月額 540円が追加で課金されます。
    • 同一ディレクトリであれば、複数のドメインを設定いただいても、1設定分として月額 540円のみの課金となります。
    • 1設定分として扱う設定数の上限は、20件 となります。
      20件を超える設定を同一ディレクトリに適用いただく場合は、21件目の設定より個別に1設定月額 540円課金されます。

 

コントロールパネルでの設定

  1. 当社コントロールパネルにログインし、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > ドメイン設定 > 独自ドメイン

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    左メニューの システム より「Webサイト」をクリックします。
    左メニューの システム より「Webサイト」をクリック
    上部メニューの「ドメイン設定」をクリックします。
    上部メニューの「ドメイン設定」をクリック

  4.  

  5. 独自ドメイン ]が表示されます。
    [独自ドメイン]が表示されます

  6.  

  7. 画面の下に、[独自ドメイン追加]フォームがあります。

    [www.○○○.com]の設定を行います。
    まず、[ホスト名]と[ドメイン名]を入力します。

    ホスト名 www
    ドメイン名 ○○○.com

    [ディレクトリ]の参照をクリックします。

  8.  

  9. [ディレクトリの選択]ウインドウが表示されます。

    [www.○○○.com]のサイトを公開するディレクトリを新規に作成します。
    ディレクトリ名を「○○○」とする場合は、空欄に「○○○」と入力し、新規作成をクリックします。


  10. 追加したディレクトリ名が下の一覧に表示されます。

    ラジオボタンをクリックして選択をクリックしてください。

  11.  

  12. ディレクトリ選択の画面が閉じ、選択したディレクトリが追加されます。

    確認して間違いがなければ追加をクリックします。


    ここでドメインの設定をしても各プロバイダーのDNSサーバーに新しいドメイン情報が反映されるまでは設定したドメイン名でホームページの表示はできません。数分から数時間程度の時間がかかる場合もあります。

  13.  

  14. 同様に[独自ドメイン追加]フォームから[www.△△△.com]の設定も行います。

    [ホスト名]と[ドメイン名]を入力します。

    ホスト名 www
    ドメイン名 △△△.com

    [ディレクトリ]の参照をクリックします。

  15.  

  16. [ディレクトリの選択]ウインドウが表示されます。

    [www.△△△.com]のサイトを公開するディレクトリを新規に作成します。
    ディレクトリ名を「△△△」とする場合は、空欄に「△△△」と入力し、新規作成をクリックします。

  17.  

  18. 追加したディレクトリ名が下の一覧に表示されます。

    ラジオボタンをクリックして選択をクリックしてください。

  19.  

  20. ディレクトリ選択の画面が閉じ、選択したディレクトリが追加されます。

    確認して間違いがなければ追加をクリックします。


    ここでドメインの設定をしても各プロバイダーのDNSサーバーに新しいドメイン情報が反映されるまでは設定したドメイン名でホームページの表示はできません。数分から数時間程度の時間がかかる場合もあります。

    セレクトドメインWebサイトアドレスの無効化

    独自ドメインをWebサイトアドレスに設定した場合(例:www.example.com)、http://www.example.com/ の他に http://アカウント名.kir.jp/ などセレクトドメインのWebサイトアドレスでもサイトにアクセスできてしまいます。

    セレクトドメインのWebサイトアドレスではアクセスできないようにコントロールパネルから設定できます。
    設定方法は下記のオンラインマニュアルをご確認ください。

    セレクトドメインWebサイトアドレスの無効化

目次

  1. はじめに
    コントロールパネルでの設定
  2. コンテンツのアップロード