メールサーバーをカゴヤに移転したが、移行元サーバーを解約してからメールソフト起動時(受信時)に、パスワードの入力を求められる


メールソフトに設定されているアカウントの中にすでに解約されたサーバーのアカウントなど、不要なアカウントが含まれている可能性があります。 不要なアカウントが設定されている場合は、当該アカウントを自動受信しないように設定してください。

主要なメールソフトで自動受信しないように設定する方法は以下の通りです。

 

Windows Live メール で不要なアカウントを自動受信しないように設定する方法
  1. [アカウント] メニューから不要なアカウントの [プロパティ] をクリックします。
  2. [プロパティ] が開きます。
  3. [全般] タブで [メールの受信時および同期時にこのアカウントを含める] のチェックを外して「OK」をクリックします。

 

Microsoft Outlook で不要なアカウントを自動受信しないように設定する方法
  1. [送受信] メニューから [送受信グループ] > [送受信グループの定義]をクリックします。
  2. [送受信グループ] が開きます。
  3. グループ名一覧から [すべてのアカウント] を選択し「編集」をクリックします。
  4. [送受信設定 - すべてのアカウント] が開きます。
  5. 画面左側のアカウント一覧から不要なアカウントをクリックします。
  6. [この送受信グループに選択されたアカウントを含める] のチェックを外して「OK」をクリックします。
  7. [送受信グループ] 画面を閉じます。

 

Thunderbird で不要なアカウントを自動受信しないように設定する方法
  1. [ツール] メニューから [アカウント設定]をクリックします。
  2. [アカウント設定] が開きます。
  3. 画面左側のアカウント一覧から不要なアカウントの [サーバ設定] をクリックします。
  4. [新着メッセージがないか起動時に確認する] [新着メッセージがないか○分ごとに確認する] [新着メッセージを自動的にダウンロードする] のチェックを外して「OK」をクリックします。
  5. [送受信グループ] 画面を閉じます。

 

Apple Mail で不要なアカウントを自動受信しないように設定する方法
  1. [Mial] メニューから [環境設定]をクリックします。
  2. [環境設定] が開きます。
  3. [アカウント] タブをクリックし、画面左側のアカウント一覧から不要なアカウントを選択し [詳細] タブをクリックします。
  4. [新規メッセージを自動的に受信するときに含める] のチェックを外して設定を保存します。
評価点数: 0 (0 件の投票)