大量メール送信する場合に、注意すべき点を知りたい


以下の内容をご確認ください。

少ない通数ずつに分けて、間隔をあけて送信してください。

一度に多数のメールを送信されますと、送信先メールサーバー側から受信を制限される場合があります。

その場合、当社サービスをご利用中の他のお客様のメールの送受信も遅延するなど当社サービスや設備に支障がでるため、送信を停止させていただく場合があります。

送信する前に宛先不明なアドレスが含まれていないかご確認ください。

送信先メールアドレスに多数の宛先不明なアドレスが含まれていると、送信先メールサーバー側から受信を拒否される場合があります。

その場合、当社サービスをご利用中の他のお客様のメールの送受信も遅延するなど当社サービスや設備に支障がでるため、送信を停止させていただく場合があります。

不達となった場合、不達通知メールがエンベロープ送信者のメールアドレス(通常、一般的なメールソフトからメールを送信する場合、エンベロープ送信者のメールアドレスは、メールヘッダーのFrom: に表示されるメールアドレスと同一です)に戻りますので、必ず受信しいただき次回以降送信しないよう宛先メールアドレスのリストを更新してください。

WEBサーバーに設置したメール配信プログラムからメールマガジンなどを配信する場合は、エンベロープ送信者のメールアドレスを必ずご設定ください。

WEBサーバーに設置したメール配信プログラムからメールマガジンなどを配信する場合は、エンベロープ送信者のメールアドレスを配信プログラム側にあらかじめ設定していないと、不達通知メールを受信することができません。

送信先に携帯電話のメールアドレスが含まれる場合は、以下のページをご確認ください。

携帯キャリアごとに、メール送信時の注意事項が公開されているので、送信する前にご確認ください。

メールの送信方法が不適切と判断され多場合は、受信を制限される場合があります。

その場合、当社サービスをご利用中の他のお客様のメールの送受信も遅延するなど当社サービスや設備に支障がでるため、送信を停止させていただく場合があります。

評価点数: 4 (2 件の投票)