はじめに


インスタンスは、当社コントロールパネルで簡単に作成できます。また、コントロールパネルからは、起動・再起動・停止・初期化・削除といった操作が可能です。
インスタンス作成時にOS、プリインストールパッケージ、ライセンス数を選択するだけで、すぐにご希望の環境を簡単に構築できます。

利用を開始される前に下記の事項をご確認ください。

  • ご契約直後の初期状態では、インスタンスはありません。必要なときに当社コントロールパネルからインスタンスを作成してください(インスタンスを作成するまで利用料金はかかりません)。
  • インスタンスは複数の作成が可能で、インスタンスの数に上限はありません。
  • インスタンスごとに利用するスペックを選択できます。
  • インスタンスごとに作成日から削除日までの利用料金が 1日単位での課金となります(インスタンスを停止中は利用料金がかかります)。

    インスタンス

    スペック Windows インスタンス
    1コア/1GB 2コア/2GB 3コア/3GB 4コア/4GB 6コア/8GB 8コア/16GB
    CPU 仮想1コア 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想6コア 仮想8コア
    メモリー 1GB 2GB 3GB 4GB 8GB 16GB
    月額料金(円)
    (※1)
    ストレージ(SSD) 30GB 1,045
    (38円/日)
    - - - - -
    50GB - 2,200
    (79円/日)
    3,740
    (134円/日)
    - - -
    100GB - - 3,960
    (142円/日)
    6,380
    (228円/日)
    - -
    200GB - - - 6,710
    (240円/日)
    12,100
    (433円/日)
    -
    300GB - - - - 12,540
    (448円/日)
    21,890
    (782円/日)
    600GB - - - - - 22,495
    (704円/日)
    virtio インスタンス作成時はデフォルトで有効。
    インスタンスが停止中の場合のみ切り替え可能
    標準回線 非公開
    IPv4アドレス インスタンスごとに標準で1つ
    IPv6アドレス インスタンスごとに標準で1つ
    • (※1) 「利用スペックの課金対象期間の日数」×「利用スペックの1日単価」で計算した金額と、「利用スペックの月額料金」のうち安い方を月額利用料金とします。ご利用料金は、ご利用月の翌月初めに確定し、ご利用月の課金となります。
  • 利用するOS、プリインストールパッケージ、ライセンス数を選択できます。
    Microsoft Office、RDS(リモートデスクトップ)、SQL Serverのライセンスに関しては、選択したライセンス数(SQL Server の場合は CPU のコア数)に対して月額ライセンス料金が課金となります。

    ライセンス料金(1ライセンスあたり)

    OS Windows Server 2012 R2 Standard 64bit Windows Server 2016 Datacenter 64bit
    ライセンス料金 プリインストール なし -
    Microsoft Office 2013 (Professional Plus) 3,410円/月 -
    Microsoft Office 2016 (Professional Plus) - 3,410円/月
    Microsoft
    SQL server
    2014
    (Web Edition)
    1~4コア 3,300円/月 -
    6コア 4,950円/月 -
    8コア 6,600円/月 -
    Microsoft
    SQL server
    2016
    (Web Edition)
    1~4コア - 3,300円/月
    6コア - 4,950円/月
    8コア - 6,600円/月
    RDS(リモートデスクトップ)SAL 1,155円/月
    • 月途中の申込みであっても、インスタンスを作成した月から削除した月までの月額料金が課金となります。
    • リモートデスクトップで同時アクセスが可能なユーザ数は、ライセンス数に関わらず「2ユーザ」までです。
    • Microsoft Office、RDS(リモートデスクトップ)ライセンスはご利用されるユーザの数だけ必要です。
    • RDS(リモートデスクトップ)のライセンス数は、Microsoft Officeのライセンス数以上とする必要があります。
    • ライセンス数(SQL Server の場合は CPU のコア数)の変更があった月は、その月に指定した最大ライセンス数(SQL Server の場合は CPU のコア数)が課金対象となります。
  • ログイン時のアカウント名は、Administrator です。
評価点数: 0 (0 件の投票)