高度な検索

19 件の検索結果

  • ドメインの管理: ドメインの管理
    回答: ドメイン管理サービスのご利用にあたって 独自ドメイン名の管理にあたっては、カゴヤ・ドメイン利用規約と以下のレジストラ・レジストリ・ICANN が定める規約等を承諾するものとします。サービスをお申し込みされる前に、下記の規約等を必ずご確認ください。 gTLDドメイン カゴヤ・ドメイン利用規約http://www.kagoya.jp/terms/domain.html お名前.comドメイン登録規約http://www.onamae.com/agreement/a_ag/registration.html .kyoto ドメイン名登録規約(.kyoto Domain Name Registration Policies)http://nic.kyoto/policies/ ICANN レジストラ認定契約に基づくレジストラントの権利と責任http://www.icann.org/ja/resources/registrars/raa/registrant-rights-responsibilities ※ レジストラ(ドメイン管理会社)はカゴヤ・ジャパン株式会社(.com .netのみ)または当社のパートナーである お名前.com となります。 ※ ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)はインターネットのIPアドレスやドメイン名などの各種資源を管理し、調整する機関です。 ※ ...
  • 他社管理ドメインの利用: 他社管理ドメインの登録
    回答: KAGOYA CLOUD Portal で、他社で管理中の独自ドメインも、KAGOYA CLOUD Portal から登録をすることで、当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を利用できます。 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「他社管理ドメイン登録」をクリックします。 [他社管理ドメイン登録]が開きます。「追加」をクリックします。 ドメイン名を入力して「登録」をクリックします。 登録したドメイン名が追加されます。 DNSレコードの設定 登録したドメインを KAGOYA CLOUD で利用するには、DNSレコードの設定が必要です。 DNSレコードを設定したのち、ドメインのネームサーバー情報を当社ネームサーバーに変更することで、コントロールパネルから設定した DNSレコードが有効になります。 DNSレコードの設定 ネームサーバー情報の変更 ...
  • 他社管理ドメインの利用: 他社管理ドメインの登録解除
    回答: KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「他社管理ドメイン登録」をクリックします。 [他社管理ドメイン登録]が開きます。 設定されているドメインが一覧で表示されます。example.jp のゾーン情報を削除するときは、example.jp の右側にある「削除」をクリックします。 [ 他社管理ドメイン登録解除 ]が開きます。 次の項目のいずれかを選択します ドメイン管理を放棄 今後当社サービスで利用しない場合はこちらにチェックを入れます。 ドメイン管理を他アカウントへ移譲 今後当社サービスの他のアカウントで管理したい場合はこちらにチェックを入れ、プルダウンメニューに表示されるアカウントから移譲先を選択します。 ※ プルダウンメニューに移譲先アカウント名が表示されない場合は、事前に設定権限付与アカウントを設定してください。⇒ 設定中のドメインを複数アカウントで使用する 入力したら「決定」をクリックします。 確認画面が表示されます。 ドメインの登録を解除してよろしければ「OK」をクリックします。 他社管理ドメイン登録画面でドメインが削除されたのを確認します。 ...
  • ドメインの新規取得: gTLDドメインの新規取得
    回答: gTLDドメイン(.com .net .org .info .biz)については、コントロールパネルから取得申し込みができます。 ■ 新規取得費用 gTLDドメイン(.com .net .org .info .biz)の取得費用は下記の通りです。 gTLDドメイン新規取得費用 1年間有効 5,500円(取得月に課金) KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「ドメイン新規取得」をクリックします。 [ドメインの新規取得]が表示されます。 次の項目を入力します。 ドメイン名 取得を希望するドメイン名の「.com .net .org .info .biz」より前の部分を入力します。 ※ example.com を取得する場合は、下線の example ...
  • ドメインの新規取得: 汎用JPドメインの新規取得
    回答: 汎用JPドメイン(.jp)については、コントロールパネルから取得申し込みができます。 日本国内に住所をもつ個人・団体・組織であれば誰でもいくつでも登録できます。 ■ 新規取得費用 汎用JPドメイン(.jp)の取得費用は下記の通りです。 汎用JPドメイン新規取得費用 1年間有効 8,800円(取得月に課金) KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「ドメイン新規取得」をクリックします。 [ドメイン新規取得]が表示されます。 次の項目を入力します。 ドメイン名 取得を希望するドメイン名の「.jp」より前の部分を入力します。 ※ example.jp を取得する場合は、下線の example の部分を入力します。 ※ 3~63文字以内の文字列を指定してください。 ※ 半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)] が利用できます。 ※ 大文字と小文字の区別はありません。 ※ 日本語ドメイン名を取得する場合は、全角ひらがな・カタカナ・漢字・一部の記号「・」「ヽ」「ヾ」「ゝ」「ゞ」「々」「ー」・半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)] などを使用し、1~15文字以内の文字列を指定してください。 汎用JP 「.jp」にチェックを入れます。 入力したドメインがすでに登録されていないか、「ドメインチェック」をクリックします。 ドメインが取得可能な場合は、取得可否の項目に「取得可能」と表示されます。 取得するドメイン名にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 ※ すでに登録されているドメインの場合、取得可否の項目に「取得できません」と表示されます。 「取得できません」と表示された場合は、他のドメインの取得をご検討ください。 「登録者情報」入力画面が表示されます。 次の項目を入力します。 WHOIS マークのついた項目は ...
  • ドメインの新規取得: 都道府県型JPドメインの新規取得
    回答: 都道府県型JPドメイン(.[アルファベット表記の都道府県名].jp/.[日本語表記の都道府県名].jp)については、コントロールパネルから取得申し込みができます。 日本国内に住所をもつ個人・団体・組織であれば誰でもいくつでも登録できます。 ※ 「例.東京.jp」と「例.tokyo.jp」の両方を取得する場合、「例.東京.jp」と「例.tokyo.jp」の管理指定事業者および登録者は、ドメイン名登録時には一致する必要があります。ドメイン名に紐づく登録者情報の内容(登録者名とE-Mail)が一致していることが条件となります。 ■ 新規取得費用 都道府県型JPドメイン(.[アルファベット表記の都道府県名].jp/.[日本語表記の都道府県名].jp)の取得費用は下記の通りです。 都道府県型JPドメイン新規取得費用 1年間有効 8,800円(取得月に課金) KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「ドメイン新規取得」をクリックします。 [ドメイン新規取得]が表示されます。 次の項目を入力します。 ドメイン名 取得を希望するドメイン名の「.[アルファベット表記の都道府県名].jp/.[日本語表記の都道府県名].jp」より前の部分を入力します。 ※ example.kyoto.jp を取得する場合は、下線の example の部分を入力します。 ※ 3~63文字以内の文字列を指定してください。 ※ 半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)] が利用できます。 ※ 大文字と小文字の区別はありません。 ※ 日本語ドメイン名を取得する場合は、全角ひらがな・カタカナ・漢字・一部の記号「・」「ヽ」「ヾ」「ゝ」「ゞ」「々」「ー」・半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)] などを使用し、1~15文字以内の文字列を指定してください。 都道府県JP 都道府県JPのをクリックすると表示される、47都道府県の「.[アルファベット表記の都道府県名].jp/.[日本語表記の都道府県名].jp」のいずれかにチェックを入れます。 入力したドメインがすでに登録されていないか、「ドメインチェック」をクリックします。 ドメインが取得可能な場合は、取得可否の項目に「取得可能」と表示されます。 取得するドメイン名にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 ※ すでに登録されているドメインの場合、取得可否の項目に「取得できません」と表示されます。 ...
  • ドメインの新規取得: CO.JPドメインの新規取得
    回答: CO.JPドメイン(.co.jp)については、コントロールパネルから取得申し込みができます。 申し込みいただく前に、取得資格かあるかどうかご確認ください。⇒ CO.JPドメインの対象を確認 ■参考URL JPRS > 「co.jp」のドメイン名を貴社のホームページ・メールアドレスに。: http://nippon-kigyo.jp/ ■ 新規取得費用 CO.JPドメイン(.co.jp)の取得費用は下記の通りです。 CO.JPドメイン新規取得費用 1年間有効 8,800円(取得月に課金) KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「ドメイン新規取得」をクリックします。 [ドメイン新規取得]が表示されます。 次の項目を入力します。 ドメイン名 取得を希望するドメイン名の「.co.jp」より前の部分を入力します。 ※ example.co.jp を取得する場合は、下線の example の部分を入力します。 ※ 3~63文字以内の文字列を指定してください。 ※ 半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)] が利用できます。 ※ 大文字と小文字の区別はありません。 属性JP 「.co.jp」にチェックを入れます。 入力したドメインがすでに登録されていないか、「ドメインチェック」をクリックします。 ドメインが取得可能な場合は、取得可否の項目に「取得可能」と表示されます。 取得するドメイン名にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 ※ すでに登録されているドメインの場合、取得可否の項目に「取得できません」と表示されます。 ...
  • ドメインの新規取得: OR.JPドメインの新規取得
    回答: OR.JPドメイン(.or.jp)については、コントロールパネルから取得申し込みができます。 申し込みいただく前に、取得資格かあるかどうかご確認ください。⇒ OR.JPドメインの対象を確認 ■ 新規取得費用 OR.JPドメイン(.or.jp)の取得費用は下記の通りです。 OR.JPドメイン新規取得費用 1年間有効 8,800円(取得月に課金) KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「ドメイン新規取得」をクリックします。 [ドメインの新規取得]が表示されます。 次の項目を入力します。 ドメイン名 取得を希望するドメイン名を入力します。 ※ example.or.jp を取得する場合は、下線の example の部分を入力します。 ※ 3~63文字以内の文字列を指定してください。 ※ 半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)] が利用できます。 ※ 大文字と小文字の区別はありません。 属性JP 「.or.jp」にチェックを入れます。 入力したドメインがすでに登録されていないか、「ドメインチェック」をクリックします。 ドメインが取得可能な場合は、取得可否の項目に「取得可能」と表示されます。 取得するドメイン名にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 ※ すでに登録されているドメインの場合、取得可否の項目に「取得できません」と表示されます。 「取得できません」と表示された場合は、他のドメインの取得をご検討ください。 「登録者情報」入力画面が表示されます。 次の項目を入力します。 WHOIS マークのついた項目は Whois ...
  • ドメインの新規取得: .kyotoドメインの新規取得
    回答: .kyotoドメイン(.kyoto)については、コントロールパネルから取得申し込みができます。 ■ 新規取得費用 .kyotoドメイン(.kyoto)の取得費用は下記の通りです。 .kyotoドメイン新規取得費用 1年間有効 8,800円(取得月に課金) KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「ドメイン新規取得」をクリックします。 [ドメインの新規取得]が表示されます。 次の項目を入力します。 ドメイン名 取得を希望するドメイン名の「.kyoto」より前の部分を入力します。 ※ example.kyoto を取得する場合は、下線の example の部分を入力します。 ※ 3~63文字以内の文字列を指定してください。 ※ 半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)] が利用できます。 ※ 大文字と小文字の区別はありません。 .kyoto 「.kyoto」にチェックを入れます。 入力したドメインがすでに登録されていないか、「ドメインチェック」をクリックします。 ドメインが取得可能な場合は、取得可否の項目に「取得可能」と表示されます。 取得するドメイン名にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 ※ すでに登録されているドメインの場合、取得可否の項目に「取得できません」と表示されます。 「取得できません」と表示された場合は、他のドメインの取得をご検討ください。 「登録者情報」入力画面が表示されます。 次の項目を入力します。 WHOIS マークのついた項目は Whois 情報としてインターネット上に公開されます。 登録者情報 組織名称 ・法人の場合には、法人名を入力します。 ...
  • ドメインの移管: gTLDドメイン(.com .net) - レジストラ変更
    回答: gTLDドメイン(.com .net)については、ICANN公認の「レジストラ」であるカゴヤ・ジャパン株式会社にて管理をいたします。 お客様が他社で取得された gTLDドメイン(.com .net)の当社への移管をご希望の場合は、下記の手順でレジストラ変更手続きを行います。 レジストラ変更の流れ レジストリ ICANN から認定を受け、ドメイン名 および ネームサーバー情報 のデータベース管理や整備をする管理組織のことです。 ドメイン(.com .net)ごとにレジストリが存在します。 ※ ICANN :インターネットにおけるドメイン名、IPアドレスなどの調整をする非営利法人 レジストラ ICANN から認定受け、ドメイン名登録をする組織のことです。 ■レジストラ変更手順 現在のドメインの登録会社 (移管元レジストラ) に連絡し、レジストラーロックの解除と AuthCode(認証コード)の発行をご依頼ください。 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 ...
  • ドメインの移管: gTLDドメイン(.org .info .biz) - レジストラ変更
    回答: gTLDドメイン(.org .info .biz)については、当社のパートナーである お名前.com にて管理をいたします。 お客様が他社で取得された gTLDドメイン(.org .info .biz)の当社への移管をご希望の場合は、下記の手順でレジストラ変更手続きを行います。 レジストラ変更の流れ レジストリ ICANN から認定を受け、ドメイン名 および ネームサーバー情報 のデータベース管理や整備をする管理組織のことです。 ドメイン(.org、 .biz、.info)ごとにレジストリが存在します。 ※ ICANN :インターネットにおけるドメイン名、IPアドレスなどの調整をする非営利法人 レジストラ ICANN から認定受け、ドメイン名登録をする組織のことです。 ■レジストラ変更手順 現在のドメインの登録会社 (移管元レジストラ) に連絡し、レジストラーロックの解除と AuthCode(認証コード)の発行をご依頼ください。 KAGOYA CLOUD Portal ...
  • ドメインの移管: JPドメイン - 指定事業者変更
    回答: JPドメインについては、JPRSの「指定事業者」であるカゴヤ・ジャパン株式会社にて管理をいたしております。 お客様が他社で取得されたJPドメインの当社への移管をご希望の場合は、下記の手順で指定事業者変更手続きを行います。 指定事業者変更の流れ JPRS JPドメインのレジストリです。 ※ レジストリ :ICANN から認定を受け、ドメイン名 および ネームサーバー情報 のデータベース管理や整備をする管理組織のことです。 ※ ICANN :インターネットにおけるドメイン名、IPアドレスなどの調整をする非営利法人 指定事業者 JPRS から認定受け、JPドメイン名登録申請やDNS登録申請などの取り次ぎをする事業者のことです。 ■指定事業者変更手順 ドメインを管理している現在の指定事業者に、当社へドメインを移管する旨と、指定事業者変更申請があれば承認するよう連絡します。 現在の指定事業者様の承認がない場合には、指定事業者変更が完了できませんのでご注意ください。 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「ドメイン移管」をクリックします。 [ドメイン移管]が表示されます。 次の項目を入力します。 ドメイン名 移管するドメイン名を入力します。 ※ 半角英数字[aからz、AからZ、0から9、-(ハイフン)、.(ドット)] が利用できます。 ※ 大文字と小文字の区別はありません。 入力が完了したら、「ドメインチェック」をクリックします。 確認画面が表示されます。 ※ 現在のドメイン管理会社に「指定事業者変更」の旨を伝えておく必要があります。 ※ ...
  • ドメインの管理: Whois 情報の確認
    回答: Whois 情報を確認することで、ドメイン名の登録者名や有効期限などを確認できます。 Whois 情報は、当社コントロールパネルから確認できます。 Whois とは Whois とは、ドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。Whois に登録された情報は、トラブルが発生した際に、利用者同士が連絡しあい、自律的にトラブルを解決できるように公開されています。 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 登録されているドメイン名が一覧で表示されます。 Whois情報を確認したいドメイン名の「Whois」をクリックします。 whoisコマンドの実行結果が表示されます。 Domain Name ドメイン名 Registrar レジストラ名(ドメインの管理会社名) Whois Server Whois 情報が登録されているサーバー名 Referral URL レジストラのURL Name Server ドメインに設定されているネームサーバー名 Status ドメイン名のステータス 例)clientTransferProhibited:レジストラ変更が禁止されています ※ レジストリ・レジストラにより、ステータスの表記は異なります。 Updated Date whois情報に変更を加えた最後の日づけ Creation Date 登録日 Expiration ...
  • ドメインの管理: 設定中のドメインを複数アカウントで使用する
    回答: カゴヤで設定中のドメインを当社サービスの他のアカウントで使用する場合は、事前にドメインを管理中のアカウントのコントロールパネルからドメインを使用したいアカウントに対し設定権限を付与する必要があります。 ※ 当社の他のサービスのアカウントで設定中のドメインを使用したい場合はこちら ■ KAGOYA Internet Routing レンタルサーバー(共用サーバー・マネージド専用サーバー・メールプラン・DBプラン・WordPress 専用サーバー・desknet's NEO 専用プラン)のアカウントで設定中のドメインを使用したい場合はこちらのマニュアルをご確認ください。 設定権限を付与する ■ マネージドクラウド for WEB マネージドクラウド for WEB のアカウントで設定中のドメインを使用したい場合はこちらのマニュアルをご確認ください。 設定権限を付与する ■ KAGOYA CLOUD VPS KAGOYA CLOUD VPS のアカウントで設定中のドメインを使用したい場合はこちらのマニュアルをご確認ください。 設定権限を付与する ■ KAGOYA 専用サーバー ...
  • DNSレコードの設定: Aレコードの設定
    回答: 独自ドメインのネームサーバーに当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を登録している場合、 特定の「ホスト名 + ドメイン名」が参照する、IPアドレスを指定できます。 あらかじめ確認が必要なもの ご利用中のインスタンスのIPアドレス 特定の「ホスト名 + ドメイン名」 ■Aレコードの設定方法 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。登録されているドメイン名が表示されます。 Aレコードを設定するドメイン名をクリックします。 当社で取得した独自ドメイン、当社に移管した独自ドメインが一覧で表示されます。 他社で管理されている独自ドメインを利用する場合は、事前に当社コントロールパネルから登録が必要です。 他社管理ドメインの登録 登録されているDNSレコードが表示されます。 「レコード追加」をクリックします。 DNSレコード追加画面が表示されます。 「TYPE」のプルダウンより「A」を選択します。 Aレコードの設定画面が表示されます。 www.example.jp を インスタンスのIPアドレス 123.456.789.123 に割り当てる場合は下記を入力します。 ホスト名 www IPアドレス IPアドレス 入力が完了したら「登録」をクリックします。 確認画面が表示されるので「はい」をクリックします。 設定が完了すると「登録済みのレコード」にAレコードが登録されます。 ■Aレコードの削除 ...
  • DNSレコードの設定: MXレコードの設定
    回答: 独自ドメインのネームサーバーに当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を登録している場合、特定の@「ホスト名 + ドメイン名」宛てのメールの配送先であるメールサーバーを指定できます。 あらかじめ確認が必要なもの メールサーバーのホスト名 メールアドレスの@以下の「ホスト名+ドメイン名」 ■MXレコードの設定方法 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。登録されているドメイン名が表示されます。 MXレコードを設定するドメイン名をクリックします。 当社で取得した独自ドメイン、当社に移管した独自ドメインが一覧で表示されます。 他社で管理されている独自ドメインを利用する場合は、事前に当社コントロールパネルから登録が必要です。 他社管理ドメインの登録 登録されているDNSレコードが表示されます。 「レコード追加」をクリックします。 MXレコードを設定するにはメールサーバーのホスト名が必要です。 事前に、メールサーバーの「ホスト名 + ドメイン名」が参照する IPアドレスを Aレコードで指定してください。 Aレコードの設定 DNSレコード追加画面が表示されます。 「TYPE」のプルダウンより「MX」を選択します。 MXレコードの設定画面が表示されます。 @example.jp 宛てのメールを mail.example.jp というメールサーバーに配信する場合は下記を入力をします。 ホスト名 空欄 ドメイン名 mail.example.jp 優先度 0 ...
  • DNSレコードの設定: NSレコードの設定
    回答: 独自ドメインのネームサーバーに当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を登録している場合、特定の「ホスト名 + ドメイン名」を、別のネームサーバーで名前解決する事ができます。 あらかじめ確認が必要なもの 特定の「ホスト名 + ドメイン名」 名前解決を行うネームサーバー名 ■NSレコードの設定方法 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 登録されているドメイン名が表示されます。 NSレコードを設定するドメイン名をクリックします。 当社で取得した独自ドメイン、当社に移管した独自ドメインが一覧で表示されます。 他社で管理されている独自ドメインを利用する場合は、事前に当社コントロールパネルから登録が必要です。 他社管理ドメインの登録 登録されているDNSレコードが表示されます。 「レコード追加」をクリックします。 DNSレコード追加画面が表示されます。 「TYPE」のプルダウンより「NS」を選択します。 NSレコードの設定画面が表示されます。 blog.example.jp の名前解決を ns.example.net に割り当てる場合は下記を入力をします。 ホスト名 blog ドメイン名 ns.example.net 入力が完了したら「登録」をクリックします。 確認画面が表示されるので「はい」をクリックします。 設定が完了すると「登録済みのレコード」にNSレコードが登録されます。 ■NSレコードの削除 blog.example.jp ...
  • DNSレコードの設定: CNAMEレコードの設定
    回答: 独自ドメインのネームサーバーに当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を登録している場合、 特定の「ホスト名 + ドメイン名」を、別名の「ホスト名+ドメイン名」のURLに転送できます。 あらかじめ確認が必要なもの 特定の「ホスト名 + ドメイン名」 転送したい別名の「ホスト名+ドメイン名」 ■CNAMEレコードの設定方法 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 登録されているドメイン名が表示されます。 CNAMEレコードを設定するドメイン名をクリックします。 当社で取得した独自ドメイン、当社に移管した独自ドメインが一覧で表示されます。 他社で管理されている独自ドメインを利用する場合は、事前に当社コントロールパネルから登録が必要です。 他社管理ドメインの登録 登録されているDNSレコードが表示されます。 「レコード追加」をクリックします。 ※ このマニュアルでは、www.example.jp を example.jp に転送する設定を例にご案内します。 この場合は、事前に example.jp ...
  • DNSレコードの設定: TXTレコードの設定
    回答: 独自ドメインのネームサーバーに当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を登録している場合、 特定の「ホスト名+ドメイン名」に、テキスト情報(文字列)を関連付け、送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)などを設定できます。 このマニュアルでは、送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)の設定方法をご説明いたします。 あらかじめ確認が必要なもの メールアドレスの@以下の「ホスト名+ドメイン名」 メール送信に使用するサーバーのIPアドレス ■TXTレコードの設定方法 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。 登録されているドメイン名が表示されます。 TXTレコードを設定するドメイン名をクリックします。 当社で取得した独自ドメイン、当社に移管した独自ドメインが一覧で表示されます。 他社で管理されている独自ドメインを利用する場合は、事前に当社コントロールパネルから登録が必要です。 他社管理ドメインの登録 登録されているDNSレコードが表示されます。 「レコード追加」をクリックします。 DNSレコード追加画面が表示されます。 「TYPE」のプルダウンより「TXT」を選択します。 TXTレコードの設定画面が表示されます。 @example.jp のメール送信用サーバーとして、メールサーバー(IPアドレス:123.456.789.123)を認証する場合は下記を入力をします。 ホスト名 空欄 値 v=spf1 ip4:123.456.789.123 include:example.jp ~all ※ 250文字以内で任意の文字列を記述してください。 ※ 「"」は記述できません。 ※ ...

もっとも人気の検索: