高度な検索

66 件の検索結果

ページ 1 - 4 ページ

  • KAGOYA CLOUD Portal: Portal にログインする
    回答: KAGOYA CLOUD Portal にログインします。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから操作するメニューを選択できます。 マニュアル ご契約者情報 サブアカウント作成 パスワード変更 ...
  • KAGOYA CLOUD Portal: サブアカウントの追加
    回答: 作業担当者やエンドユーザー用に、あらかじめ許可した画面操作のみが可能な「サブアカウント」を作成できます。 サブアカウントでログインした場合、契約者アカウントがあらかじめ許可した画面のみが表示されます。 ※ サブアカウントには契約者アカウントと同等の権限が付与されます。 サブアカウントから操作した内容はすべてのアカウントに影響するため、取扱いには十分ご注意ください。 KAGOYA CLOUD Portal にログインします。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「サブアカウント作成」をクリックすると、[サブアカウント情報]が表示されます。 サブアカウントがない場合は「サブアカウントがありません」と表示されます。 サブアカウントを追加するには、右上の「追加」をクリックします。 [サブアカウント追加]が表示されます。 次の項目を入力します。 サブアカウント 希望するサブアカウント名を入力します。 ※ 半角英数字[aからz、AからZ、0から9]とハイフン[ - ]が利用できます。 ※ 先頭に数字は使用できません。また、ハイフン[ - ]で終了することもできません。 メールアドレス サブアカウントを使用する方が受信できるメールアドレスを入力します。 ※ サブアカウントを追加すると、このメールアドレス宛てにパスワード設定用のURLがメールで届きます。 備考 必要に応じてメモを入力できます。 表示可能メニュー サブアカウントでログインを許可するサービス、ログイン後に表示するメニューを選択します。 入力が完了したら、「確認」をクリックします。 確認画面が表示されます。 入力内容に間違いなければ「追加」をクリックします。 [サブアカウント情報]が表示されます。 [登録日]に「登録処理待ち」と表示されます。 サポートセンターより手順 4. で入力したメールアドレス宛てに下記のメールが届きます。 件名:【KAGOYA】KAGOYA CLOUD Portal ...
  • コンテナサービス: オブジェクトストレージのお申し込み
    回答: KAGOYA CLOUD Portal にログインします。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「オブジェクトストレージ」をクリックします。 [利用規約の確認]が開きます。 「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 オブジェクトストレージ コントロールパネルが開きます。 [API情報]が表示されます。 ...
  • コンテナサービス: オブジェクトストレージ コントロールパネル にログインする
    回答: オブジェクトストレージ コントロールパネル にログインする オブジェクトストレージ コントロールパネルにログインします。 ◇オブジェクトストレージ コントロールパネル 上記リンクをクリックすると オブジェクトストレージ コントロールパネルのログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 オブジェクトストレージ コントロールパネルが開きます。 [API情報]が表示されます。 KAGOYA CLOUD Portal からログインする KAGOYA CLOUD Portal にログインします。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. ...
  • コンテナサービス: API情報を確認する
    回答: ※ APIやサードパーティ製ツールによるオブジェクトストレージの使い方に関しては、サポートいたしません。 オブジェクトストレージ コントロールパネルにログインします。 ◇オブジェクトストレージ コントロールパネル 上記リンクをクリックすると オブジェクトストレージ コントロールパネルのログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 オブジェクトストレージ コントロールパネルが開きます。 [API情報]が表示されます。 以下の情報を確認できます。 アクセスキーID オブジェクトストレージへの認証に必要なアクセスキーIDを確認できます。 ...
  • コンテナサービス: GUI でオブジェクトストレージに接続し、バケットを作成し、アップロードする
    回答: このマニュアルでは WinSCP を使ってオブジェクトストレージにデータをアップロードする方法をご案内します。 API情報の確認 オブジェクトストレージ コントロールパネルにログインします。 ◇オブジェクトストレージ コントロールパネル 上記リンクをクリックすると オブジェクトストレージ コントロールパネルのログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 オブジェクトストレージ コントロールパネルが開きます。 [API情報]が表示されます。 以下の情報を確認します。 アクセスキーID オブジェクトストレージへの認証に必要なアクセスキーIDを確認します。 ...
  • コンテナサービス: 課金明細と利用状況を確認する
    回答: オブジェクトストレージ コントロールパネルにログインします。 ◇オブジェクトストレージ コントロールパネル 上記リンクをクリックすると オブジェクトストレージ コントロールパネルのログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 オブジェクトストレージ コントロールパネルが開きます。 左メニューから「課金明細」をクリックすると[課金明細]が表示されます。 月ごとの課金明細の内訳を確認できます。 プルダウンメニューから使用年月を選択すると該当月の課金明細を確認できます。 ※ 月途中の場合は、その時点までの明細を確認いただけます。 ストレージ平均使用量 利用量 1時間あたりの月間平均使用容量(GB)「1時間ごとの使用容量の月間合計÷その月の時間数(例:31日であれば、744時間)」 料金 50GBまでは一律月額350円 50GBを超える場合は、利用量× 7.0 円 データ転送OUT 利用料 その月にインターネット経由でダウンロードされたデータ転送量合計(GB) 料金 10GBまでは無料 10GBを超える場合は、超過分10GBごとに108円 [利用量]の内訳は左メニューから「利用状況」をクリックします。 月ごとの利用状況を確認できます。 プルダウンメニューから使用年月を選択すると該当月の利用状況を確認できます。 ストレージ 平均使用量 その日1時間あたりの平均使用容量(GB)「1時間ごとの使用容量の合計÷24時間」 オブジェクト数 保存されているオブジェクト数 インターネット経由 IN その日にインターネット経由でアップロードされたデータ転送量合計(GB) OUT その日にインターネット経由でダウンロードされたデータ転送量合計(GB) ...
  • コンテナサービス: オブジェクトストレージを解約する
    回答: オブジェクトストレージ コントロールパネルにログインします。 ◇オブジェクトストレージ コントロールパネル 上記リンクをクリックすると オブジェクトストレージ コントロールパネルのログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 オブジェクトストレージ コントロールパネルが開きます。 左メニューから「解約」をクリックします。 「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れ「解約」をクリックします。 確認画面が表示されます。 左メニューから「解約」をクリックします。 解約するとストレージに保存されたバケット、ファイル等は削除され復元できません。 よろしければ「OK」をクリックします。 解約が完了すると「解約が完了しました。」と表示されます。 「閉じる」をクリックします。 オブジェクトストレージを解約しても、KAGOYA CLOUD Portal にはログインできますので、ご入用の際は、 KAGOYA CLOUD Portal から再度お申し込みください。 ご利用料金の最終お支払い KAGOYA CLOUDではご利用料金を後払いでお支払いいただいております。 クレジットカードでお支払い ...
  • コンテナサービス: コンテナサービスのお申し込み
    回答: KAGOYA CLOUD Portal にログインします。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「コンテナサービス」をクリックします。 [利用規約の確認]が開きます。 「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 コンテナサービス コントロールパネルが開きます。 「Rancherの構成を選択してください。」が表示されます。 ■ 無料トライアル付きプラン 「管理サーバー1台」+「ノード1台」の最小構成を1か月間無料で利用できます。 ※ ご利用には GitHub アカウントによる認証が必要です。 ※ 無料トライアル期間は申込日から翌月申込日付の前日までです。 ※ トライアル期間終了までに解約されない場合、自動で有償プランに切り替わります。 ※ 有償プランに切り替わる1週間前に通知メールが届きます。 ※ 無料トライアル期間中でも有償プランに切替えできます。⇒ 有償プランに切替える ※ 有償プランに切り替わるとノードの台数やスペックを変更できます。 ※ 有償プランに切り替わっても管理サーバーのスペック変更はできません。より高いスペックの管理サーバーをご希望の場合はセットアップ時にセレクトプランを選択してください。 無料トライアル付きプラン ...
  • コンテナサービス: GitHub アカウントの登録
    回答: 「無料トライアル付きプラン」の利用には GitHub アカウントによる認証が必要です。GitHub アカウントをお持ちでない場合は事前にアカウント登録が必要です。 GitHub アカウント登録画面を開きます。 https://github.com/join?source=header-home 「Join GitHub」が開きます。 次の項目を指定します。 Username Email address Password 表示されたパズルを解いて実在の人物であることを証明し「Create an account」をクリックします。 「Welcome to GitHub」が開きます。 「Free」 を選択し「Continue」をクリックします。 登録したメールアドレスに次のメールが届きます。 件名: [GitHub] Please verify your email address. FROM: GitHub noreply@github.com メール本文中の「Verify email address」をクリックします。 以上で GitHub アカウントの登録は完了です。⇒ 「無料トライアル付きプラン」を選択する 手順 ...
  • コンテナサービス: 「セレクトプラン(有償プラン)」を選択する
    回答: ← コンテナサービスのお申し込み 「セレクトプラン」を選択します。 「サーバーの構成を選択してください。」と表示されます。 次の項目を入力します。 Rancher管理サーバーのスペック 管理サーバーのスペックを選択します。 ※ セットアップ完了後に管理サーバーのスペックは変更できません。 クラスター名 クラスター名を指定します。 ノードのスペック ノードのスペックとノードロールを選択します。 ※ ノードロールを etcd / Control / Worker から選択します(複数選択可)。 ※ Kubernetes ではクラスタの冗長性を高めるため、ノードは3台以上の奇数台を推奨しています。 ※ セットアップ完了後にノードの台数やスペックを変更できます。 「この構成でセットアップを行う」をクリックします。 セットアップ処理が開始されます。 処理が完了するまで数分程度お待ちください。 処理が完了すると、RancherGUIへのアクセスURL、ID、一時パスワードがメールで届きます。 セットアップが完了すると、Rancher管理サーバーとノードの一覧が表示されます。 「Rancherを表示」をクリックすると、RancherGUIにアクセスできます。メールで届いたID、一時パスワードでログインできます。 以上でセットアップ完了です。 ...
  • コンテナサービス: 「無料トライアル付きプラン」を選択する
    回答: ← コンテナサービスのお申し込み 「無料トライアル付きプラン」を選択します。 GitHubの認証画面が表示されます。 GitHub アカウントをすでにお持ちの場合はユーザー名とパスワードを入力し「Sign in」をクリックします。 ※ GitHub アカウントをお持ちでない場合 「Create an account.」をクリックし、GitHub アカウントを登録してください。⇒ GitHub アカウントの登録 「Authorize Container-CP-Staging」画面が表示されます。 「Authorize kagoya-container」をクリックします。 コンテナサービス コントロールパネルの画面に戻り、セットアップ処理が開始されます。 処理が完了するまで数分程度お待ちください。 処理が完了すると、RancherGUIへのアクセスURL、ID、一時パスワードがメールで届きます。 セットアップが完了すると、Rancher管理サーバーとノードの一覧が表示されます。 「Rancherを表示」をクリックすると、RancherGUIにアクセスできます。メールで届いたID、一時パスワードでログインできます。 以上でセットアップ完了です。 ...
  • コンテナサービス: コンテナサービス コントロールパネル にログインする
    回答: コンテナサービス コントロールパネルにログインします。 ◇コンテナサービス コントロールパネル 上記リンクをクリックすると コンテナサービス コントロールパネルのログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 コンテナサービス コントロールパネルが開きます。 KAGOYA CLOUD Portal からログインする KAGOYA CLOUD Portal にログインします。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。※ ログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「コンテナサービス」をクリックします。 コンテナサービス コントロールパネルが開きます。 ...
  • コンテナサービス: 有償プランに切替える
    回答: 無料トライアル期間中はノードの追加、スペック変更を行えません。ノードの台数やスペックの変更をご希望の場合は有償プランに切替える必要があります。 ※ 有償プランに切替えた当日から課金が発生します。 ※ 有償プランへの切替えをしてもノードは稼働したまま停止しません。 無料トライアル付きプランを有償プランに切替えた場合 スペック 利用料金 管理サーバー 4コア / 4GB / 50GB 月額46,200円(日額1,650円) ノード1台 2コア / 2GB / 50GB ※ ノード台数やスペックの変更に応じて利用料金は変更します。 コンテナサービス コントロールパネルにログインします。 ◇コンテナサービス コントロールパネル 画面右上の「有償プランに切替」をクリックします。 確認画面が表示されます。 有償プランに切替えてよろしければ「OK」をクリックします。 有償プランに切替えが完了すると「有償への切替が完了しました」と表示されます。 「OK」をクリックします。 ...
  • コンテナサービス: ノードを追加する
    回答: コンテナサービス コントロールパネルにログインします。 ◇コンテナサービス コントロールパネル 「+ノード追加」をクリックします。 ノード追加が開きます。 次の項目を入力します。 スペック スペックを選択します。 ※ 選択したスペックに応じて利用料金が追加となります。 ノードロール ノードロールを etcd / Control / Worker から選択します。 ※ 複数選択可 追加先のクラスター ノードを追加するクラスターを選択します。 「ノード追加」をクリックします。 ノードの追加が完了すると、ノート一覧に追加したノードが表示されます。 ...
  • コンテナサービス: ノードのスペックを変更する
    回答: コンテナサービス コントロールパネルにログインします。 ◇コンテナサービス コントロールパネル スペックを変更したいノード名をクリックします。 ノード情報が開きます。 「スペック変更」をクリックします。 「スペック変更」が開きます。 変更するスペックを選択し、「スペック変更」をクリックします。 確認画面が表示されます。 電源を停止してスペックを変更します。よろしければ「OK」をクリックします。 スペック変更が完了すると、ノート情報に変更したスペックが表示されます。 ...
  • コンテナサービス: コンテナサービスを解約する
    回答: コンテナサービス コントロールパネルにログインします。 ◇コンテナサービス コントロールパネル 左メニューから「解約」をクリックします。 「解約」が開きます。 「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れ「解約」をクリックします。 確認画面が表示されます。 解約するとノード等のリソースはすべて削除され、復元できません。 よろしければ「OK」をクリックします。 解約が完了すると「解約が完了しました。」と表示されます。 「閉じる」をクリックします。 コンテナサービスを解約しても、KAGOYA CLOUD Portal にはログインできますので、ご入用の際は、 KAGOYA CLOUD Portal から再度お申し込みください。 ご利用料金の最終お支払い KAGOYA CLOUDではご利用料金を後払いでお支払いいただいております。 クレジットカードでお支払い カード明細のご利用日が「解約完了月末日」のものが最終お支払いとなります。 ...
  • 他社管理ドメインの利用: 他社管理ドメインの登録
    回答: KAGOYA CLOUD Portal で、他社で管理中の独自ドメインも、KAGOYA CLOUD Portal から登録をすることで、当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を利用できます。 KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「他社管理ドメイン登録」をクリックします。 [他社管理ドメイン登録]が開きます。「追加」をクリックします。 ドメイン名を入力して「登録」をクリックします。 登録したドメイン名が追加されます。 DNSレコードの設定 登録したドメインを KAGOYA CLOUD で利用するには、DNSレコードの設定が必要です。 DNSレコードを設定したのち、ドメインのネームサーバー情報を当社ネームサーバーに変更することで、コントロールパネルから設定した DNSレコードが有効になります。 DNSレコードの設定 ネームサーバー情報の変更 ...
  • 他社管理ドメインの利用: 他社管理ドメインの登録解除
    回答: KAGOYA CLOUD Portal を開きます。 ◇KAGOYA CLOUD Portal 上記リンクをクリックすると KAGOYA CLOUD Portal のログイン画面が表示されます。 アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。 [ドメイン]が開きます。「ドメインの追加・申請」をクリックします。 「他社管理ドメイン登録」をクリックします。 [他社管理ドメイン登録]が開きます。 設定されているドメインが一覧で表示されます。example.jp のゾーン情報を削除するときは、example.jp の右側にある「削除」をクリックします。 [ 他社管理ドメイン登録解除 ]が開きます。 次の項目のいずれかを選択します ドメイン管理を放棄 今後当社サービスで利用しない場合はこちらにチェックを入れます。 ドメイン管理を他アカウントへ移譲 今後当社サービスの他のアカウントで管理したい場合はこちらにチェックを入れ、プルダウンメニューに表示されるアカウントから移譲先を選択します。 ※ プルダウンメニューに移譲先アカウント名が表示されない場合は、事前に設定権限付与アカウントを設定してください。⇒ 設定中のドメインを複数アカウントで使用する 入力したら「決定」をクリックします。 確認画面が表示されます。 ドメインの登録を解除してよろしければ「OK」をクリックします。 他社管理ドメイン登録画面でドメインが削除されたのを確認します。 ...
  • 他社管理ドメインの利用: ネームサーバー情報の変更
    回答: ドメインのネームサーバー情報を当社ネームサーバー情報に変更すると、コントロールパネルから設定した DNSレコードが有効になります。ネームサーバー情報の変更は、現在ドメインを管理しているレジストラ(ドメインの登録管理会社)にご依頼ください。 ネームサーバー情報を変更する前に、コントロールパネルからDNSレコードの設定をお済ませください。⇒ DNSレコードの設定 当社ネームサーバー情報 ネームサーバー1 ns0.kagoya.net※ IPアドレスが必要な場合は、210.134.60.132 ネームサーバー2 ns1.kagoya.net※ IPアドレスが必要な場合は、203.142.206.132 ネームサーバーのDNS情報が各プロバイダーのDNSサーバーに反映されるまで、数分から数時間程度の時間がかかる場合もあります。 DNS情報の反映が完了するまでの間にサイトへアクセスがあった際には     DNS情報反映前 → 旧サーバーを参照     DNS情報反映後 → 当社のサーバーを参照 となります。DNS情報が行き渡るまでは旧サーバーと当社サーバーの双方にアクセスが発生します。 ※ DNS情報が行き渡るまでにCGI等による書き込みがありますと、旧サーバーのファイルに書き込まれるなど一部不整合が起きる場合があります。 ※ DNS情報が行き渡るまでに以前のレンタルサーバーをご解約されますと、一時的にホームページが見えなくなる期間が発生します。 ドメインの移管 ドメインの管理を当社に移す場合は、ドメイン移管手続きが必要です。 ドメインを当社に移管いただくと、サーバーとドメインの両方の管理を当社が行いますので、各種手続きやお支払いが便利になります。 当社へのドメイン移管をご希望の場合は、当社コントロールパネルよりドメイン移管申請を行ってください。 移管にかかる日数は、1~10営業日となります。 gTLDドメイン(.com .net) - レジストラ変更 gTLDドメイン(.org ...

もっとも人気の検索: