TCP wrapper(hosts.allow,hosts.deny) を設定後、IPアドレスが変わったため、接続できなくなった


TCP wrapper(hosts.allow,hosts.deny) を利用して接続元IPアドレスでアクセス制限した後、SSH接続できなくなった場合は、当社コントロールパネルから以下のコマンドを実行することで、正しい接続元IPアドレスを hosts.allow に追加することができます。

?

# echo ALL:203.0.113.0 >> /etc/hosts.allow
  • 203.0.113.0 は例示用のIPアドレスです。正しい接続元IPアドレスに置き換えてください。

?

コントロールパネルからのコマンド実行方法につきましては、下記のオンラインマニュアルをご確認ください。

KVM > コンソール

OpenVZ > コマンド実行

?

コマンド実行後、SSH接続できましたら、hosts.allow を修正してください。

評価点数: 0 (0 件の投票)