リソースモニターの確認

ご利用中のサーバーの システム負荷、CPU使用率、メモリー使用量、ディスク使用率、トラフィックを、当社コントロールパネルからリアルタイムにグラフ表示で確認できます。

リソースモニターの確認

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム設定 > リソースモニター

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    右上メニューの システム設定 より[リソースモニター]をクリックします。
    右上メニューの システム設定 より「リソースモニター」をクリック

  4.  

  5. [リソースモニター]が表示されます。
    リソースモニター
    ロードアベレージ、CPU使用率、メモリー使用量、HDD使用量、トラフィック をグラフ表示で確認できます。

    確認項目の選択

    確認したい項目にチェックを入れることで、表示項目を絞り込めます(複数選択可)。
    リソースモニター

    • 複数台構成の場合は、確認したいサーバーを選択できます。
    • 例示した 123.456.789.123 は、実在しないIPアドレスです。IPアドレスは、「.(ドット)」で区切られた 0 ~ 255 の数字4組で表記されます。

    また、表示するグラフの期間を Daily(日)/Weekly(週)/Monthly(月)/Yearly(年) から選択できます。
    リソースモニター
    タブメニューから、Daily/Weekly/Monthly/Yearly のいずれかをクリックすると、該当の期間のグラフを確認できます。

  6.  

  7. 各項目で表示するグラフの内容は次の通りです。

    ■ ロードアベレージ

    システム負荷が Load average としてグラフ表示されます。
    ロードアベレージ

    Load average とは、CPUにロードされている(実行待ちの状態にある)プロセス数の平均値です。この値が大きければ負荷が大きく、小さければ負荷が小さいと判断できます。

    おおまかな目安として、Load average の数値が、5 を超えれば、負荷が高めと判断できます。

     

    ■ CPU使用率

    CPU の使用率がグラフ表示されます。
    CPU使用率

    (idle)の割合が多ければ、余裕があると判断できます。
    (idle)の割合が少なければ、余裕がないと判断できます。
    CPUの使用率が高い場合は、スペックアップをご検討ください。

     

    ■ メモリー使用量

    メモリーの使用量がグラフ表示されます。
    メモリー使用量

    (unused)が少なければ、余裕がないと判断できます。
    メモリが足りない場合は、スペックアップをご検討ください。

     

    ■ HDD使用量

    ハードディスクのディスク最大容量に対する使用率がグラフ表示されます。
    HDD使用量

    (/home)が、100% に達する場合は、余裕がないと判断できます。
    HDDの使用率が高い場合は、容量の追加をご検討ください。

     

    ■ トラフィック

    回線帯域の使用量がグラフ表示されます。
    トラフィック

    (bps)が、頭打ちしている場合は、余裕がないと判断できます。
    回線帯域を確保したい場合は、回線スピードの設定をご検討ください。