バックアップサービス

バックアップ

バックアップスケジュールを設定します。
どういったデータを、毎日、毎週(曜日)、毎月(日にち)のいずれの間隔で、何時にバックアップを行い、何世代分を保存しておくかといった、「スケジュール」を設定できます。

複数のサイトを運用している場合、サイトごとにバックアップスケジュールを設定できます。
「サイト管理アカウント」を作成したサイトについては、「サイト管理アカウント」で当社コントロールパネルにログインして変更することもできます。


■ アカウント管理アカウントで設定する

アカウント管理アカウントで当社コントロールパネルにログインした場合は、サイトごとにバックアップスケジュールを設定できます。

■ サイト管理アカウントで設定する

サイト管理アカウントで当社コントロールパネルにログインした場合は、管理しているサイトのバックアップスケジュールを変更できます。

 

アカウント管理アカウントで設定する

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > WEBサイトリスト

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    右上メニューの「Webサイトリスト」をクリックします。
    右上メニューの「Webサイトリスト」をクリックします。

     

  4. [WEBサイトリスト]が表示されます。
    WEBサイトリスト

    上記画像はサムネイル表示です。以下の画面が表示された場合は、リスト表示になっています。
    リスト表示
    サムネイル表示に切り替えるには、サムネイル表示をクリックします。


    バックアップ設定を変更したい「サイト名」をクリックします。

  5.  

  6. [サイト情報]が表示されます。
    サイト情報
    上のタブメニューから[バックアップ]をクリックします。

 

サイト管理アカウントで設定する

  1. サイト管理アカウント専用コントロールパネルにログインします。

    ◇サイト管理アカウント専用コントロールパネル

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとサイト管理アカウント用のログイン画面が表示されます。
    専用管理画面ログイン
    次の項目を入力します。

    ドメイン 「サイト」のドメインを入力します。
    アカウント サイト管理アカウントのIDを入力します。
    パスワード サイト管理アカウントのパスワードを入力します。

    ログインをクリックします。

  4.  

  5. [サイト情報]が表示されます。
    サイト情報
    上のタブメニューから[バックアップ]をクリックします。

 

バックアップスケジュールを設定する

     

  1. [バックアップ]を開きます。
    バックアップ
    「スケジュール」のプラスボタンをクリックします。

  2.  

  3. [スケジュール]が表示されます。
    スケジュール
    バックアップスケジュールを追加するには追加するをクリックします。

  4.  

  5. [スケジュール追加]が表示されます。
    バックアップスケジュールを設定します。

    ■ ファイルをバックアップする場合
    ファイルのバックアップスケジュール追加
    次の項目を入力します。

    スケジュール名 他のバックアップスケジュールと区別するための任意の名前を入力します。
    データ種別 ラジオボタンファイル」にチェックを入れます。
    バックアップ対象 バックアップするディレクトリ・ファイルを追加します。
    ⇒ ディレクトリ・ファイルの追加方法
    • 未指定の場合は、/home/アカウント名/ドメイン名 以下のすべてのデータがバックアップされます。
    実行間隔 毎日、毎週、毎月 のいずれかを選択します。
    • 毎週を選択した場合は、曜日を選択できます。
    • 毎月を選択した場合は、日にちの指定か、月末かどちらかを指定できます。
    時刻 メニューからバックアップを実行する時刻を選択します。
    保存世代数 保存世代数を設定します。
    ⇒ 保存世代数とは?
    • Liteをご利用中の場合、保存世代数は1世代までに制限されます。
    • Proをご利用中の場合、保存世代数に上限はありません。
    結果通知メールアドレス バックアップ処理の結果はメールで通知されます。
    通知先のメールアドレスを入力します。

    ディレクトリ・ファイルの追加方法

    1. バックアップ対象の追加をクリックします。

    2. パスの入力欄が表示されます。
      パスの入力
      バックアップするディレクトリ・ファイルのパスを入力します。

      • バックアップ対象から除外したいディレクトリは右端の削除をクリックすることで削除できます。

    ■ データベースをバックアップする場合
    データベスのバックアップスケジュール追加
    次の項目を入力します。

    スケジュール名 他のバックアップスケジュールと区別するための任意の名前を入力します。
    データ種別 バックアップするデータベースの種別を
    ラジオボタンMySQL」か「ラジオボタンMySQL」のいずれかから選択します。
    バックアップ対象 バックアップするデータベースをプルダウンメニューから選択します。
    • 追加をクリックすると複数のデータベースを選択できます。
    • バックアップ対象から除外したいデータベースは右端の削除をクリックすることで削除できます。
    実行間隔 毎日、毎週、毎月 のいずれかを選択します。
    • 毎週を選択した場合は、曜日を選択できます。
    • 毎月を選択した場合は、日にちの指定か、月末かどちらかを指定できます。
    時刻 メニューからバックアップを実行する時刻を選択します。
    保存世代数 保存世代数を設定します。
    ⇒ 保存世代数とは?
    • Liteをご利用中の場合、保存世代数は1世代までに制限されます。
    • Proをご利用中の場合、保存世代数に上限はありません。
    結果通知メールアドレス バックアップ処理の結果はメールで通知されます。
    通知先のメールアドレスを入力します。

    保存世代数とは?

    保存世代数とは、バックアップデータの保存数をさします。
    保存世代数を「3」として、毎日バックアップを実行した場合は、バックアップデータは3つまで保存できるので、3日前の分までバックアップデータが保存されます。
    保存世代数を「1」として、毎日バックアップを実行した場合は、バックアップデータは1つしか保存できないので、1日前の分までしかバックアップデータは保存されません。
    例えば、データにトラブルが生じた際に、トラブルに気づくのが自動バックアップが実行された後だと、最新のバックアップデータはトラブル後のデータとなってしまうため、1世代しか保存していないと復旧することができません。
    そのような事態を防ぐため、保存世代数を2つ以上設定いただくことをおすすめしております。

    入力が完了したら、登録をクリックします。

  6.  

  7. 設定が完了すると、元の画面に戻ります。
    バックアップスケジュール一覧
    追加したバックアップスケジュールが表示されることをご確認ください。

    ■ バックアップスケジュールの編集

    バックアップスケジュールを編集できます。

    1. 編集したいスケジュールの設定をクリックします。
      バックアップスケジュール一覧

    2. 編集画面が表示されます。
      バックアップスケジュールの編集
      編集が完了したら、更新をクリックします。

    ■ バックアップスケジュールの削除

    バックアップスケジュールを削除できます。

    1. 削除したいスケジュールの削除をクリックします。
      バックアップスケジュール一覧

    2. [確認]が表示されます。
      確認画面

    3. バックアップスケジュールを削除するとその時点でバックアップサーバーのデータも削除されます。よろしければ、OKをクリックします。