バックアップサービス

目次

  1. はじめに
  2. セットアップ
  3. バックアップ
  4. リストア
  5. バックアップデータのダウンロード

バックアップデータのダウンロード

バックアップサーバーに直接FTPで接続してバックアップデータをダウンロードできます。
初期設定では、セキュリティのため、バックアップサーバーへのFTP接続が禁止されています。
FTP接続するにはお客様拠点(接続元IPアドレス)からの接続を許可するよう、事前にコントロールパネルから設定しておく必要があります。

 

■ バックアップサーバーへのFTP接続を許可する
  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム設定 > 環境設定

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    右上メニューの システム設定 より[環境設定]をクリックします。
    右上メニューの システム設定 より「環境設定」をクリック

     

  4. [環境設定]が表示されます。
    環境設定
    「バックアップ設定」のプラスボタンをクリックします。

  5.  

  6. [バックアップ設定]が表示されます。
    バックアップ設定
    「バックアップサーバーFTP設定」のプラスボタンをクリックします。

  7.  

  8. [バックアップサーバーFTP設定]が表示されます。
    バックアップサーバーFTP設定
    右端の設定項目に表示されている設定をクリックします。

  9.  

  10. [バックアップサーバーFTP設定]が表示されます。
    バックアップサーバーFTP設定

    FTP接続を許可する接続元IPアドレスを設定するには、追加をクリックします

  11.  

  12. IPアドレスの入力欄が表示されます。
    IPアドレスを入力
    FTP接続を許可する接続元IPアドレスを入力します。
    このオンラインマニュアルにアクセスしているPCからのFTP接続を許可する場合は、下に表示されるIPアドレスをご入力ください。

    お客様の現在の接続元IPアドレス

    100.26.182.28
    • 複数のIPアドレスを追加することができます。
    • IPアドレスを削除する場合は、削除するIPアドレス右側の削除をクリックします。

    「IP・ホスト」を設定したら、更新をクリックします。

  13.  

  14. 設定が完了すると、設定結果が表示されます。
    設定結果

 

■ バックアップサーバーへのFTP接続情報を確認する
  1. バックアップサーバー情報を確認するには、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム情報 > サーバー情報

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    右上メニューの システム情報 より[サーバー情報]をクリックします。
    右上メニューの システム情報 より「サーバー情報」をクリック

  2.  

  3. [サーバー情報]が表示されます。
    サーバー情報
    [サーバー情報]に表示されたバックアップサーバー名を、FTPサーバーのホストアドレスとしてご設定ください。

    FTP接続情報

    FTPホストアドレス [サーバー情報]に表示されたバックアップサーバー名
    ユーザー名 アカウント管理者のアカウント名
    パスワード FTP接続用パスワード

 

■ FTP接続でバックアップデータを確認
  1. FTPソフトにバックアップサーバーへのFTP接続情報を設定します。
    画像は FFFTP の場合です。
    FFFTPのホストの設定

    ホスト名(アドレス) [サーバー情報]に表示されたバックアップサーバー名を入力します。
    ユーザー名 アカウント管理者のアカウント名を入力します。
    パスワード FTP接続用パスワードを入力します。

  2.  

  3. FTPソフトでバックアップサーバーに接続します。

    バックアップデータが存在しない場合は、FTP接続してもサーバーにログインできません。
    バックアップを実行後に接続してください。

    バックアップサーバーに接続
    バックアップデータがスケジュールごとにディレクトリをわけて保存されています。
    ディレクトリ名は、各スケジュールのスケジュールID「BACKUP_数字」になっています。

  4.  

  5. スケジュールIDのディレクトリを開きます。
    バックアップデータの確認
    バックアップデータが保存世代ごとにディレクトリをわけて保存されています。
    ディレクトリ名は、バックアップを実行した「年-月-日_時.分.秒」になっています。

  • FTP接続では、バックアップサーバー内のデータのダウンロードのみが可能です。ファイルのアップロード、削除、ファイル名変更、属性変更、ファイルの移動はできません。
  • PostgreSQL データベースのバックアップデータをダウンロードする場合は、バイナリモードでダウンロードしてください。

目次

  1. はじめに
  2. セットアップ
  3. バックアップ
  4. リストア
  5. バックアップデータのダウンロード