サイトの追加

無料ドメインのサイトの追加

1契約につき 1サイトに限り無料ドメイン「kagoyacloud.com」を利用できます。
無料ドメインでサイトを追加する方法をご案内します。

 

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > WEBサイトリスト

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    右上メニューの「Webサイトリスト」をクリックします。
    右上メニューの「Webサイトリスト」をクリックします。

  4.  

  5. [WEBサイトリスト]が表示されます。
    WEBサイトリスト

    上記画像はサムネイル表示です。以下の画面が表示された場合は、リスト表示になっています。
    リスト表示
    サムネイル表示に切り替えるには、サムネイル表示をクリックします。


    「サイトの追加」をクリックします。

  6.  

  7. [サイト追加]が表示されます。
    サイト追加
    次の項目を入力します。

    サイトのタイプ 「通常のサイト」を選択します。
    サイト名 コントロールパネルでの管理用に任意のサイト名を入力します。
    ドメイン ホスト名 任意のホスト名を入力します。
    ドメイン名 「無料ドメインを利用する」にチェックチェックボックスを入れ、
    無料ドメイン「kagoyacloud.com」を選択します。
    プリインストール サイト追加時に、WordPress か EC-CUBE をプリインストールすることができます。ご希望に応じてチェックを入れます。
    ここでは「なし」を選択します。
    • 複数台構成でご利用中の場合、ロードバランサーの仕様により WordPress、EC-CUBE の動作保証をしていないため、プリインストールは表示されません。
      ⇒ ロードバランサーの仕様について

    追加をクリックします。

  8.  

  9. 作成中」と表示されます。
    作成中
    この表示の後、数分でサイト追加は完了します。

  10.  

  11. サイト追加が完了すると、「ドメイン反映待ち」と表示されます。
    ドメイン反映待ち
    ドメインのレコード設定が反映するまで、数時間ほどお待ちください。

  12.  

  13. ドメインのレコード設定が反映すると、サイトのサムネイルが表示されます。
    サムネイル表示
    コンテンツがアップロードされていない状態では、「Forbidden」と表示されます。

  14.  

  15. WEBブラウザで設定したドメイン http://example.kagoyacloud.com/ にアクセスします。
    サムネイル表示
    実際に「Forbidden」と表示されることを確認できます。

 

サイト管理アカウントの作成

通常、追加した「サイト」の設定はアカウント管理者が行いますが、「サイト」ごとに「サイト管理アカウント」を作成することで、管理者権限をサイト管理者に付与することができます。

サイト管理者は「サイト管理アカウント」を使ってコントロールパネルへのログインし、付与された権限の範囲内で各種設定の変更やメールアドレスやデータベースの管理をできます。
また、FTP等で「サイト」のホームディレクトリ以下のデータにアクセスすることもできます。


 

コンテンツのアップロード

サイトを追加すると、ホームディレクトリ(/home/(アカウント名)/)直下に、設定したドメインと同じ名前のディレクトリが自動的に作成されます。

■ FTP接続してアップロードする場合

mcw000000」というアカウントで、「example.kagoyacloud.com」という無料ドメインを設定した場合は、以下のディレクトリがドキュメントルートディレクトリとなります。

/home/mcw000000/example.kagoyacloud.com

FTP接続をしてコンテンツをアップロードしてください。

 

■ WordPress をプリインストールした場合

mcw000000」というアカウントで、「example.kagoyacloud.com」という無料ドメインに WordPress をプリインストールした場合は、以下のドキュメントルートディレクトリに、WordPress がインストールされます。

/home/mcw000000/example.kagoyacloud.com/wordpress

http://example.kagoyacloud.com/wp-admin/setup-config.php にアクセスして、初期設定を実行できます。

初期設定を実行する前に WordPress で利用する MySQL の データベースユーザーと、データベースを追加してください。
⇒ データベース設定

 

■ EC-CUBE をプリインストールした場合

mcw000000」というアカウントで、「example.kagoyacloud.com」という無料ドメインに EC-CUBE をプリインストールした場合は、以下のドキュメントルートディレクトリに、EC-CUBE がインストールされます。

/home/mcw000000/example.kagoyacloud.com/eccube

http://example.kagoyacloud.com/install/ にアクセスして、初期設定を実行できます。

初期設定を実行する前に EC-CUBE で利用する PostgreSQL の データベースユーザーと、データベースを追加してください。
⇒ データベース設定