サイボウズ Office 10 インストール

新規インストール

サイボウズ Office 10 の新規インストール手順を説明します。

  1. 当社コントロールパネルにログインし、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > 簡単インストール > グループウェア > サイボウズ Office 10 > 新規インストール


  2. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    上部メニューの「簡単インストール」から「グループウェア」の「サイボウズ Office 10」の「新規インストール」をクリックします。
    サイボウズ Office 10
  3.  

  4. [サイボウズOffice10]インストール画面が表示されます。
    [サイボウズ Office 10]インストール画面

  5.  

  6. ライセンスと注意事項を確認、同意のうえ、同意欄にチェックを入れます。
    ライセンス条項・注意事項を確認してチェックをする

    • 共用サーバーをご利用中の場合、「インストール上の注意を確認し、同意する。」のチェックボックスは表示されません。
  7.  

  8. アクセスに使用するドメインを選択します。
    アクセスに使用するドメインを選択

    • 初期状態では、KAGOYA セレクトドメインのサイトアドレスで表示されます。
    • ドメインの選択項目には、KAGOYA セレクトドメインのサイトアドレスと、設定している独自ドメインのサイトアドレスが表示されます。
    • サイボウズ Office 10 を独自ドメインで運用する場合は、事前にコントロールパネルから利用する独自ドメインを、サイボウズ Office 10 をインストールするディレクトリに、設定しておく必要があります。

    独自ドメインの設定は、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > Webサイト > ドメイン設定 > 独自ドメイン
    独自ドメインの設定方法に関しては、「独自ドメイン(Web)の設定」をご確認ください。


  9.  

  10. インストールするディレクトリを指定します。

    ■ 新規にディレクトリを作成してインストールする場合

    新規にディレクトリを作成してインストール
    新規にディレクトリを作成してインストールする場合は「新規にディレクトリを作成して、インストール(入力してください)」のラジオボタンにチェックを入れ、インストールするディレクトリ名を入力します。

    画像の新規ディレクトリに入力している 「office」 はサンプルです。

    空欄のままでインストールすると、public_htmlディレクトリの直下にインストールされます。
    もし、既に同名のファイルがあった場合には上書きされますので、public_htmlの中に別のディレクトリを作成し、インストールすることをお勧めいたします。
    • アクセスに使用するドメインのドキュメントルートに「cb1080」というディレクトリが自動生成されます。
      そのため、インストールするディレクトリ名に「cb1080」を指定できません。
      また、ドキュメントルートに「cb1080」というディレクトリが既に存在する場合、ディレクトリ内に同名のファイルがあると上書きされますのでご注意ください。

    ディレクトリ名の入力完了後、サイボウズ Office 10 をインストールします。
    ⇒ 手順 7.


    ■ 既存のディレクトリにインストールする場合

    ディレクトリの選択
    既にあるディレクトリにインストールする場合は「以下の既存ディレクトリにインストール(選択してください)」のラジオボタンにチェックを入れ、「参照」をクリックします。


    ディレクトリの選択ウィンドウが開きます。 選択したディレクトリが追加されます
    任意のディレクトリを選択します。

    office」はサンプルです。お客様が作成されたディレクトリを選択して下さい。

    「ディレクトリの選択」操作方法

    • ディレクトリ(フォルダ)の中を表示するには、ディレクトリ(フォルダ) をクリックします。

    • 新規にディレクトリを作成するには、上記画像の青枠部分にディレクトリ名を入力し、「新規作成」をクリックすると、作成したディレクトリ名が下の一覧に表示されます。

    • 表示されているディレクトリ(フォルダ)を選択するには、ラジオボタンにチェックを入れ、「選択」をクリックします。

    • 開いているディレクトリ(フォルダ)を選択するには、( このディレクトリを選択 )をクリックします。


    「/public_html」のままでインストールすると、public_htmlディレクトリの直下にインストールされます。
    もし、既に同名のファイルがあった場合には上書きされますので、public_htmlの中の別のディレクトリへインストールすることをお勧めいたします。
    • アクセスに使用するドメインのドキュメントルートに「cb1080」というディレクトリが自動生成されます。
      そのため、インストールするディレクトリ名に「cb1080」を指定できません。
      また、ドキュメントルートに「cb1080」というディレクトリが既に存在する場合、ディレクトリ内に同名のファイルがあると上書きされますのでご注意ください。

    選択」をクリックすると、ディレクトリの選択ウィンドウが閉じ、選択したディレクトリが枠内に表示されます。
    選択したディレクトリが枠内に表示されます

    ディレクトリ選択後、サイボウズ Office 10 をインストールします。
    ⇒ 手順 7.

  11.  

  12. インストールするディレクトリを指定したら、「インストール」をクリックしてインストールを開始します。
    インストール中は、画面の表示は変わりませんので、しばらくお待ちください。

  13.  

  14. インストールが完了すると、以下の完了案内が表示されます。

    インストールが完了しました

    • URLは、手順 5.で選択したドメインのサイトアドレスで表示されます。画像は、「アクセスに使用するドメイン」として「http://cb.example.com/ 【/public_html/office】」を選択した場合です。

    アクセスするためのURL」をクリックします。

  15.  

  16. 新規インストールの場合のみ初回はサンプルデータ作成画面が表示されます。

    サイボウズ Office 10 サンプルデータ作成

    会社名」、「お名前」を書き換えて「次へ >>」をクリックします。

  17.  

  18. ログイン画面が表示されます。

    サイボウズ Office 10 ログイン画面
    はじめにシステム管理用パスワードの設定をします。
    ログイン画面の右上のシステム設定をクリックして、「システム設定」をクリックします。

  19.  

  20. システム設定画面の「基本設定」タブが開きます。

    システム設定画面

    システム管理用パスワード」をクリックします。

  21.  

  22. システム管理用のパスワード設定画面が開きます。

    システム管理用のパスワード設定画面

  23. 「●」を全て削除し、新しくパスワードを入力して確認用にもう一度同じパスワードを入力します。
    入力が完了したら「変更する」をクリックします。

     

  24. Office 10 をインターネット経由で利用する場合、セキュリティのためにログイン方法を設定する必要があります。
    タブメニューから「詳細設定」をクリックします。
    ログイン方法を設定する
    メニューから「ログイン方法」をクリックします。

  25.  

  26. [ログイン方法の設定]が開きます。
    ログイン名を入力するを選択
    ログイン方法として、「ログイン名を入力する」を選択します。
    • ログイン方法を、「ユーザー名で選ぶ」方法や「グループとユーザー名で選ぶ」方法に設定した場合、インターネット経由で第三者がユーザー名やグループ情報を閲覧することが可能なため、推奨できません。

    以上の設定が完了したら、「変更する」をクリックします。

  27.  

  28. 警告画面が開きます。
    警告画面
    ログイン方法を「ログイン名を入力する」に変更する場合、ログイン名を設定していないユーザーはログインできなくなります。必ず、ユーザーのログイン名を設定する必要があります。
    ここでは「OK」をクリックします。

  29.  

  30. ログイン名を設定するには、[詳細設定]タブをクリックします。
    ユーザーをクリック
    ユーザー管理」メニューから「ユーザー」をクリックします。

  31.  

  32. [ユーザーの設定]が開きます。
    ユーザーの設定
    既存のユーザーにログイン名を設定するには、設定するユーザーの「変更する」をクリックします。

  33.  

  34. [ユーザーの変更]が開きます。
    ユーザーの変更
    以下の項目を入力します。

    名前 ユーザーの名前を入力します。
    よみ ふりがなを入力します。
    ログイン名 ログイン画面で必要なログイン名を入力します。
    E-mail メールアドレスを入力します。
    URL URLを入力します。
    連絡先 連絡先電話番号を入力します。
    パスワード ログインするためのパスワードを入力します。
    パスワード(確認用) 確認用に、パスワード欄と同じパスワードをもう一度入力します。
    最初に表示するグループ ユーザーが主に所属するグループを選択します。
    所属するグループ ユーザーが所属するグループをすべて選択します。

    入力が完了したら、「変更する」をクリックします。

  35.  

  36. 変更が完了すると、[ユーザーの設定]に戻ります。
    ユーザーの設定
    ログイン画面に戻るには、ページ左上部分の「トップページ」をクリックします。

    その他ユーザー管理やセキュリティ設定、保守など、システム管理者が行う設定については下記のページをご覧ください。

    ■参考URL サイボウズ Office 10 パッケージ版 マニュアル > 管理者
       http://manual.cybozu.co.jp/of10/admin/index.html

  37.  

  38. ログイン画面が表示されます。
    ログイン
    追加したユーザーのログイン名とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックし、サイボウズ Office 10 にログインできることをご確認ください。

 

システムタスク(最適化やバックアップ)を設定する

専用サーバーをご利用中の場合は、「システムタスク」を設定することで、定期的にデータベースの最適化やバックアップを実行できます。
⇒ システムタスクの設定

  • システムタスク(最適化やバックアップ)機能の利用には、別途サービスライセンス(導入初年度は無償)が必要となります。
    ⇒ サービスライセンスについて

共用サーバー、共用サーバー3G、旧共用サーバー(スタンダードプラン・Bプラン)をご利用中の場合は、マネージド専用サーバー へサービスプランの変更を行ってください。
サービスプランの変更は、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

◇コントロールパネル > [アカウント名] > サービスプラン変更

サービスプランの変更手順に関しては、「サービスプラン変更ガイド」をご確認ください。

 

「システムタスク」を利用するには、事前にスケジューリングサービスの開始が必要です。

  1. コントロールパネルにログインし、次の画面を開きます。

    コントロールパネル > Webサイト > CRON設定

  2.  

  3. [CRON直接設定]に下記の記述を入力します。
    CRON直接設定

    0-59/1 * * * * /home/kir000000/public_html/office/ofss_(インストールディレクトリ名) start
    • kir000000 のところにお客さまのアカウント名を半角英数字でご入力ください。
    • 「public_html」内の「office」というディレクトリにサイボウズ Office 10 をインストールした場合です。
      「public_html」から「ofss_(インストールディレクトリ名)」までのパスの記述はお客様のインストールされたディレクトリに合わせてご変更ください。

    設定変更」をクリックします。

  4.  

  5. スケジューリングサービスは1回開始されたら、サーバーが停止しない限り、CRON設定で定期的に実行する必要はありません。
    CRON設定を解除する場合は、記述内容を削除するかコメントアウトし、「設定変更」をクリックします。

サイボウズ Office 10 のご利用方法、各種設定等に関してはサポート対象外となります。

ご不明な点はサイボウズ Office 10 オフィシャルサイトなどをご参照ください。

■参考URL サイボウズ Office 10 パッケージ版 マニュアル
   http://manual.cybozu.co.jp/of10/index.html