MODX インストール

設定

  1. 開いたウィザードの案内にしたがって MODX を利用するための設定を行います。
    MODXのインストールを開始します。
    はじめに言語の設定を行います。ご希望の言語を選択して「進む >」をクリックします。
    当マニュアルでは日本語「japanese」を選択して設定手順をご案内します。

     

  2. データベース設定画面が表示されます。
    データベース設定画面

    データベースホスト名
    • 共用サーバー・共用サーバー3G・MySQLプランのMySQLをご利用の場合「DBサーバー名」を入力します。
      ⇒ DBサーバー名を確認
          (MySQLプラン をご利用の場合は、MySQLプランのアカウント名でログインしてください。)
    • マネージド専用サーバー・旧共用サーバー(スタンダードプラン・Bプラン)・旧専用サーバー・専用サーバー3GのMySQLをご利用の場合「localhost」と入力してください。
    • 外部サーバーのデータベースをご利用の場合はデータベースがインストールされているサーバアドレスを入力してください。
    データベース接続ログイン名 MySQLデータベースのユーザー名(お客様のアカウント名と同じ)を入力します。
    • ユーザー名は原則としてコントロールパネルへのログインアカウントと同じですが、アカウントに「 - 」(ハイフン)が含まれる場合は、「 _ 」(アンダースコア)に置き換えてください。(例:「aiu-eo」の場合は「aiu_eo」になります)
    データベース接続パスワード コントロールパネルでMySQLデータベースを作成した時に設定したパスワードを入力してます。

    入力が完了したら「→ ここをクリックして、接続テストを行ってください。」をクリックします。

    データベース接続エラーになる場合

    MySQLプランのデータベースには、アクセスを許可したIPアドレス以外から接続できません。事前にウェブサーバーのIPアドレスを、アクセス許可IPに追加してください。

    アクセス許可IPの確認・変更は、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > データベース > MySQL > DB一覧

    変更方法に関しては、「アクセス許可IP設定の変更」をご確認ください。

  3.  

  4. データベースホストとの接続に成功すると「接続できます」と表示され、データベースとTableプレフィックスの設定画面が表示されます。
    利用するデータベースとTableプレフィックスの設定

    FireFoxなどの一部ブラウザで「利用するデータベースとTableプレフィックスの設定」項目が表示されない場合はブラウザの更新をしてください。確認のポップアップが表示された場合は「再送信」をクリックします。
    再送信

     

    データベース名 コントロールパネルより追加したMySQLデータベース名を入力します。
    ⇒ MySQLのデータベース名を確認
    • ユーザー名は原則としてコントロールパネルへのログインアカウントと同じですが、アカウントに「 - 」(ハイフン)が含まれる場合は、「 _ 」(アンダースコア)に置き換えてください。(例:「aiu-eo」の場合は「aiu_eo」になります)
    Tableプレフィックス 1つのデータベースを複数の MODX または他のアプリケーションとの間で共有する必要がある場合は、テーブル名の衝突を避けるために「modx_」を変更してください。
    変更する場合は必ず文字列の最後に「 _ 」(アンダースコア)を入力してください。

    → ここをクリックして、データベースのテストを行ってください。(※権限がある場合は、この操作でデータベースを新規に作成できます)」をクリックします。

  5.  

  6. 入力情報に間違いが無ければ「管理アカウントの初期設定」の画面が表示されます。
    管理アカウントの初期設定画面

    ログイン名(半角英数字) MODX の管理画面にログインするためのログインIDを半角英数字で入力します。
    メールアドレス 管理者のメールアドレスを入力します。
    パスワード MODX の管理画面にログインするためのパスワードを半角英数で入力します。
    パスワード(確認入力) 確認のため、同じパスワードを入力します。

    入力が完了したら「進む >」をクリックします。

  7.  

  8. インストールオプションの選択」の画面が表示されます。
    インストールオプションの選択画面:サンプルサイト
    14ページ構成のサンプルサイトをインストールできます。ナビゲーション・パン屑リスト・新着情報の一覧・メール送信フォームなどのパーツ(スニペット)があらかじめ設置されています。
    サンプルサイトの構成は MODX の デモサイト でご確認いただけます。

    拡張機能は全てインストールすることをお奨めいたしますが、不要な拡張機能がある場合はチェックを外します。
    インストールオプションの選択画面:拡張機能の選択

    入力が完了したら「進む >」をクリックします。

  9.  

  10. インストール実行前の最終チェック画面が表示されます。
    インストール前の状態確認画面
    チェックの結果が全て「問題なし」となっているのを確認します。
    ライセンスが規定する諸条件を確認しインストールを実行してください
    このライセンス(GPL2)で規定される諸条件に同意します。」にチェックを入れると「インストール >」ボタンが表示されるのでクリックします。

  11.  

  12. インストールが実行され、インストール実行結果画面が表示されます。
    インストール実行結果画面
    全てインストールが完了すると「インストールは無事に成功しました。」と表示されます。
    インストールは無事に成功しました。

    インストールディレクトリを自動的に削除する」にチェックを入れて「インストール終了 >」をクリックします。

  13.  

  14. MODX の管理ログイン画面が表示されます。
    MODX管理ログイン画面
    ログイン名」と「パスワード」を入力し、「ログイン状態を保持する」にチェックを入れて「ログイン」をクリックしてログインします。

  15.  

  16. ログインが完了すると、MODX の管理画面が表示されます。
    MODX管理画面

    • 手順6. でサンプルサイトのインストールにチェックを入れてない場合は左メニューの表示は「最初のページ」のみとなります。
      最初のページ

  17.  

  18. MODX のグローバル設定をします。
    グローバル設定

    サイト名 サイト名を入力します。
    サイトのURL 表示する MODX のURLを指定します。
    独自ドメインで運用される場合は、独自ドメインのサイトアドレスに変更します。

    その他の設定項目に関しましては必要に応じて設定変更してください。
    設定項目入力後は右上の「更新」をクリックします。

  19.  

  20. 管理画面のダッシュボードが表示されます。
    ダッシュボード
    MODX の「サンプルサイト」を表示する場合は管理メニューの「サイトを表示」をクリックします。
    「サイトを表示」をクリックします

  21.  

  22. MODX のサンプルサイトを適用したサイトが表示されます。
    サンプルサイトを適用したサイト

    • 手順6. でサンプルサイトのインストールにチェックを入れてない場合はテンプレートや拡張機能が適用されず「最初のページ」のみ表示されます。
    最初のページ

 

MODX のご利用方法、各種設定、カスタマイズ等に関してはサポート対象外となります。

ご不明な点は MODX オフィシャルサイトなどをご参照ください。

■参考URL MODX ドキュメント
   http://modx.jp/docs.html