「404接続エラー」などで表示されるエラーページを変更できますか?


お客様が作成されたエラーページに変更したい場合は、「.htaccess」ファイルを設置頂くことで可能となります。

 

エラーページの作成

 

  1. エラーページ(htmlファイル)を作成しアップロードします。
    アップロード先は、public_html/ など、ウェブから参照ができるところに設置します。
    ※ エラーページで画像を使用する場合には、「 http://から始まる画像ファイルのURL」で指定してください。
  2. テキストファイルを作成し、以下の語句を記述し、任意の名前(htaccess.txt など)で保存します。
    ここでは、404エラーページ(例:404.html)を public_html/ にアップロードした場合を例にご説明します。
    ErrorDocument 404 /404.html
    ※ 記述内容につきまして動作保証やサポートは行っておりませんので、お客様の責任のもとご使用ください。
    ※ パスはアップロード先にあわせてご変更ください。

    404 以外の 403エラー(表示が認められていない:forbidden)や500エラー(CGIなどのエラー)もそれぞれにhtmlファイルを用意されましたら以下のように htaccess ファイルに併記をすることができます。
    ErrorDocument 404 /404.html
    ErrorDocument 401 /401.html
    ErrorDocument 403 /403.html
    ErrorDocument 404 /404.html
    ErrorDocument 500 /500.html
    ※ ErrorDocument 401 は、「 相対パス 」でのみ設定可能です。「http://から始まる作成した401エラーページのURL 」 では、設定できません。
    ※ 503エラーは変更できません。
  3. 保存したテキストファイルを、public_html と同じディレクトリ(ウェブから閲覧できないところ)にアップロードします。
  4. アップロードしたファイル名を、「.htaccess」に変更します。

 

404 File not Found が発生したとき、サーバは、http://アカウント名.kir.jp/404.htmlを探して表示をします。

評価点数: 1 (1 件の投票)