Whois 情報の確認


Whois 情報を確認することで、ドメイン名の登録者名や有効期限などを確認できます。
Whois 情報は、当社コントロールパネルから確認できます。

Whois とは

Whois とは、ドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。Whois に登録された情報は、トラブルが発生した際に、利用者同士が連絡しあい、自律的にトラブルを解決できるように公開されています。

  1. KAGOYA CLOUD Portal を開きます。

    ◇KAGOYA CLOUD Portal

    上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

  2. 左サイドメニューから「ドメイン」をクリックします。

  3. [ドメイン]が開きます。
    登録されているドメイン名が一覧で表示されます。
    Whois情報を確認したいドメイン名の「Whois」をクリックします。

  4. whoisコマンドの実行結果が表示されます。

    Domain Name ドメイン名
    Registrar レジストラ名(ドメインの管理会社名)
    Whois Server Whois 情報が登録されているサーバー名
    Referral URL レジストラのURL
    Name Server ドメインに設定されているネームサーバー名
    Status

    ドメイン名のステータス

    例)clientTransferProhibited:レジストラ変更が禁止されています
    • レジストリ・レジストラにより、ステータスの表記は異なります。
    Updated Date whois情報に変更を加えた最後の日づけ
    Creation Date 登録日
    Expiration Date 有効期限
    Registrant ドメイン登録者情報
    • 権利関係を明らかにするために原則として Whois 情報で公開することになっています。
    Admin ドメイン管理担当者情報
    • ドメインに関する各種連絡は、通常は管理担当者に対して行われます。
    Tech ドメイン技術担当者情報

Whois 情報の変更

Whois に登録された情報は、トラブルが発生した際に、利用者同士が連絡しあい、自律的にトラブルを解決できるように公開されています。Whois 掲載情報が虚偽の情報であったり、更新がされず古い情報のままになっていたりすると、この目的が達成できません。
Whois 情報の正確性確保のための方策として、ICANN により、Whois 情報の確認に関する方針(Whois Data Reminder Policy)が定められ、ICANN 認定レジストラには Whois 情報の正確性の確認が義務づけられています。そのため、虚偽の Whois 情報が登録されていた場合、ドメイン名の登録が抹消される可能性もありますので 誤りがあれば訂正が必要です。

■参考URL: Whois 情報の確認に関する方針(ICANN)
https://www.icann.org/resources/pages/wdrp-2012-02-25-ja

当社で管理中または管理代行中のドメイン名の Whois 情報の変更をご希望の場合は、サポートセンター までお問い合わせください。
「ドメイン登録者情報変更申請フォーム」をメールで送信いたしますので、ご返信いただくと変更の申請となります。

登録情報(Whois)の変更手数料

汎用jp 登録者名変更 5,500円
(登録者名・組織名以外の登録情報変更: 無料)
公開連絡窓口変更 無料
属性jp 登録者名変更 8,800円
(登録者名・組織名・組織種別・住所・登記年月日・登記地住所・登録担当者、または登録担当者の組織名・代表法人・代表者(任意団体の場合のみ)・サービス提供者の商号(ネットワークサービスの場合) 以外の登録情報変更: 無料)
gTLD 登録者名変更 3,300円
(登録者名・組織名以外の登録情報変更: 無料)
  • 汎用jp・・・.jp
  • 属性jp・・・.co.jp .or.jp .ne.jp .gr.jp .ed.jp .ac.jp .go.jp
  • gtld・・・.com .net .org .biz .info

評価点数: 0 (0 件の投票)