リモートKVM貸出

Javaを利用したKVM接続

指定のURLから JNLP ファイル(拡張子 .jnlp)をローカルPCにダウンロードして実行すると、リモートKVMの画面がJavaアプリケーションで開きます。

Javaを利用したKVM接続にはローカルPCにJavaがインストールされている必要があります。

■ 参考URL Javaのダウンロード:
https://www.java.com/ja/download/manual.jsp

  1. リモートKVMの準備が完了すると、サポートセンターより下記のメールがお客様のメールアドレスに届きます。

    件名:【KAGOYA】ご依頼作業完了のご報告
    送信者:support@kagoya.com
    宛先:入力した連絡先メールアドレス

    メール本文に記載のURLにアクセスするとコントロールパネルの以下の画面が開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > GPUサーバー > リモートKVM申請 > リモートKVM申請一覧

    お申し込みした「オーダーNo」をクリックすると、[作業報告]が表示されます。
    作業報告
    [その他連絡事項]に以下の情報が記載されています。

    URL

    リモートKVMにアクセスするためのURL

    例)https://<IPアドレス>/vkcs
    • 最後は /vkcs です。
    ID リモートKVMにログインするためのアカウント名
    パスワード リモートKVMにログインするためのパスワード

  2.  

  3. [作業結果]に記載のURL「例)https://<IPアドレス>/vkcs」にアクセスすると、証明書の警告が表示されます。
    この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります
    画像は Edge の表示です。WEBブラウザにより表示は異なります。

    このサイトの閲覧を続ける(推奨されません)」をクリックします。

  4.  

  5. 保存ダイアログが表示されます。
    保存ダイアログ
    画像は Edge の表示です。WEBブラウザにより保存ダイアログの表示は異なります。

    名前を付けて保存」をクリックすると、任意の場所に保存できます。

  6.  

  7. ダウンロードした「VkcStandAloneApplication.jnlp」をダブルクリックします。
    VkcStandAloneApplication.jnlp

    ファイルを開けない場合は、Javaをインストールし、以下のアプリケーションを使って開きます。

    • Windows の場合
      Program Files\Java\jre(バージョン)\bin\javaws.exe
    • macOS の場合
      /System/Library/CoreServices/Java Web Start.app
    ■ 参考URL Javaのダウンロード: https://www.java.com/ja/download/manual.jsp

  8.  

  9. 「このアプリケーションを実行しますか。」と表示されます。
    保存ダイアログ
    実行」をクリックします。

  10.  

  11. セキュリティ警告が表示されます。
    続行しますか。
    続行」をクリックします。

  12.  

  13. リモートKVM のログイン画面が表示されます。
    ログイン
    メールで届いたIDとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

  14.  

  15. 「リモートKVM」が表示されます。
    リモートKVM
    表示された ポートの名前 をクリックします。

  16.  

  17. 「接続」ボタンが表示されます。
    接続 をクリック
    接続」をクリックします。

  18.  

  19. Virtual KVM Client ウィンドウが開きます。
    Virtual KVM Client ウィンドウ
    このウィンドウに対象サーバーの画面が表示され、クライアントPCのキーボートとマウスを使ってサーバーを操作できます。
    ⇒ Virtual KVM Client について

    • 上記画像は Linux サーバーに接続した場合の表示例です。

  20.  

  21. 作業終了日時になりましたら、当社にてリモートKVMのご利用を停止いたします。