リモートKVM貸出

Safari でリモートKVMにアクセスする

  1. リモートKVMの準備が完了すると、サポートセンターより下記のメールがお客様のメールアドレスに届きます。

    件名:【KAGOYA】ご依頼作業完了のご報告
    送信者:support@kagoya.com
    宛先:入力した連絡先メールアドレス

    メール本文に記載のURLにアクセスするとコントロールパネルの以下の画面が開きます。

    ◇コントロールパネル > サポート > 作業依頼 > 依頼作業一覧

    お申し込みした「オーダーNo」をクリックすると、[作業報告]が表示されます。
    作業報告
    [その他連絡事項]に以下の情報が記載されています。

    URL

    リモートKVMにアクセスするためのURL

    例)https://<IPアドレス>/vkc
    • 最後は /vkc です。
    ID リモートKVMにログインするためのアカウント名
    パスワード リモートKVMにログインするためのパスワード

  2.  

  3. [作業結果]に記載のURL「例)https://<IPアドレス>/vkc」にアクセスすると、「識別情報を検証できません」と表示されます。
    識別情報を検証できません
    証明書を表示」をクリックします。

  4.  

  5. 詳細が表示されます。
    「常に信頼」にチェック
    [URL]への接続時に"Raritan KVM"を常に信頼」にチェックを入れ、「続ける」クリックします。

  6.  

  7. パスワード入力画面が表示されます。
    設定をアップデート
    Mac OS X のユーザ名とパスワードを入力し、「設定をアップデート」をクリックします。

  8.  

  9. リモートKVM のログイン画面が表示されます。
    ログイン
    メールで届いたIDとパスワードを入力し「Login」をクリックします。

  10.  

  11. 「Web サイト"URL"を信頼して、"Java"プラグインを使用しますか?」と表示されます。
    Web サイト
    信頼」をクリックします。

  12.  

  13. 「セキュリティ警告」が表示されます。
    セキュリティ警告
    続行」をクリックします。

    Java のセキュリティでブロックされると画面を進めません。「Javaコントロール・パネル」からセキュリティ設定を変更してから Internet Explorer を再起動し、再度お試し下さい。
    ⇒ Java のセキュリティ設定を変更する


  14.  

  15. 「このアプリケーションを実行しますか。」と表示されます。
    このアプリケーションを実行しますか
    実行」をクリックします。

  16.  

  17. 「セキュリティ警告」が表示されます。
    セキュリティ警告
    許可する」をクリックします。

  18.  

  19. 「リモートKVM」が表示されます。
    リモートKVM
    表示された Port Name をクリックします。

  20.  

  21. 「Conect」ボタンが表示されます。
    Conect をクリック
    Conect」をクリックします。

  22.  

  23. 「現在のキーボードマクロを取得できません。」とエラーダイアログが表示されます。
    OK をクリック
    OK」をクリックします。

  24.  

  25. Virtual KVM Client ウィンドウが開きます。
    Virtual KVM Client ウィンドウ
    このウィンドウに対象サーバーの画面が表示され、クライアントPCのキーボートとマウスを使ってサーバーを操作できます。
    ⇒ Virtual KVM Client について

    • 上記画像は Linux サーバーに接続した場合の表示例です。

  26.  

  27. 作業終了日時になりましたら、当社にてリモートKVMのご利用を停止いたします。