PuTTY用に秘密鍵を変換する


KAGOYA CLOUD/2 では、rootアカウントでSSH接続するときのログイン認証に公開鍵認証を使用します。インスタンス作成、初期化に使用したログイン用認証キーを作成したときに保存したファイル(秘密鍵)をご用意ください。
ログイン用認証キー作成

ログイン用認証キーを発行するときに保存したファイル(秘密鍵)をPuTTY独自フォーマットの秘密鍵に変換します。

 

  1. PuTTYgen.exe をダブルクリックするか、作成したショートカットをダブルクリックします。

  2. [PuTTY Key Generator]が開きます。

    メニューバーから[File] → [Load private key] を選択します。

  3. [Load private key:]が開きます。

    All Files (*.*)」を選択し、インスタンス作成、初期化に使用したログイン用認証キーを作成したときに保存したファイル(秘密鍵)を選択します。
    ログイン用認証キー作成

    開く」をクリックします。

  4. [PuTTYgen Notice]が開きます。

    OK」をクリックします。

  5. [PuTTY Key Generator]に戻ります。

    Save private key」をクリックします。

  6. [PuTTYgen Warning]が開きます。

    はい」をクリックします。

  7. [Save private key as:]が開きます。

    次の項目を入力します。

    ファイル名 拡張子は(.ppk)で、任意の名前を入力します。
    ファイルの種類 「PuTTY Private Key Files (*.ppk)」を選択します。

    入力が完了したら、「保存」をクリックします。

  8. [PuTTY Key Generator]に戻ります。

    以上で、秘密鍵の変換は完了です。PuTTYgen を閉じます。

評価点数: 0 (0 件の投票)