Tera Term の設定方法


KAGOYA CLOUD/2 では、rootアカウントでSSH接続するときのログイン認証に公開鍵認証を使用します。インスタンス作成、初期化に使用したログイン用認証キーを作成したときに保存したファイル(秘密鍵)をご用意ください。
ログイン用認証キー作成

  1. Tera Term.exe をダブルクリックするか、作成したショートカットをダブルクリックします。

  2. TeraTerm が起動し、[新しい接続]が表示されます。

    次の項目を入力します。

    ホスト(T) インスタンスのIPアドレス
    例)192.0.2.0
    TCPポート

    SSH接続ポート

    例) 22
    • 初期状態でSSH接続ポート番号は「22番」ですが、設定を変更した場合は、変更したポート番号を指定します。
    サービス SSH
    SSHバージョン(V) SSH2
    • 画像の 192.0.2.0 は、例示用のIPアドレスです。IPアドレスは、「.(ドット)」で区切られた 0 ~ 255 の数字4組で表記されます。
    • インスタンスのIPアドレスは、コントロールパネルからインスタンス情報をご確認ください。


    入力が完了したら、「OK」をクリックします。

  3. [セキュリティ警告]が表示されます。

    「このホストをknown hostsリストに追加する(A)」にチェックがついていることを確認し、「続行」をクリックします。

  4. サーバとの接続が確立すると[SSH認証]が表示されます。

    次の項目を入力します。

    ユーザ名(N) root

    入力が完了したら、「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」にチェックを入れ、「秘密鍵」をクリックします。

  5. [RSA/DSA/ECDSA/ED25519秘密鍵ファイルの選択]が開きます。

    すべてのファイル(*.*)」を選択し、インスタンス作成、初期化に使用したログイン用認証キーを作成したときに保存したファイル(秘密鍵)を選択します。
    ログイン用認証キー作成

    開く」をクリックします。

  6. [SSH認証]に戻ります。

    秘密鍵を選択できていることを確認し、「OK」をクリックします。

  7. ログインが完了すると、「#」プロンプトが表示されます。

    「#」に続いて Linuxコマンドを入力し、キーボードの Enter キーをクリックすることで、システムを操作できます。
    • Linux コマンドに関してはサポート対象外となります。
      ご不明な点や詳細についてはインターネットや書籍にてご確認ください。

Tera Term のご利用方法、詳細設定等に関してはサポート対象外となります。

ご不明な点は Tera Term 配布元サイトなどをご参照ください。

■参考URL SourceForge.JP > ソフトウェアを探す > Tera Term > 概要
   http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/

 

評価点数: 5 (1 件の投票)