DNSレコードの設定

MXレコードの設定

独自ドメインのネームサーバーに当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を登録している場合、
特定の@「ホスト名 + ドメイン名」宛てのメールの配送先であるメールサーバーを指定できます。

あらかじめ確認が必要なもの

  • メールサーバーのホスト名
  • メールアドレスの@以下の「ホスト名+ドメイン名」

 

■MXレコードの設定方法

 

  1. 当社コントロールパネルを開きます。

    ◇コントロールパネル

     

    上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。

    コントロールパネル
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

  2.  

  3. 左メニューの設定をクリックします。
    コントロールパネル:設定 > ドメイン
    表示される「ツール」メニューから「DNS」をクリックします。

  4.  

  5. [ドメイン]が開きます。
    DNSレコードの編集を行うゾーンを選択してください
    登録されているドメイン名が表示されます。
    MXレコードを設定するドメイン名をクリックします。

    当社で取得した独自ドメイン、当社に移管した独自ドメインが一覧で表示されます。
    他社で管理されている独自ドメインで当社のネームサーバー(ns0.kagoya.net/ns1.kagoya.net)を利用する場合は、事前に当社コントロールパネルから登録が必要です。
    ⇒ 他社管理ドメインの利用

  6.  

  7. 登録されているDNSレコードが表示されます。
    レコード追加をクリックします
    レコード追加をクリックします。

    MXレコードを設定するにはメールサーバーのホスト名が必要です。
    事前に、メールサーバーの「ホスト名 + ドメイン名」が参照する IPアドレスを Aレコードで指定してください。
    ⇒ Aレコードの設定
  8.  

  9. DNSレコード追加画面が表示されます。
    「TYPE」のプルダウンより「MX」を選択します。
    「TYPE」のプルダウンより「MX」を選択します。
  10.  

  11. MXレコードの設定画面が表示されます。
    MXレコードの設定画面

    @example.jp 宛てのメールを mail.example.jp というメールサーバーに配信する場合は下記を入力をします。

    ホスト名 空欄
    ドメイン名 mail.example.jp
    優先度 0 ~ 100 までの数値を入力します。
    例:10
    • 負荷分散や耐障害性のため、複数のメールサーバーが存在する場合は、小さい数値を入力すると優先度が高くなり、大きい数値を入力すると優先度が低くなります。

     

    入力が完了したら登録をクリックします。

  12.  

  13. 確認画面が表示されるのではいをクリックします。
    登録確認

  14.  

  15. 設定が完了すると「登録済みのレコード」にMXレコードが登録されます。
    登録済みのレコード

    ここでドメインの設定をしても各プロバイダーのネームサーバーに新しいドメイン情報が反映されるまでは設定したサーバーはメール送信用サーバーとして認証できません。数分から数時間程度の時間がかかる場合もあります。
  16.  

■MXレコードの削除

 

  1. @example.jp の配送先メールサーバーの指定を削除する場合は、登録済みのレコード一覧のMXレコードの右側にある削除をクリックします。
    ドメイン削除の確認

  2.  

  3. 確認画面が表示されるので削除をクリックします
    ドメイン削除の確認

  4.  

  5. 削除が完了すると「登録済みのレコード」からMXレコードの設定が削除されます。
    登録済みのレコード