エラーページデザイン変更

指定したURLが見つからないなどのエラー時に、KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページを表示するか、Apacheデフォルト設定のエラーページを表示するか、当社コントロールパネルから選択できます。
また、.htaccess を利用すると、自作のエラーページを表示させることも可能です。

はじめに

KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページを提供しているエラーの種類は次の通りです。

HTTPステータスコード エラー内容
403 Forbidden
指定したページへのアクセス権限がない
404 Not Found
指定したページが見つからない
500 Internal Server Error
CGIでなんらかのエラーが発生した
503 Service Unavailable
接続数過多で一時的にサーバーの処理が滞っている

表示されるエラーページは次の通りです。
  • ※ Apacheデフォルト設定のエラーページの場合、ご利用中のWebブラウザにより表示が異なる場合があります。

■ 403(Forbidden)

指定したページへのアクセス権限がない場合、次のエラーページが表示されます。

KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページ Apacheデフォルト設定のエラーページ
■ 404(Not Found)

指定したページが見つからない場合、次のエラーページが表示されます。

KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページ Apacheデフォルト設定のエラーページ
■ 500(Internal Server Error)

CGIでなんらかのエラーが発生した場合、次のエラーページが表示されます。

KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページ Apacheデフォルト設定のエラーページ
■ 503(Service Unavailable)

接続数過多で一時的にサーバーの処理が滞っている場合、次のエラーページが表示されます。

KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページ Apacheデフォルト設定のエラーページ

 

エラーページデザインの選択

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > エラーページデザイン変更

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    左メニューの システム より「Webサイト」をクリックします。
    左メニューの システム より「Webサイト」をクリック
    上部メニューの「エラーページデザイン変更」をクリックします。
    コントロールパネル > Webサイト > エラーページデザイン変更

  4.  

  5. [エラーページデザイン変更]が表示されます。
    エラーページデザイン変更
    KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページを表示するか、Apacheデフォルト設定のエラーページを表示するか、選択します。
    ⇒ 表示されるエラーページ

    • KAGOYA Internet Routingオリジナルデザインのエラーページを表示する場合
      ラジオボタンKAGOYA Internet Routingオリジナルデザイン」を選択し、変更をクリックします。
    • Apacheデフォルト設定のエラーページを表示する場合
      ラジオボタンApacheデフォルト設定」を選択し、変更をクリックします。

  6.  

  7. 設定が完了すると「エラーページを「(選択した内容)」に設定しました。」と表示されます。
    エラーページの設定が完了しました

目次

  1. はじめに
    エラーページデザインの選択
  2. 自作エラーページへの変更