SSHアクセス制限(共用サーバー)

共用サーバー(S11, S21, S31)では、事前にSSHアクセスを許可することで、公開鍵認証によるSSH接続ができます。
SSHアクセスの設定は、当社コントロールパネルで簡単に設定できます。

はじめに

設定される前に下記の事項をご確認ください。

  • 共用サーバー(S11, S21, S31)では、SSH接続するときのログイン認証に公開鍵認証を使用します。原理上は秘密鍵を持っているクライアントしかログインできなくなるため、ユーザー名とパスワードを使用した認証よりもセキュリティを高めることができます。
  • 設定する手順は次の通りです。

    1. SSHアクセスが「禁止」の場合は「許可」にします。
      ⇒ SSHアクセス設定
    2. SSH接続するときのログイン認証に使用する公開鍵・秘密鍵を生成します。
      ⇒ 公開鍵・秘密鍵の生成
    3. ダウンロードした秘密鍵を使用してSSH接続ができます。
  • SSHで接続するには、SSHクライアントソフトが必要です。代表的なSSHクライアントソフトの設定方法は以下のマニュアルをご確認ください。
    ⇒ SSH接続の設定(共用サーバー)

    • root権限はありません。

    • 利用可能なコマンドは次のとおりです。

      利用可能なコマンド ar as awk basename bash bzip2 cal cat cc chmod clear cmp comm cp cut date dd df diff dig dircolors dirname du ed egrep env expand expr file find fmt fold free ftp gcc getopt grep groups gunzip gzip head host hostname iconv id install ld ldd less ln ls make md5sum mkdir mktemp more mv mysql mysqldump mysqlcheck netstat nice nkf nl od paste patch perl ping ping6 php printf ps pstree psql pg_restore pg_dump python readlink renice rm rmdir rsync ruby scp sed seq sftp sh sha1sum sleep sort sqlite sqlite3 ssh ssh-keygen stat strings sum tail tar tee top touch tput tr traceroute tty uname unexpand uniq unzip uptime vi vim vmstat w3m watch wc wget which whoami xargs yes /usr/libexec/openssh/sftp-server

 

SSHアクセス設定

SSHアクセスが「禁止」の場合は「許可」にします。

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > SSHアクセス

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    左メニューの システム より「Webサイト」をクリックします。
    左メニューの システム より「Webサイト」をクリック
    上部メニューの「SSHアクセス」をクリックします。
    コントロールパネル > Webサイト > SSHアクセス

  4.  

  5. 上部メニューの下に表示されたサブメニューの[メイン設定]をクリックします。
    SSHアクセス

    現在の設定状況が表示されます。

    • 設定されていない場合は、「禁止」と表示されます。

      • SSHアクセスを有効にするには、「ラジオボタン許可」を選択し、更新をクリックします。
    • 設定されている場合は、「許可」と表示されます。

      • SSHアクセスを無効にするには、「ラジオボタン禁止」を選択し、更新をクリックします。

  6.  

  7. 設定が完了すると「SSHアクセスの設定変更が完了しました。」と表示されます。
    SSHアクセスの設定変更が完了しました。
    共用サーバー(S11, S21, S31)では、SSH接続するときのログイン認証に公開鍵認証を使用するため、 SSHアクセスの状態が「許可」になっても、 公開鍵設定をするまで、SSHで接続することができません。
    ログイン認証に使用する公開鍵と秘密鍵を生成する必要があります。


目次

  1. はじめに
    SSHアクセス設定
  2. 公開鍵・秘密鍵の生成