メール送信設定の確認

メール送信時にエラーとなる場合は、次の設定をご確認ください。

Auth-smtp(SMTP認証)設定

KAGOYA Internet Routing の送信メールサーバーでメールを送信するには、メールソフトを設定するときにAuth-smtp(SMTP認証)を設定する必要があります。
Auth-smtp(SMTP認証)設定に対応しているメールクライアント(メールソフト)が必要ですが、多くのメールクライアントは、Auth-smtp(SMTP認証)設定に対応しています。

Auth-smtp(SMTP認証)設定とは

Auth-smtp(SMTP認証)とは、メールを送信するときに、送信メールサーバー側で送信者がご契約者であることを認証できた場合のみ送信を許可する仕組みです。
第三者によるメールサーバの不正利用(迷惑メールの送信等)を防ぐことができます。

 

サブミッションポート(port587)対応

KAGOYA Internet Routing の送信メールサーバーでメールを送信するには、メールソフトを設定するときに、送信に利用するポート番号を 25番ポートから 587番ポートに変更する必要があります。
迷惑メール対策のため、多くの ISP(インターネット接続サービスプロバイダ)が「25番ポートブロック(Outbound Port 25 Blocking)」を実施しており、この場合、通常はメール送信に利用される 25番ポートを利用して ISP 以外のメールサーバーでの送信ができません。

25番ポートブロック(Outbound Port 25 Blocking)とは

迷惑メール対策として、ISP のネットワークとインターネットとの接点(ゲートウェイ)で、ISP のメールサーバーを経由せずに送信しようとするメール送信のトラフィック(25番ポート)を遮断する取り組みです。
独自に設置したサーバから動的IPアドレスを用いて配信される迷惑メールの規制に大きな効果を発揮するため、昨今の迷惑メール対策の一環として実施されています。
しかしながら、この対策を実施すると、ISP 以外のメールサーバー(学校・会社のメールサーバーや、レンタルサーバーまたは他のプロバイダのメールサーバー)経由のメール送信のトラフィック(25番ポート)もすべて遮断されてしまいます。
Outbound Port 25 Blocking
回避策として、メールソフトを設定するときに、送信に利用するポート番号を 25番ポートから 587番ポートに変更すれば、メール送信のトラフィックは遮断されません。
  • 25番ポートブロック(Outbound Port 25 Blocking)実施状況に関しましては、各ISP(インターネット接続サービスプロバイダ)のホームページでご確認ください。

 

メールソフトの設定確認

代表的なメールソフトの設定の確認方法は以下のマニュアルをご確認ください。