IPS(月次レポート付)

専用サーバーをご利用中の場合、IPS(月次レポート付)を当社コントロールパネルからお申し込みいただけます。
⇒ IPS(月次レポート付)について

はじめに

専用サーバーをご利用中の場合は、当社コントロールパネルからIPS(月次レポート付)をお申し込みいただけます。

IPS (Intrusion Prevention System) とは

IPS(侵入検知防御機能)は、不正侵入や、未知の攻撃、またはサーバーに仕掛けられた悪意のあるプログラム(トロイの木馬など)が発する情報などを自動検知し、サーバーを防御します。
これにより、コーポレートサイトやショッピングサイトなど、企業活動の要となるウェブサイトにおいて、システム管理者の負担を強いることなく、また高額な費用をかけることなく、簡単にセキュリティを強化できます。

対応する主な攻撃手法
  • 不正侵入
  • セキュリティパッチ未適用システムの保護
  • トロイの木馬型ウイルス
  • ワーム型ウイルス

  • IPS(月次レポート付)では、「IPS」に加え「IPS月次レポート」や「HIGHイベント通知(お客様の対応が必要な不正侵入や攻撃を検知した場合に緊急通報するサービス)」 を提供いたします。

    サービス内容 IPS(月次レポート付)
    IPS
    IPS月次レポート
    HIGHイベント通知

    IPS(月次レポート付)

    マネージド専用サーバー 2シリーズ 012
    Atom
    022
    Dual
    042
    Quad
    042s
    Quad
    062
    Hexa
    062s
    Hexa
    122
    Hexa x2
    122s
    Hexa x2
    初期費用(円) 5,400
    月額利用料金(円) 1,512 1,512 6,264 6,264 19,872 19,872 36,720 36,720
    • マネージド専用サーバー 012 Atom の「IPS(月次レポート付)」は、2017年5月11日をもちまして新規提供を終了いたしました。

    マネージド専用サーバー 1シリーズ 011
    Atom
    021
    Dual
    041
    Quad
    041s
    Quad
    061
    Hexa
    061s
    Hexa
    121
    Hexa x2
    121s
    Hexa x2
    初期費用(円) 5,400
    月額利用料金(円) 1,512 1,512 6,264 6,264 19,872 19,872 36,720 36,720
    • マネージド専用サーバー 011 Atom の「IPS(月次レポート付)」は、2017年5月11日をもちまして新規提供を終了いたしました。

    専用サーバー3G
    2シリーズ
    102 202 302 402 602 602-SSD 702 702-SSD
    初期費用(円) 5,250
    月額利用料金(円) 1,512 1,512 3,240 6,264 19,872 19,872 36,720 36,720
    • 専用サーバー3G 102 の「IPS(月次レポート付)」は、2017年5月11日をもちまして新規提供を終了いたしました。

    専用サーバー3G
    1シリーズ
    101 201 301 Quad 401 501 601 701
    初期費用(円) 5,250
    月額利用料金(円) 1,512 1,512 3,240 6,264 6,264 11,664 19,872 36,720
    • 専用サーバー3G 101 の「IPS(月次レポート付)」は、2017年5月11日をもちまして新規提供を終了いたしました。

    旧専用サーバー TIGER 50 100 200 500 1000 2000
    初期費用(円) 5,400
    月額利用料金(円) 1,512 1,728 3,240 6,264 11,664 19,872 36,720
    • 旧専用サーバー TIGER, 50 の「IPS(月次レポート付)」は、2017年5月11日をもちまして新規提供を終了いたしました。

 

IPS(月次レポート付) お申し込み手順

IPS(月次レポート付)のお申し込み手順をご案内いたします。

IPSの設定には、お客様がご利用中のサーバーを、IPS用のサーバーに変更する必要があります(メールサーバーの変更はありません)。
サーバー変更に伴うデータの移行は、当社にて承ります。

注意事項
  • 念のため事前にすべてのデータのバックアップをおとりください。
  • データの不整合を避けるために移行作業開始以降、旧サーバーへのアクセスができなくなります。アクセスがありますとメンテナンス中の画面が表示されます。
  • データ移行期間と移行後の各種設定にかかる時間にデータをアップロードされますと、旧サーバーにアップロードされる可能性がございますので、アップロードはお控えください。
  • MySQL や PostgreSQL をご利用中の場合、当社にてデータベースの移行を行います。
    利用状況によっては、データ移行を受けたまわれない場合があります。その場合は、お客様ご自身でデータを移行してください。
  • プログラム側のDB接続情報においてDBサーバー名を「localhost(または、127.0.0.1)」ではなく「DBサーバー名」で指定している場合は、「DBサーバー名」が変更になります(専用サーバー3GのDBサーバー名はWebサーバーのサーバー名と同じです)。データ移行完了後にお客様ご自身でご変更ください。
    サーバー名は当社コントロールパネルより確認できます(データ移行完了後にご確認ください)。
    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > サーバー情報
  • PHP・MySQLのバージョンは現在ご利用中のバージョンが引き継がれます。
  • MySQLプラン、PostgreSQLプランをご利用中の場合、データ移行作業前に新しいサーバーのIPアドレスを、アクセス許可に追加してください。
  • アクセスログ解析の設定は移行されますが、データ移行作業中は途切れる場合があります。
    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > ログサービス > アクセスログ解析
  • サイト転送量集計はリセットされます。
    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > サイト転送量集計
  • CRON設定は移行されますが、データ移行作業中は途切れる場合があります。
    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > CRON設定
  • SSLをご利用中の場合、当社にてSSL証明書の移動を行います。
  • 他社管理のドメインにてAレコードでサーバーを指定されている場合は、IPアドレスの変更が必要です。
  • IPアドレスやMACアドレスに関連付けられているライセンスでご利用いただいているソフトウエア(ストアユニティ、desknet's、share360 など)については、ライセンスの再発行が必要な場合がありますのでライセンス発行元にご確認ください(ストアユニティにつきましてはサポートセンターまでお問い合わせください)。
  • メールサーバーは変更されませんので、メールにつきましてはサービスプラン変更作業中も今までどおりご利用いただけます。

 

  1. ウェブサーバーとデータベースのすべてのデータをバックアップします。

    バックアップサービスの利用

    バックアップサービスを利用すると簡単に移行できます。
    バックアップサービスの利用方法は、オンラインマニュアルをご参考ください。

    • バックアップする容量が10GBを超える場合や、ファイルとデータベースの両方のバックアップが必要な場合は、有料の「Pro」版の利用が必要です。
    • データ移行をご依頼いただく場合も、念のためバックアップをおとりください。

  2.  

  3. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

  4. ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > IPS

     

  5. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 4. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    左メニューの システム より「Webサイト」をクリックします。
    左メニューの システム より「Webサイト」をクリック
    上部メニューの「IPS」をクリックします。
    上部メニューの「IPS」をクリック

  6.  

  7. [IPS]が表示されます。
    IPS(月次レポート付)
    注意事項を確認し同意する場合は、「確認」にチェックを入れ、次へをクリックします。

  8.  

  9. [お申し込みの確認]が表示されます。
    お申し込みの確認
    お申し込み内容と、利用料金(初期費用月額費用)が表示されます。
    申し込みする場合は、申し込みをクリックします。

  10.  

  11. 申し込みが完了すると、[お申し込みの完了]が表示されます。
    お申し込みの完了

    当社にてお申し込み内容を確認後、IPS(月次レポート付)用のサーバーを準備いたします。
    準備には1~2営業日お時間をいただきます。


  12.  

  13. サーバーの準備が完了すると、サポートセンターより下記のメールがお客様のメールアドレスに届きます。

  14. 件名:【KIRサポート:x月x日までにご返信ください】IPS設定ご確認フォーム
    送信者:support@kagoya.com
    宛先:アカウント名@kagoya.net

    メール本文中に「IPS設定ご確認フォーム」があります。

    例)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        IPS設定ご確認フォーム
    ------------------------------------------------------
    アカウント名:xxxx
    現在のサーバー:www04q
    移動先サーバー:www05q

    [第1希望]  月  日( 曜日) 午前0-5時 午前6-11時 午後0-5時 午後6-11時
    [第2希望]  月  日( 曜日) 午前0-5時 午前6-11時 午後0-5時 午後6-11時
    [第3希望]  月  日( 曜日) 午前0-5時 午前6-11時 午後0-5時 午後6-11時
    ------------------------------------------------------

     

  15. メールの件名にある期日までに「IPS設定ご確認フォーム」を support@kagoya.com に返信します。
    返信する際は下記の記入例を参考に、サービスプラン変更をご希望の月日と時間帯を第3希望までご記入・ご選択ください。

    記入例)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        IPS(月次レポート付)設定ご確認フォーム
    ------------------------------------------------------
    アカウント名:xxxx
    現在のサーバー:www04q
    移動先サーバー:www05q

    [第1希望] 5 月 23日(土曜日) 午前0-5時
    [第2希望] 5 月 23日(土曜日) 午前6-11時
    [第3希望] 5 月 30日(土曜日) 午前0-5時
    ------------------------------------------------------

    データの不整合を避けるため、移行作業開始以降はプラン変更前のサーバーへのアクセスができなくなります。アクセスがありますとメンテナンス中の画面が表示されますので、サイトへのアクセスが少ない時間帯をお申し込みください。

  16.  

  17. IPSの設定日時が決まると、作業開始日時のご案内のため、サポートセンターより下記のメールがお客様のメールアドレスに届きます。

  18. 件名:【ご確認ください】IPS設定日時につきまして
    送信者:support@kagoya.com
    宛先:アカウント名@kagoya.net

     

  19. メールに記載の作業開始日時に、サーバーの変更作業が行われます。

    データ移行を当社にご依頼いただく場合は、データ移行期間と移行後の各種設定にかかる時間に、FTPでの書き込みがされますと旧サーバーに書き込みが行われ、データに不整合が発生する可能性がございますので、サーバーへのアクセスはお控えください。


  20.  

  21. IPSの設定が完了すると、サポートセンターより下記のメールがお客様のメールアドレスに届きます。

  22. 件名:【KIRサポート】IPS設定完了のお知らせ
    送信者:support@kagoya.com
    宛先:アカウント名@kagoya.net

     

  23. DNS情報が反映しましてから、既存のアドレス、パスワードでサーバーにアクセスしますと侵入検知ブロックオプション用のサーバーへのアクセスとなります。

  24. ■ データ移行をご依頼いただいた場合
    以上で、IPS(月次レポート付)の設定作業は完了です。
    ■ お客様にてデータ移行される場合

    サービスプラン変更後のサーバーにFTPソフトでアクセスして、バックアップしておいたホームページのコンテンツをアップロードしなおします。

    FTPソフトの設定

    サービスプラン変更にともない、ウェブサーバーが変更となりますが、FTP接続するホストアドレス「例)アカウント名.kir.jp など」に変更はありません。

    しかしながら、DNS情報が反映するまでの間は既存のホストアドレスでサーバーにアクセスすることができません。この間は「サーバー名」をホストアドレスとして指定することで、DNS情報の反映を待たずにFTPでのアップロードが可能です。 「サーバー名」につきましては「サービスプラン変更」のお手続き後に当社コントロールパネルの以下の画面にてご確認ください。

    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > サーバー情報

    「サーバー名」が「o3201-00.kagoya.net」の場合、
    FTPソフトの設定に必要な情報は下記の通りです。

    FTPホストアドレス サーバー名(例:o3201-00.kagoya.net)
    アカウント名 アカウント名
    パスワード アカウントのパスワード
    初期フォルダ /public_html など任意のディレクトリ
    通常は空欄とします
    • DNS情報が反映しましたら、FTPソフトのホストアドレスの設定を「サーバー名」から既存のホストアドレスにお戻しください。

    MySQLデータベースをご利用の場合

    サービスプラン変更前と同じ名前のデータベースを追加し、バックアップデータを phpMyAdmin でインポートします。
    ⇒ MySQLの利用
    • データベース名、データベースパスワード等はサービスプラン変更前と同じものをご設定ください。


    PostgreSQLデータベースをご利用の場合

    サービスプラン変更前と同じ名前のデータベースを追加し、バックアップデータを phpPgAdmin でインポートします。
    ⇒ PostgreSQLの利用
    • データベース名、データベースパスワード等はサービスプラン変更前と同じものをご設定ください。

目次

  1. はじめに
    IPS(月次レポート付)の申し込み
  2. IPS月次レポート
    HIGHイベント通知