FTPアクセス制限

FTPアクセスを許可するホストを事前に登録することで、登録したホスト以外からのFTPアクセスを制限することが可能です。
それにより、ウイルス感染などが原因で、FTPパスワードが漏えいするような事態が発生した場合でも、事前に登録したホスト以外からのFTPアクセスは不可能となり、サーバー内に収容されたお客様の大切なWebコンテンツを不正なアクセスから防御することができます。
FTPアクセス制限は、当社コントロールパネルで簡単に設定できます。
⇒ FTPアクセス制限について

はじめに

設定される前に下記の事項をご確認ください。

  • KAGOYA Internet Routing では、ご契約時からFTPアクセスが「制限」になっています。
    2009年11月4日以前にご契約のお客様の場合は、FTPアクセスが「許可」となっていますが、セキュリティ対策として「制限」に設定することを推奨しています。
  • 設定する手順は次の通りです。

    1. FTPアクセスが「許可」の場合は「制限」にします。
      ⇒ FTPアクセス
    2. FTPアクセスを許可するホストを登録します。
  • FTPアクセスを許可するホストは以下のいずれかで指定します。
        ・IPv4アドレス
        ・IPv4アドレス「/24」までのCIDR表記
        ・ホスト名 + ドメイン名
  • マネージド専用サーバー・専用サーバー3G をご利用中の場合、当社コントロールパネルから「IPv6」の利用を申込みすると、FTPアクセスを許可するホストとして IPv6 アドレスを指定できます。
        ・IPv6アドレス
        ・IPv6アドレス「/48」までのCIDR表記

    「IPv6」の利用申込みは、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > ネットワーク > IPv6

    お申し込み方法に関しては、「IPv6 の利用」をご確認ください。

  • 一時的にFTPアクセスを許可したホストの有効期限は12時間です。
  • サブFTPアカウントごとに、一時的にFTPアクセスを許可するホストを設定できます。
    ⇒ FTPアクセス一時許可設定(サブFTPアカウント用)
  • FTPで接続するには、FTPソフトが必要です。代表的なFTPソフトの設定方法は以下のマニュアルをご確認ください。
    ⇒ FTPソフトの設定

 

FTPアクセス

FTPアクセスが「許可」の場合は「制限」にします。

  • FTPアクセスが「制限」の場合は、手順 4.へお進みください。

 

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > Webサイト > FTPアクセス

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    左メニューの システム より「Webサイト」をクリックします。
    左メニューの システム より「Webサイト」をクリック
    上部メニューの「FTPアクセス」をクリックします。
    コントロールパネル > Webサイト > FTPアクセス

  4.  

  5. 上部メニューの下に表示されたサブメニューの[メイン設定]をクリックします。
    FTPアクセス

    現在の設定状況が表示されます。

    • 制限されていない場合は、「許可」と表示されます。

      • FTPアクセスを制限するには、「ラジオボタン制限」を選択し、更新をクリックします。
    • 制限されている場合は、「制限」と表示されます。

      • FTPアクセスの制限を解除するには、「ラジオボタン許可」を選択し、更新をクリックします。

  6.  

  7. 設定が完了すると「FTPアクセスの設定変更が完了しました。」と表示されます。
    FTPアクセスの設定変更が完了しました。
    FTPアクセスが「制限」の状態では、 FTPアクセスを許可するホストとして、お客様の接続元ホストを登録するまで、いずれのホストからもFTPで接続することができません。
    FTPアクセスを許可するホストを登録する必要があります。