ファイルのバックアップとリストア

バックアップサービスを利用することで、お客様の大事なデータをご契約中のサーバーとは別のバックアップサーバーに自動でバックアップすることができます。
バックアップサービスは、当社コントロールパネルで簡単に設定できます。
⇒ バックアップサービスについて

はじめに

設定される前に下記の事項をご確認ください。

  • バックアップサービスをはじめて利用する場合は、事前にセットアップをお済ませください。

    バックアップサービスのセットアップをするには、当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > バックアップサービス > セットアップ

    バックアップサービスの詳細に関しては、「バックアップサービス」もご確認ください。

    バックアップサービス

    サービス内容 スケジュール数 保存世代数 最大ディスク使用容量 月額利用料金
    Lite 1 1 上限10GB 無料
    Pro 無制限 無制限 0GB~10GB 540円
    10GB~20GB 864円
    20GB~50GB 1,620円
    50GB~100GB 2,160円
    100GB~200GB 3,240円
    200GB~500GB 5,400円
    500GB~1TB 8,640円
    1TB~2TB 15,120円
    • 初期費用は無料です。
    • 「Lite」「Pro」のどちらを利用するかはコントロールパネルから選択・変更ができます。
      ⇒ セットアップ
    • 「Lite」をご利用の場合は、10GBを超過するとバックアップが中止となりメールで通知されます(自動的にディスク容量が追加されたり、課金が発生することはありません)。
    • 「Pro」をご利用の場合は、ご利用月内の最大ディスク使用容量に応じた月額利用料金が課金となります。ご利用料金は、ご利用月の翌月初めに確定し、ご利用月の課金となります。
    • 月内に「Lite」と「Pro」を変更した場合は、「Pro」設定時の最大ディスク使用容量に応じた月額利用料金が課金となります。

  • バックアップの処理結果はメールで通知されます。
  • コントロールパネルからの操作で、バックアップデータから簡単にリストア(復旧)ができます。
    ⇒ リストア
  • バックアップサーバーに直接FTPで接続してバックアップデータをダウンロードできます。
    ⇒ バックアップサーバーへの接続
  • ご契約中のWebサーバーにバックアップサーバーをマウント(接続)できます。
    ご契約中のWebサーバーにFTPで接続するとマウントしたバックアップサーバー内のバックアップデータをダウンロードできます。
    また、専用サーバーをご利用中の場合は、SSHで接続するとマウントしたバックアップサーバー内のバックアップデータをご契約中のWebサーバーにファイルコピーすることができます。
    いずれの場合もバックアップサーバー側のデータは読み取り専用です。
    ⇒ バックアップサーバーへの接続
  • desknet's NEO 専用プランをご利用の場合は、ご契約時に「Lite」で「ユーザーデータ(desknet's NEO のファイルデータ)」と「データベース(desknet's NEO の PostgreSQL データベース)」の2つのバックアップスケジュールが自動登録されています。なお、ご利用いただける機能に下記の制限があります。
    • 「Lite」と「Pro」のどちらを選択しても、スケジュールの追加はできません。
    • バックアップサーバーにFTPで接続いただけません。
    • バックアップサーバーをマウントいただけません。
    • 世代管理をご希望の場合や、容量が10GBでは足りない場合は「Pro」に変更できます。
  • 二重にバックアップが起動した場合は、後発のバックアップが中止となりメールで通知いたします。
  • コントロールパネルからバックアップスケジュールを削除するとその時点でバックアップサーバーのデータも削除されます。
  • 共用サーバー3G・マネージド専用サーバー・旧共用サーバー(スタンダードプラン・Bプラン)・旧専用サーバー・専用サーバー3G をご利用中のお客様のみ、バックアップサービスのバックアップ対象のデータ種別に「ファイル」を選択できます。
  • 1スケジュールでバックアップできるファイル数の上限は 100万ファイルです。100万ファイルを超える場合はバックアップ対象を分割してスケジュール設定をしてください。
  • バックアップできる1ディレクトリあたりのサブディレクトリ数の上限は 32,000ディレクトリです。32,000ディレクトリを超える場合はバックアップ対象を分割してスケジュール設定をしてください。

 

バックアップ

バックアップスケジュールを設定します。
どういったデータを、毎日、毎週(曜日)、毎月(日にち)のいずれの間隔で、何時にバックアップを行い、何世代分を保存しておくかといった、「スケジュール」を設定できます。

 

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > バックアップサービス > スケジュール

  2.  

  3. 上記リンクをクリックするとコントロールパネルのログイン画面が表示されます。
    コントロールパネルにログイン済みの場合は、手順 3. へお進みください。
    当社コントロールパネル:ログイン画面
    アカウント名とパスワードを入力し、ログインします。

    コントロールパネル内で移動する場合は、次の操作を行ってください。

    左メニューの システム より「バックアップサービス」をクリックします。
    左メニューの システム より「バックアップサービス」をクリック
    上部メニューの「スケジュール」をクリックします。
    コントロールパネル > バックアップサービス > スケジュール

  4.  

  5. [スケジュール]が表示されます。
    • [セットアップ]が表示される場合は、バックアップサービスのセットアップをお済ませください。
      ⇒ バックアップサービスの利用を開始する
    • desknet's NEO 専用プランをご利用の場合、スケジュールは自動登録されています。手順 6. へお進みください。
    スケジュール
    スケジュールが未登録の場合は、「スケジュールが登録されていません。左の「+追加」から登録してください。」と表示されます。
    スケジュールを登録するには、「+追加」をクリックします。

  6.  

  7. 「スケジュール」の追加画面が表示されます。
    スケジュールを新規作成します。
    次の項目を設定します。

    スケジュール名 他のバックアップスケジュールと区別するための任意の名前を入力します。
    データ種別 ラジオボタンファイル」にチェックを入れます。
    バックアップ対象 バックアップするディレクトリ・ファイルを追加します。
    ⇒ ディレクトリ・ファイルの追加方法
    • 未指定の場合は、/home/アカウント名 以下のすべてのデータがバックアップされます。
    実行間隔 毎日、毎週、毎月 のいずれかを選択します。
    • 毎週を選択した場合は、曜日を選択できます。
    • 毎月を選択した場合は、日にちの指定か、月末かどちらかを指定できます。
    時刻 メニューからバックアップを実行する時刻を選択します。
    保存世代数 保存世代数を設定します。
    ⇒ 保存世代数とは?
    • Liteをご利用中の場合、保存世代数は1世代までに制限されます。
    • Proをご利用中の場合、保存世代数に上限はありません。
    結果通知先アドレス バックアップ処理の結果はメールで通知されます。
    通知先のメールアドレスを入力します。
    バックアップの実行 スケジュールで指定する定時バックアップを実行する場合は、「ラジオボタン有効」にチェックを入れます。
    一時的に定時バックアップを休止する場合は、「ラジオボタン休止」にチェックを入れます。

    ディレクトリ・ファイルの追加方法

    1. バックアップ対象の追加をクリックします。

    2.  

    3. [ファイルの選択]が表示されます。
      ファイルの選択
      バックアップするディレクトリ・ファイルを選択します。

      • ディレクトリ(フォルダ)の中を表示するには、ディレクトリ(フォルダ) をクリックします。

      • 表示されているディレクトリ(フォルダ)を選択するには、選択をクリックして選択をクリックします。

      • 開いているディレクトリ(フォルダ)を選択するには、( このディレクトリを選択 )をクリックします。

    4.  

    5. ファイルの選択ウィンドウが閉じ、選択したディレクトリ・ファイルが枠内に表示されます。
      選択したディレクトリ・ファイルが枠内に表示されます


    保存世代数とは?

    保存世代数とは、バックアップデータの保存数をさします。
    保存世代数を「3」として、毎日バックアップを実行した場合は、バックアップデータは3つまで保存できるので、3日前の分までバックアップデータが保存されます。
    保存世代数を「1」として、毎日バックアップを実行した場合は、バックアップデータは1つしか保存できないので、1日前の分までしかバックアップデータは保存されません。
    例えば、データにトラブルが生じた際に、トラブルに気づくのが自動バックアップが実行された後だと、最新のバックアップデータはトラブル後のデータとなってしまうため、1世代しか保存していないと復旧することができません。
    そのような事態を防ぐため、保存世代数を2つ以上設定いただくことをおすすめしております。

    以上、入力が完了したら、設定をクリックします。

  8.  

  9. 確認画面が表示されます。
    設定を保存じますか?
    OK」をクリックします。

  10.  

  11. 設定が完了すると、「設定が完了しました。」と表示されます。
    設定が完了しました。
    設定したスケジュールでバックアップが実行されます。

 

今すぐ実行

指定したバックアップ時間を待たずに現時点でのバックアップを実行することができます。

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > バックアップサービス > スケジュール

  2.  

  3. [スケジュール]が表示されます。
    スケジュール
    スケジュール名を選択し、今すぐ実行をクリックします。

  4.  

  5. 確認画面が表示されます。
    バックアップを実行します。よろしいですか?
    OK」をクリックします。

  6.  

  7. バックアップが実行されます。
    バックアップ実行中です。

  8.  

  9. バックアップが完了すると、「バックアップが完了しました」と表示されます。
    バックアップが完了しました

■ 処理中のバックアップを中断する
  1. バックアップが処理中の場合は、「バックアップ実行中です。」と表示されます。
    バックアップ実行中です。
    バックアップ処理を中断する場合は、中断をクリックします。

  2.  

  3. 確認画面が表示されます。
    中断します。よろしいですか?
    OK」をクリックします。

  4.  

  5. 中断すると、「中断しました。」と表示されます。
    中断しました。

 

結果の確認

  1. 当社コントロールパネルで、以下の画面を開きます。

    ◇コントロールパネル > システム > バックアップサービス > スケジュール

  2.  

  3. [スケジュール]が表示されます。
    スケジュール
    スケジュール名を選択し、表示されたタブメニューから「バックアップデータ」をクリックします。

  4.  

  5. バックアップデータの一覧が表示されます。
    バックアップデータ

メール通知

バックアップ処理が完了すると、スケジュールに設定した結果通知先アドレス宛てに処理結果の通知メールが届きます。
  • バックアップディスクの最大容量を超えた場合は、バックアップが中止となりメールで通知いたします(最大容量が自動的に追加されたり、選択した最大容量の月額料金を超えて課金が発生することはありません)。
  • 二重にバックアップが起動した場合は、バックアップが中止となりメールで通知いたします(二重に起動した場合は後発のバックアップが中断となります)。

目次

  1. はじめに
    バックアップ
  2. リストア
  3. バックアップスケジュールの削除